FunLandRyCreation

Naissance
Lossless

Naissance

Pop

CANVAS

アルバムタイトルの ”Naissance”( ネサンス )創生、誕生、産声。その意味通り、まさに CANVAS にとって初めての作品となる。制作に 1 年以上を費やし、やっと産声をあげることが出来たことからもこのアルバムにしっくりくるタイ トルとなった。 日常に散らばっている様々な思いを少しずつ整頓させるように出来た今作品。そのラストではエンドロールで物語の幕を下ろした後、あえていつもの朝が来ることでアルバムを終えている。それは ”End roll” の 歌詞、最後の一節を「小説の終わりといつもの朝が来る」と締めくくっていることから、次曲でアルバム 最後の曲 ”Ordinary Morning” に繋げて ” いつもの朝 ” が来る事で、まるで当たり前に繰り返しているか のような毎日を描いてみせている。

僕が君を知ってる
Lossless

僕が君を知ってる

CANDY

2019年にMVのみ公開された作品。90年代の郷愁と哀愁が漂うミディアム・テンポのロッカバラッド。

傘になりたかった
Lossless

傘になりたかった

CANDY

2017年に会場限定で販売された作品。大阪府内を中心に活動するバンド・CANDY。飾らない淡く爽やかなナンバーを奏でる今作。大阪インディーポップシーンに切り込む。フォーク、ローファイ、オルタナ、ネオアコ、90年代の郷愁を軸に奏でる.

最後にひとつ
Lossless

最後にひとつ

CANDY

2018年会場限定で販売された作品。懐かしくもどこか新しい等身大のCANDY2nd single。アップテンポなナンバーやメランコリーなスローテンポな楽曲を揃えた「CANDY」が再現する青春を切り取った一枚。

雨宿り
Lossless

雨宿り

CANDY

90年のネオアコ・シューゲイザーが軸となるサウンドとポップ昇華したメロディーがからなる、作品となっている。活動初期に仕上がった作品。

AM4/ComeOver8
High Resolution

AM4/ComeOver8

Rock

seasunsalt

前作までの宅録エレクトロから一変、昨年夏からのライブ活動を経て得た感覚を頼りに、バンドサウンドとしてレコーディングを行った2曲。既存のchillout, ambientといった空気を残しつつも多彩なドラムと繊細なギターが曲をなぞる「AM4」と、バンド形態ならではの高揚感をそのまま詰め込んだ「ComeOver」。どちらもseasunsaltの新たな断片として楽しんで聴いて頂けたら嬉しいです。

AM4/ComeOver
Lossless

AM4/ComeOver

Rock

seasunsalt

前作までの宅録エレクトロから一変、昨年夏からのライブ活動を経て得た感覚を頼りに、バンドサウンドとしてレコーディングを行った2曲。既存のchillout, ambientといった空気を残しつつも多彩なドラムと繊細なギターが曲をなぞる「AM4」と、バンド形態ならではの高揚感をそのまま詰め込んだ「ComeOver」。どちらもseasunsaltの新たな断片として楽しんで聴いて頂けたら嬉しいです。

フードコート feat.Ribet Towns
Lossless

フードコート feat.Ribet Towns

てら

「フードコート」は自身が30歳を迎え、若い頃との心情の変化、支えてくれている家族への敬意、結婚した仲間たちへの祝福を題材にした楽曲。ゲスト・ミュージシャンには京都の「Ribet Towns」を招き現在制作中。「フードコート」のジャケットにはindigo la end,Eupholks,mugwampsのデザインを手がける「megumi yamazaki」が製作。

寄辺
Lossless

寄辺

Rock

YOLVE

アシッド・フォーク、ソフト・ロックから彷彿するサウンドアレンジと浮遊感のあるボーカルで馴染み深いメロディーが印象的な4曲に仕上がった作品。

2011ep
Lossless

2011ep

Rock

Emerald

ジャンルの多様性に関わらず、聞く人を惑わせることなくまっすぐ導いていく彼らの楽曲は失われることの無いポップスへの敬意に支えられていることを、感じ取ることができる作品。バンドとともに変化していく中野陽介(Vo.)の精神性が、歌声に見事に表現された結果、前作には無かった新たな色を与えられた楽曲が集うep。

if (24bit/48kHz)
High Resolution
Free Download

if (24bit/48kHz)

Rock

lowtide

フォークとシューゲイズを内包したオルタナティブロックバンド、lowtideの2ndシングル。まさにどん底感のある曲とビデオをお楽しみ下さい。

Beach (24bit/48kHz)
High Resolution
Free Download

Beach (24bit/48kHz)

Rock

lowtide

松坂勇介(QUATTRO)、大屋ひろし(CANVAS/Veni Vidi Vicious)、Shinpei Mörishige(FOXPILL CULT)、加藤マニ(PILLS EMPIRE)で結成された、フォークとシューゲイズを内包したオルタナティブロックバンドの1stシングル。ゴミだらけの海を散歩するのに最適です。

weekend magic (24bit/48kHz)
High Resolution

weekend magic (24bit/48kHz)

Rock

AUNTIES

90s JPOPの色濃いネクストシティポップ。植谷よしえ(ex.fifi)のソロバンドプロジェクト、AUNTIES 1st Single ”weekend magic”

Bonus!
たしかなこと(24bit/96kHz)
High Resolution

たしかなこと(24bit/96kHz)

Pop

うたたね

横浜で結成された4人組バンド「うたたね」の1st mini album。男女ツインボーカルによる優しい歌、そこにアコースティック寄りのサウンドを基調とした温かな楽器アンサンブルがマッチする。バンド名を冠した代表曲“うたたね”、エモーショナルな歌が突き刺さる名曲“焼け跡”など、ただポップなだけではない、心に響く珠玉の6曲を収録。※M-6「栞」は、OTOTOY配信に合わせ新録ver.で収録!

たしかなこと
Lossless

たしかなこと

Pop

うたたね

横浜で結成された4人組バンド「うたたね」の1st mini album。男女ツインボーカルによる優しい歌、そこにアコースティック寄りのサウンドを基調とした温かな楽器アンサンブルがマッチする。バンド名を冠した代表曲“うたたね”、エモーショナルな歌が突き刺さる名曲“焼け跡”など、ただポップなだけではない、心に響く珠玉の6曲を収録。※M-6「栞」は、OTOTOY配信に合わせ新録ver.で収録!

The KING
Lossless

The KING

Rock

fula

fulaによる、待望のファースト・アルバムがついにリリース!! 5月にリリースされたシングル『Apology Man / Night Adventure』の表題曲「apology man」、「night Adventure」など全11曲が収録される。なお、この収録曲数は「日本代表の伝説の11番」への敬意を払い決定した。

Nostalgical Parade
Lossless

Nostalgical Parade

Rock

Emerald

2011年結成、東京都内を中心に活動する5人組バンド、Emeraldのアルバム。 ジャズ、ヒップホップ、ファンク、ネオソウル、さらにダブやシューゲイザーといったジャパニーズ・オリエンテッドではない音楽を軸にした楽曲群に中野陽介(ex.PaperBagLunchbox)の持つジャパニーズ・ポップスの文脈を加えることで、そのサウンドを全く新しいポップ・ミュージックへと昇華させている作品。

Apology Man/Night Adventure
Lossless

Apology Man/Night Adventure

Rock

fula

野外フェスにピッタリの若手ジャムポップ・ロック・バンド、fulaがこれから到来する夏に向けての”準備体操”的な1枚としてシングル『Apology Man/Night Adventure』をリリース。昨年の『MINAMI WHEEL 2013』では、全国流通盤のリリース直前にも関わらず入場規制を記録。10月16日に初の全国流通ミニ・アルバム『safari』をリリースし、大阪、名古屋、京都の3ヶ所で行われたツアーも大成功。今年の2月1日にはO-nestでSenkawos、TWO FOUR、Emeraldを迎えたツアー・ファイナルを行った。また、先日行われた新宿のライヴハウス・サーキットイベント『ETERNAL ROCK CITY. 2014』にも出演し、『ETERNAL ROCK CITY. COMPILATION 2014』にも収録されるなど、徐々に話題を集めつつあるfulaが、勢いそのままにシングルのリリースを決定! 『Apology Man/Night Adventure』は、今秋発売を予定しているアルバムに向けて、また、fulaが自分たちの大好きな季節である「夏」を待ちきれずに制作したシングルで、快晴の野外がピッタリなサーフポップ「Apology Man」と、メロウなギターリフが特徴的なバラード「Night Adventure」の2曲が収録されている。

Safari!
Lossless

Safari!

Rock

fula

東京を拠点に活動する4人組バンド、Fulaの6曲入りミニ・アルバム。ジャム・バンド以降の流れるようなグルーヴィ・アンサンブルに、色どり豊かなメロディ・センス、さらにほのかな南国フレーヴァーも加わったメロウ・ポップス傑作!!

三日月色の海と夕凪かえり道
Lossless

三日月色の海と夕凪かえり道

Rock

fula

メンバーの私生活の色々を経てついに出されたジャム&ポップ・バンドfulaの2ndミニ・アルバム! ドラムの高木が「俺のぱっとしないバンド人生の中でも一番の最高傑作」と豪語する納得のオーガニックとメタボリックをまさに"ジャム"でまとめた仕上がり。前作とは正反対に夏のイメージを全面に出した今作。海に飛び込みたくなるサーフ&レゲエ調の「mayonakabeach」、聴けば聴くほど味が出る真夏のスルメ曲「赤い自転車」、メンバーの愛する某映画のことを考えながら演奏した「SW」で〆。それらを四季折々の情景を浮かばせるジャミーなナンバー「mother」から是非聴き始めてください。

この小さな部屋が銀河にかわるまで
Lossless

この小さな部屋が銀河にかわるまで

Rock

fula

2011年にライヴ会場にて発売開始された最初のミニ・アルバムも、ついにインターネットを通じて配信開始! 宇宙空間を莫大なものとしてではなくミニマルな視点をテーマにした3曲入り。2013年現在とはちょっと雰囲気の違うダブ&エモな楽曲「may so」や、オーガニックかつポップな冬の歌「オリオン珈琲」。表題曲のクラシカルなミディアム・バラード「この小さな部屋が銀河にかわるまで」はピアノが入っているので、ライヴと聴き比べてみるのも面白いかも。

TOP