MCミチ

Discography

本楽曲は、多様化し、混沌(Babel)とする現代社会における"コミュニケーションツールとしての音楽"の存在を擬人化し、それに対する愛を巧みな比喩表現を織り交ぜ表現した楽曲になる。サウンドメイクには、広島の気鋭のトラックメイカー、Maria Segawa氏(TAG DOCK)を起用し、その美しい詞世界を際立たせる事に成功している。

1 track

本作は、MCミチが友人のThomas Caderao.氏と共に、サウンドメイクに盟友KHROTO氏を迎え、徐々にグローバル化する世界の中で失われつつある日本の精神(ナショナリズム)を"火の鳥"に喩え、日本に対するストレートな愛を歌った楽曲である。

1 track

MCミチ名義として2024年最初に発表される本作は、"Luv(=Love)"をウィルスのような存在として擬人化し、忖度の壁を破壊する最小単位の存在として描き、アルゴリズムに呑まれつつある現代社会への警鐘を鳴らしつつも、気鋭のビートメイカー、F1REWORKS氏をサウンドメイクに迎える事によって普遍的魅力に溢れたラブソングに昇華する事に成功している。

1 track

1 track

1 track

1 track
HipHop/R&B

【フォーク歌手 / ラッパー・死神紫郎、初のラップアルバム】 通算5枚目となる今作は初のラップ曲のみのアルバムで、既発曲の「執念のラップもういっちょ」「冷蔵庫」「神と紙」「独白」を含む全12曲を収録。 ディレクターと客演にMCミチ、ビートメイカーにMr.蓮、DJ Whitesmith、JASON X、ゲストコーラスにRiqrhoAreを迎え、ジャケットアートワークには写真家・manimaniumが撮影した作品が使用されている。 【Music】 ■Lyric:死神紫郎 ■Director:MCミチ ■Guest chorus:RiqrhoAre(M.11) ■Engineer:原澤緯人[SONIC BAND STUDIO] 【Staff】 ■Assistant:志度 ■Observer:りくろあれ 【Jacket】 ■Photo:manimanium

12 tracks

Beatmaker.KHROTOと前作のマイロードが好評だったMCミチとの共作。 今回は客演にRAXISSを迎えた。 壮大感と哀愁が溢れるBeatに聴き心地の良い二人のRAPが絶妙に絡み合う素晴らしい作品となっている。

1 track
V.A.

1つのトラックに色んなジャンルのアーティスト達がそれぞれリリックをのせて楽曲を作った全11曲!! レゲエ界でいう「ONE WAY」(ワン・リディム・アルバム)にちなんで『ANNEWAY』と名付けました! ラップ、レゲエ、J-pop、R&B…色んな味が楽しめるANNEWAY!ぜひ11曲聴き比べながら堪能して下さいね!!

11 tracks