MC MICHI

EVERYTHING
Lossless

EVERYTHING

MCミチ

本楽曲は、多様化し、混沌(Babel)とする現代社会における"コミュニケーションツールとしての音楽"の存在を擬人化し、それに対する愛を巧みな比喩表現を織り交ぜ表現した楽曲になる。サウンドメイクには、広島の気鋭のトラックメイカー、Maria Segawa氏(TAG DOCK)を起用し、その美しい詞世界を際立たせる事に成功している。

火の鳥
Lossless

火の鳥

MCミチ

本作は、MCミチが友人のThomas Caderao.氏と共に、サウンドメイクに盟友KHROTO氏を迎え、徐々にグローバル化する世界の中で失われつつある日本の精神(ナショナリズム)を"火の鳥"に喩え、日本に対するストレートな愛を歌った楽曲である。

Luv
Lossless

Luv

MCミチ

MCミチ名義として2024年最初に発表される本作は、"Luv(=Love)"をウィルスのような存在として擬人化し、忖度の壁を破壊する最小単位の存在として描き、アルゴリズムに呑まれつつある現代社会への警鐘を鳴らしつつも、気鋭のビートメイカー、F1REWORKS氏をサウンドメイクに迎える事によって普遍的魅力に溢れたラブソングに昇華する事に成功している。

TOP