epistroph

Warriors
High Resolution

Warriors

HipHop/R&B

MELRAW

安藤康平は、サックス/フルート/トランペット/ギター/シンセサイザー/MPCを駆使する多才さと、テラス・マーティンやサンダーキャットなどにも呼応するジャズ/ソウルをベースとした先進的な感性で、シーンにおいて唯一無二の存在感を放つマルチ・インストゥルメンタリスト。盟友とも言えるバンド・WONKでは「5人目のメンバー」とも形容され、ものんくる、Ryohu(KANDYTOWN)などシーンのキーパーソンたちから絶大な信頼を集めている。 その安藤によるソロプロジェクト「MELRAW」が、昨年12月にリリースしたアルバム『Pirglim』以来となる新曲“Warriors”を2018年9月5日(水)にデジタルリリースすることが決定した。『Pirglim』ではその多才さとディープな音楽的感性を存分に詰め込んだ、枠に捉われない音使いとレンジの広い音楽性で名刺代わりとも言える全方位型の作品を生み出した彼が、今回の新曲で目指した世界は<MELRAW流アフロ・ミュージック>。『Pirglim』のピアノトリオ、Jun Miyakawa(Pf,SynthBa)、Keisuke Furuki(Wb)、Shun Ishiwaka(Ds)が再び集結。一発録りにこだわって生まれた生楽器のぶつかり合いでしか表現し得ない熱量を巧みにコントロールし、クラブシーンにも対応するダンサブルなナンバーに仕上げた。また、作詞にWONKのKento Nagatsukaを迎え、サックス・シンセサイザーだけでなく自身初となるヴォーカルにも挑戦しており、次回作以降への更なる表現の拡充にも期待させられる楽曲となっている。

Warriors
Lossless

Warriors

HipHop/R&B

MELRAW

安藤康平は、サックス/フルート/トランペット/ギター/シンセサイザー/MPCを駆使する多才さと、テラス・マーティンやサンダーキャットなどにも呼応するジャズ/ソウルをベースとした先進的な感性で、シーンにおいて唯一無二の存在感を放つマルチ・インストゥルメンタリスト。盟友とも言えるバンド・WONKでは「5人目のメンバー」とも形容され、ものんくる、Ryohu(KANDYTOWN)などシーンのキーパーソンたちから絶大な信頼を集めている。 その安藤によるソロプロジェクト「MELRAW」が、昨年12月にリリースしたアルバム『Pirglim』以来となる新曲“Warriors”を2018年9月5日(水)にデジタルリリースすることが決定した。『Pirglim』ではその多才さとディープな音楽的感性を存分に詰め込んだ、枠に捉われない音使いとレンジの広い音楽性で名刺代わりとも言える全方位型の作品を生み出した彼が、今回の新曲で目指した世界は<MELRAW流アフロ・ミュージック>。『Pirglim』のピアノトリオ、Jun Miyakawa(Pf,SynthBa)、Keisuke Furuki(Wb)、Shun Ishiwaka(Ds)が再び集結。一発録りにこだわって生まれた生楽器のぶつかり合いでしか表現し得ない熱量を巧みにコントロールし、クラブシーンにも対応するダンサブルなナンバーに仕上げた。また、作詞にWONKのKento Nagatsukaを迎え、サックス・シンセサイザーだけでなく自身初となるヴォーカルにも挑戦しており、次回作以降への更なる表現の拡充にも期待させられる楽曲となっている。

GEMINI:Flip Couture #1
Lossless

GEMINI:Flip Couture #1

Jazz/World

WONK

2017年9月にエクスペリメンタルソウルバンド“WONK”が同日リリースし話題を呼んだ『Castor』『Pollux』。この2作品に納められた楽曲達が、DJ Spinnaを始めシーンを賑わすトラックメイカー達、そしてWONKメンバー自身らの手によって再構築され、新曲と共に1つの新たな作品『GEMINI:Flip Couture #1』として生まれ変わった。

Pilgrim
Lossless

Pilgrim

HipHop/R&B

MELRAW

WONKのサポートメンバーとしても知られるほか、サックス、フルート、トランペット、ギター、シンセサイザー、MPCを縦横無尽に行き来するマルチ・インストゥルメンタリスト:安藤康平が自身のソロ・プロジェクト『MELRAW』をついに始動。本作「Pilgrim」は音楽に取り憑かれたMELRAWを名乗るエイリアンのマインドコントロールによって生み出されたというユニークなコンセプトも魅力。フィーチャリングアーティストにはレーベルメイトであるWONKメンバーのほか、10月に初の全国盤EPをリリースしたばかりの呂布 from KANDYTOWN、Dyypride (ex. SIMI LAB)、吉田沙良 from ものんくる、Matzuda Hiromu、Ai Ninomiyaらシーンを担う若手アーティストが参加。参加メンバーには安藤康平をはじめ、世界的に活躍するジャズミュージシャンである石若駿(ds)、宮川純(Pf/Keys)、古木佳祐(B)、WONKメンバーを迎えるなどハイレベルな演奏内容となっている。

Pilgrim
High Resolution

Pilgrim

HipHop/R&B

MELRAW

WONKのサポートメンバーとしても知られるほか、サックス、フルート、トランペット、ギター、シンセサイザー、MPCを縦横無尽に行き来するマルチ・インストゥルメンタリスト:安藤康平が自身のソロ・プロジェクト『MELRAW』をついに始動。本作「Pilgrim」は音楽に取り憑かれたMELRAWを名乗るエイリアンのマインドコントロールによって生み出されたというユニークなコンセプトも魅力。フィーチャリングアーティストにはレーベルメイトであるWONKメンバーのほか、10月に初の全国盤EPをリリースしたばかりの呂布 from KANDYTOWN、Dyypride (ex. SIMI LAB)、吉田沙良 from ものんくる、Matzuda Hiromu、Ai Ninomiyaらシーンを担う若手アーティストが参加。参加メンバーには安藤康平をはじめ、世界的に活躍するジャズミュージシャンである石若駿(ds)、宮川純(Pf/Keys)、古木佳祐(B)、WONKメンバーを迎えるなどハイレベルな演奏内容となっている。

Pollux
High Resolution

Pollux

HipHop/R&B

WONK

フィーチャリングアーティストにRITTO(MC), Epic(MC), Miki Hirose(Tp), 加えてNYのフューチャーソウルバンド“The Love Experiment”よりKim Mayo(Vo.)を迎えたエクスペリメンタル・アルバム。6月にデジタルリリースされたスマッシュヒットシングル“Give Me Back My Fire”を含む全9曲収録。

Castor
High Resolution

Castor

HipHop/R&B

WONK

1st アルバム“Sphere”から1年、海外ツアーや各所国内フェスへの出演・媒体露出など、様々な活動を経て既に貫禄を見せるWONKが放つ、世界の音楽シーンに呼応する最先端のポップ・アルバム。全9曲収録。

Gather Round
High Resolution

Gather Round

HipHop/R&B

WONK

東京を拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウルバンド“WONK”、1年ぶりのニューアルバムが、2017年9月、衝撃のツイン・アルバム “Castor” “Pollux”として2枚同時リリース。本作品は“Castor”からシングルカットされたリード・トラック『Gather Round』である。 2016年9月に全国リリースした自身初のフルアルバム『Sphere』は第9回 CDショップ大賞 ジャズ賞を受賞。ジャズやソウル、ヒップホップなど様々な音楽に影響を感じさせる彼らの幅広い音楽性は多方面から注目されておりデビューわずかながら2017年夏には第16回 東京JAZZやSUMMER SONIC 2017、Blue Note JAZZ FESTIVAL in Japan 2017など各大型フェスへの出演も決定している。また、米Blue Note Recordsを代表するシンガーJosé Jamesの最新アルバム『Love In a Time of Madness』のリードトラック 『Live Your Fantasy』のリミックスを担当、同年2月にはヨーロッパ2大都市公演を成功させるなど、国内に留まらず海外からも多くの注目を集めている。

Give Me Back My Fire
High Resolution

Give Me Back My Fire

HipHop/R&B

WONK

東京を拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウルバンド“WONK”、半年ぶりのニューシングル“Give Me Back My Fire”。2016年9月に全国リリースした自身初のフルアルバム『Sphere』は第9回 CDショップ大賞 ジャズ賞を受賞。ジャズやソウル、ヒップホップなど様々な音楽に影響を感じさせる彼らの幅広い音楽性は多方面から注目されておりデビューわずかながら2017年夏には第16回 東京JAZZやSUMMER SONIC 2017などへの出演も決定している。また米Blue Note Recordsを代表するシンガーJosé Jamesの最新アルバム『Love In a Time of Madness』のリードトラック 『Live Your Fantasy』のリミックスを担当、同年2月にはヨーロッパ2大都市公演を成功させるなど、国内に留まらず海外からも多くの注目を集めている。

TOP