News

2021年04月07日22時00分

 
宗藤竜太、セカンドアルバム『magenta』本日配信開始
 

繊細な歌声と文学的な歌詞、そして美しく儚く歌と交わるギターの弾き語りが早耳音楽ファンに話題を広げるシンガーソングライター宗藤竜太

本日、待望のセカンドアルバム『magenta』の配信がスタートした。

本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポートしている。

『magenta』は、既に配信リリースされている「ライムライト」「南天」「彼は誰」「梅」を始め、新曲も弾き語り一発録音の緊張感とライヴ感そのままに収録。宗藤の繊細な息遣いや感情の機微が鮮明に切り取られた作品となっている。目眩く音絵巻に、可愛らしい遊び心溢れるインタールードで構成された本作では、イノセントで綺麗な世界線とグロテスクで暴力的な世界線の境界線の曖昧さや、日々のふとした瞬間を切り取ったような情景感溢れる歌詞かが大切に、とても大切に綴られている。

加えて、宗藤本人からアルバムに寄せてのコメントが到着。音楽と併せて、味わって頂きたい。

【本人コメント】
アルバム「magenta」によせて、
僕が一番好きな色の名前です。意志の強さや、深い母性に内在する今とこれからを紡ぐ愛を感じます。それに、これまでの僕が経験したあり得ないような事全部が関係して、この色に共感し続けたいという「憧れ」に近い気持ちが強くなっています。

ずっと先の未来にとって、思い出となるはずの日が来る度に、この喜びを伝えたかったあなたがそこにいるような気がします。有り余る時間の中で過去と今の記憶を行ったり来たりしながら、このアルバムの構想し、レコーディングを終え、発表をするに至りました。前作の「くるみ」よりも低い目線から見た景色をテーマにした歌を集めました。

カラーフィルムは、光に含まれる紫外線によってマゼンタ色素が退色し、青く劣化していく(これを明退色という)のだそうです。ですが、今作はデジタルリリースですから、その心配がありません。所在は聴かれている場所だけ。色褪せかけていた感受性を思い出させてくれた、素晴らしい出会いをいつまでも鮮明に確かめられますように。

宗藤竜太

【リリース情報】
アーティスト名: 宗藤竜太
『magenta』
タイトル: magenta
Release: 2021年4月7日
Format: Digital
Label: inbetween records

Track:
1. ライムライト
2. 託児
3. 彼は誰
4. 公孫樹グランド
5. 連弾
6. 南天
7. 梅
8. 百日紅
9. 小さな気持ち

配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/magenta

【宗藤竜太セカンドアルバム『magenta』TRAILER】
https://youtu.be/kmqQ83ZJfjU

【アーティスト情報】
宗藤竜太 Official twitter:
https://twitter.com/ring_mune

【FRIENDSHIP.】
https://friendship.mu/

あわせて読みたい