TBK Records

CLAP!

CLAP!

VERY BERRY

CLAP! ヴェリベリの新たな展開を予感させる1曲。イントロの印象的なギターフレーズから始まる四つ打ちのリズムで繰り出される爽快なナンバー。 後半のストリングスを交えた盛り上がりにも注目。 焼け野原 歌詞の情景が浮かぶようなサウンド作り。あくまでシンセ音などは使わずシンプルな厚みにこだわった楽曲。 歌詞は今、貘が世の中に思う事、未来への不満や葛藤、そして最悪な結末を想像したもの。 人の痛みや後悔はその時にならないとわからないほどにいろんなものに麻痺した人々へ向けた歌。 child VERY BERRYの中でもキャッチーな曲に仕上がり。大人ぶる必要はなく夢を持ち続けるうちは子供でいようと誓った日の事を最近よく思い出す。 大人になれば頭は賢くなりどこか勢いがなくなる。大人になった自分へのメッセージでもある曲。

JAMMIN -Single
Lossless

JAMMIN -Single

SHADY

四六時中レゲエミュージックに夢中!明日が仕事だって遊びに行っちゃうのはそこでしか見れない景色があるから…。ANNADA REBEL五エ門プロデュース「STEADY-RIDDIM」のセグメント第一弾は大人気シンガーSHADYの現場LOVERチューン♪パトワ語「JAMMIN」の語源は英語のJamで、主に踊ることやいい時間を過ごすことの意味。この夏はレゲエの現場でJAMMINしたくなる一曲!

ONE MORE -Single
Lossless

ONE MORE -Single

RAM HEAD

世の中悪いニュースばっかりで嫌になっちゃうよ…こんな時こそ、この音楽が必要なんじゃないの?ANNADA REBEL五エ門プロデュースのブランニューRiddim「STEADY RIDDIM」のセグメント第一弾は。ソウルフルな歌声で独自の路線を突っ走るレゲエシンガーRAM HEADから、悲しい知らせに溢れているときこそカラッとしたいから遊びにおいでよ!というレゲエ王道チューン。サビは現場で「レゲエ!レゲエ!レゲエ!」の大合唱が起こること間違いなし♪

音楽のカタチ -Single
Lossless

音楽のカタチ -Single

SHADY

拝啓今これ聴いてるあなたに【贈りたい音楽のかたち】大阪のレゲエ・グループ、Taking OVER crew「SHADY」待望の新曲は日々生きていることが新発見。この出来事が歌になって、君に届くんだ。去年よりは少し胸を張れるかな?毎日を大切に踏みしめて歩くあなたへ送るハッピーなミディアムチューン。

光と影 -DELIVERY EDITION
Lossless

光と影 -DELIVERY EDITION

SHADY

大阪のレゲエ・グループ、Taking OVER crewの一員であるSHADY、初となるソロ・アルバム。地元愛や現代社会の問題、クラブなどでの日常などをテーマに綴った歌詞を、メロディアスなリディムの上で、柔らかめのシングジェイ・スタイルが人気。iTunes Store Reggae Single Chart 1位を獲得し、代表曲となったデジタルシングル「HERO」には今作、弁慶 from ANADDA REBELのサックスプレイをフィーチャーしたALBUM Ver.が収録されている。また、Taking OVER crewの先輩であるAPOLLO, THUNDERをフィーチャーしたUNDER GROUNDの厳しい中でもREALを見つめ光を求め続け、期待と不安に苛まれながらもそれを背負い、REGGAEに対する熱い気持ちやそれぞれの個性がきっちりとでていて正に光と影を表現した1曲は必聴。今までのSHADYが積み重ねてきたものを詰め込んだ一枚。

Follow Mi -Single
Lossless

Follow Mi -Single

SHADY

「レゲエオタクなんです」さーて朝まで騒いだろかい!前作HEROがロングセラー、レゲエタウン大阪が生み出した新進気鋭のレゲエシンガーSHADY待望の新作は、レゲエにヤミツキになってしまった男の子のダンスホールでの夢のひと時と、レゲエ愛をこれでもかってくらい詰め込んだ1曲。思わずウンウンって頷いちゃう人もたくさんいるのでは?だって僕たちはレゲエオタクですから。

LIVE IT UP

LIVE IT UP

SHADY

「瞬間毎秒に意味があって、この才能が光るかどうかはあんたの努力次第だろ?」大阪西成区出身 1988世代のニューフェイス♪曲げないし、曲がらない。毎日を楽しんで邁進!俺はいつだって笑ってる。あんたの背中を押してやる。生きろ、意地を見せろ。

TOP