KTI

The Complete Ref-O-Ree Recordings
Lossless

The Complete Ref-O-Ree Recordings

Freddie Waters

遥かなりナッシュビル。この地にこだわった名シンガー、フレディーウォーターズを探訪するソウルインヴェスティゲーション第2弾。歌うことに生涯を捧げた男のまぎれもない絶頂期が刻まれた名門Ref-O-Reeレーベル音源が完全版としてよみがえります。渾身のちからを込めて吹き込まれたシングルの一枚一枚が実に味わい深く胸に響く、もうひとつの名盤です。

Solutions
Lossless

Solutions

Greenflow

手垢の付いていないグルーヴ。ジャズファンク、メロウソウル、ソフトロック、様々な要素がミックスされたニューディスカヴァリーをご紹介します。オークションでは2,011ドル超えを記録する究極のマイナー盤にして新鮮なビートとメロディが詰まった逸品。Jazzman Geraldはじめ、世界中のトップコレクターが探し求める一枚です。

Ed Kelly And Friend
Lossless

Ed Kelly And Friend

Ed Kelly And Pharoah Sanders

輸入盤も長らく廃盤だったこの作品が日本初CD化。ベイエリアのピアニスト、エドケリー名義の作品ながら、実質的なリーダーはファラオ(当時Aristaと契約が残っていたため名義が使えなかった)。ファラオの作曲の中でももっとも有名な名曲03「You've Got To Have Freedom」はこの盤が初録音。落ち着いたテンポながら後半の熱演は強烈。この盤でしか聴けない名オリジナルがM06「Newborn」。疾走するモーダルなラテンビートにのってファラオが咆哮する。デュオバラードM03も圧巻。エドケリーの92年録音5曲をボーナス収録。

Rejoice
Lossless

Rejoice

PHAROAH SANDERS

世界へ向けるまなざしの優しさ、ポジティヴなアティテュード、強靭な精神力。この時期のファラオの充実がみなぎるもうひとつの名盤。エルヴィンジョーンズ(ds)、ボビーハッチャーソン(vib)を迎えたM1「Rejoice」はモーダルの楽園というべき高揚感あふれるナンバー。突き抜けてハッピーなグルーヴのM2、M3、コーラスを加えたM4「Origin」も素晴らしい。M6「Moments Notice」はコルトレーン曲の決定的なヴォーカライズカヴァー。M7「Central Park West」も同じくコルトレーンの名バラード。アフリカをモチーフとした前半から師コルトレーンへの思いに満ちた後半への流れも美しい。

Journey To The One
Lossless

Journey To The One

PHAROAH SANDERS

ファラオ第2の黄金時代の幕開けを告げる名作であり、80年代以降のファラオのサウンドを決定付けた記念碑的作品。ジョンヒックス(p)、ジョーボナー(p)、アイドリスムハマッド(ds)ら錚々たるメンバーを揃えた新グループで、新しい時代のコンテンポラリースピリチュアルジャズを高らかに歌い上げる。コーラスを加えた豊かでピースフルなサウンドは名曲M6「You've Got To Have Freedom」に顕著。活力みなぎるモーダルスウィングM2「Doktor Pitt」もまたこの時代の名曲。M4やM8ではコルトレーン「Ballads」の世界に迫る。オリジナル2枚組みを1枚のCDに収録。

Blues Blues Blues
Lossless

Blues Blues Blues

Sherwood Fleming

シャーウッド・フレミングの作品としては、1970年までに発表した3枚のシングル盤のみがこれまで知られるところでした。今回の再発見にあたって本人に確認したところ、1985年に自主制作で7インチ・シングルを1枚制作していた事が発覚。制作はしたものの当時まったく流通されておらず、世界中のブルース・ファンの誰もその存在さえ知りませんでした。この激レア・シングルに収録された「Come Back Baby」と「Blues Blues」の2曲をリマスタリングして、CDRに収録。なかでも「Blues Blues」は新作の中で再演されており、タイトルの元になったオリジナル曲です。代表作のシングル3枚をリリースした60年代後半から10年以上経過しているというのにシャーウッドの歌が壮絶を極める迫力! トラックを捻じ伏せるかのようなモノ凄さです。ブルースとは、まず歌であり、叫びである!今回リリースのCDと併せてブルース・シンガー、シャーウッドを正しく評価する為にも、これは何としても押さえたい音源です。初回限定、ブルース歴史の証人にならんとする貴方はお見逃し厳禁です!

Black Ruby
Lossless

Black Ruby

Ruby Andrews

シカゴ・ソウル黄金期の60年代後半よりリック・ウィリアムズのZodiacレーベルの専属としてリリースを開始。67年の「Casonova」のヒットで人気を得ると数々のシングルを発表しました。Zodiacでのアルバムは1970年の「Everybody Saw You」と72年の本セカンドの2枚。シカゴ・ソウルが成熟してきた71、72年の録音が中心で、ファンキィかつブルージーな彼女の魅力、力強さがくっきりと浮かびあがる傑作です。バックとプロデュースを務める中心はブラザーズ・オブ・ソウルの3人。ファンク、ノーザン、モータウンが絶妙に交じり合ったようなサウンドを提供します。アルバム10曲にシングル音源6曲をボーナス収録。ファンキィでパワフルなヴォーカルの魅力が発揮された冒頭のM01「Whatever It Takes To Please You」やサンプリング・ネタとしても知られるM05「You Made A Believer Out Of Me」などのアップ・ナンバーが人気ですが、むしろ聴き所はしっとりしたミッドスロウかも。コンピレーションCDのタイトルにもなったクロスオーヴァー・ソウルM08「Just Loving you」はソウルを聴く歓びがあふれるような名曲だし、バラードM03「The Love I Need」やM16「You Got To Do The Same Thing」は熱いものがこみ上げる絶品の歌唱。まさにいとしさとせつなさとファンキィさがブレンドされたルビーの魅力が炸裂します。_

Shout It Out!
Lossless

Shout It Out!

Bobby Glenn

LAのカルト・レーベルKoalaの中でも最も知られたアルバムがこちら。ソウル、レア・グルーヴ、サンプリング、いずれのファンにも需要が高いクラシックです。ダニー・ハサウェイにも似た声質のシンガー、ボビー・グレンによる唯一のLP作品で、プロデュースとアレンジを務めるのはEW&Fのラルフ・ジョンソン(ds)。アル・マッケイ(g)、フィリップ・ベイリー(perc)、ラリー・ダン(key)らEW&Fメンバーも参加した演奏はさすがの安定感と躍動感です。全体的にはファンクというよりもじっくりとヴォーカルを聴かせるようなミディアムとスロウ中心のレパートリー。くせがなく都会的な印象のボビーの歌声が卓越した演奏に映えるようです。このアルバムを有名にしたいちばんの理由はエモーショナルなバラッドM4「Sounds Like A Love Song」がJay-Z「Song Cry」で使われたことでしょう。印象的なイントロのハープはドロシー・アシュビー。ラルフ・ジョンソンのペンによる心打つナンバーです。EW&F的なのは冒頭のファンク「Must Be Funk」。ブギーで軽快なビートにホーンズとコーラスも彩を添えます。隠れた名曲なのがミディアムのM2「Hey Love」。心動かされる高揚感とはこういうメロディと歌唱を指すのでしょう。ファンキィなM5「Shout It Out!」、ドラマティックなメロディをスケール大きく歌い上げるM9「Put Yourself In My Place Friend」など、クラシックと呼ぶにふさわしいモダン・ソウル名盤です。

The Ingram Kingom
Lossless

The Ingram Kingom

Ingram

LAのカルト・レーベルKoalaの中でも最も知られたアルバムがこちら。ソウル、レア・グルーヴ、サンプリング、いずれのファンにも需要が高いクラシックです。ダニー・ハサウェイにも似た声質のシンガー、ボビー・グレンによる唯一のLP作品で、プロデュースとアレンジを務めるのはEW&Fのラルフ・ジョンソン(ds)。アル・マッケイ(g)、フィリップ・ベイリー(perc)、ラリー・ダン(key)らEW&Fメンバーも参加した演奏はさすがの安定感と躍動感です。全体的にはファンクというよりもじっくりとヴォーカルを聴かせるようなミディアムとスロウ中心のレパートリー。くせがなく都会的な印象のボビーの歌声が卓越した演奏に映えるようです。このアルバムを有名にしたいちばんの理由はエモーショナルなバラッドM4「Sounds Like A Love Song」がJay-Z「Song Cry」で使われたことでしょう。印象的なイントロのハープはドロシー・アシュビー。ラルフ・ジョンソンのペンによる心打つナンバーです。EW&F的なのは冒頭のファンク「Must Be Funk」。ブギーで軽快なビートにホーンズとコーラスも彩を添えます。隠れた名曲なのがミディアムのM2「Hey Love」。心動かされる高揚感とはこういうメロディと歌唱を指すのでしょう。ファンキィなM5「Shout It Out!」、ドラマティックなメロディをスケール大きく歌い上げるM9「Put Yourself In My Place Friend」など、クラシックと呼ぶにふさわしいモダン・ソウル名盤です。

R & Better
Lossless

R & Better

Roger Hatcher

むせび泣くハイテナーの魅力、ここに極まれり。不遇の天才シンガーソングライターが遺した唯一のLP作品であり、カルト・レーベルGUINNESSきってのレア度と完成度を誇る名盤が世界初復刻です。ディープ・ソウル・ファンを魅了する珠玉のソウル・ナンバーからレア・グルーヴ・ファンも踊るJBカヴァー「My Thang」まで、ストリートの哀愁が滲み出すような味わい深いジャケットとともにお楽しみ下さい。  ■ニューバン、マッドクリフなど数々のレアグル盤が眠るカルト・レーベルGUINNESSの中でも最もレア度と完成度が高いと言われるソウル名盤。MOTOWNで活躍したエドウィン・スターの従兄弟であり、優れた作曲家であり、抜けるようなハイテナーが特徴的なシンガーでもあったのがロジャー・ハッチャー。1960年代からナッシュヴィルを中心に活躍、ドラマティックス「I Dedicate My Life to You」、クラレンス・カーター「I Got Caught」といったヒット曲の作者として評価を得るもシンガーとしてはヒットに恵まれずExcello、Volt、Columbiaなどに残したシングルのほとんどがレア・アイテム化。ノーザン・ソウル・シーン以降にようやく再評価されたことは英Expansionレーベルの第一弾がこの人の作品集だったことが証明しています。Track List:01. Sleepin' On The Job 02. You Must Have Come From Heaven 03. Let Your Love Shine On Me 04. Daylight Savings Time 05. I'm A Junkie For Your Love 06. Your Love Is A Masterpiece 07. All My Love08. Kung Fu And You Too 09. Struttin' 10. My ThangTotal 10 tracksProduced by Roger HatcherOriginally released from Guinness Records LP 36033, 1977Officially licensed from Roger Hatcher Jr.

INTRODUCING ROGER
Lossless

INTRODUCING ROGER

Roger And The Human Body

ファンク史に刻まれし伝説をいま再び。天才ロジャー・トラウトマン=ZAPP。その初期衝動がフレッシュな果汁のごとくほとばしる真のタイムレス・クラシック。ザップ結成以前の1976年、25歳でのデビュー盤にしてメガレア自主制作LPがオリジナルどおりで復刻。しかも実弟レスター・トラウトマン自身の手でリマスタリングを施した完全リニューアル盤。これぞ原点。 【KTIレーベル第四弾】■1999年4月に悲劇的な最期を遂げたロジャー。兄弟ユニット、ザップを率いて数々のファンク革命を成し遂げたこの天才がザップ結成前夜に率いていたのがザ・ヒューマン・ボディ。のちにロジャーがプロデュースする80年代のヒューマン・ボディとは異なり、トラウトマン4兄弟を中心にボビー・グローヴァーらが参加した初代がこちら。地元オハイオで運営していたファミリー・レーベルからリリースされたLPには若きロジャーの才気があふれんばかりに封印されています。数々の楽器を操りながらすべての作曲とヴォーカルを担当する創造性、ダイナミックな演奏力、若さゆえの才能の稲妻のような輝きが、エレクトリックになる以前の生バンド・サウンドで押し寄せてくる名盤です。

Just Enough To Get Me Cool - The Complete October Recording
Lossless

Just Enough To Get Me Cool - The Complete October Recording

Freddie Waters

夢にまで見た幻の一枚。ソウル・ミュージック界の伝説的名盤がついに解き放たれます。ソウル・コレクターにとっての最終到達地点のひとつ、究極のレア盤といわれたディープ/サザン/マイナー・ソウル界の最高峰。ナッシュビルの名シンガー、フレディー・ウォーターズが残した唯一のアルバム。男たちの魂をふるわす永遠の名バラード「I'm Afraid To Let You Into My Life」とともに素晴らしいヴォーカルをお楽しみ下さい。

TOP