Daily Album Best

Daily Integrated Best Selling

1

天体 (PCM 96kHz/24bit)
ハイレゾ

天体 (PCM 96kHz/24bit)

Rock

Polaris

昨年11月、約3年振りにリリースとなったミニアルバム『走る』や、その後の地道な全国ツアーなどを経て、新たな絶頂期を迎えているPolarisが3年4ヶ月ぶりとなる待望のフルアルバム『天体』。オオヤユウスケと柏原譲の二人に加え、ドラムに川上優(Nabowa)、エンジニアにトクマルシューゴやLOSTAGEなどの仕事でも知られる岩谷啓士郎の四名を中心に制作された。アルペジオとキーボードを貴重としたオープニング曲(1)「わすれてしまうまえに」、グルーヴィーなソウルミュージック(2)「See The Light」、サウダージな世界を誘うコーラスが印象的な軽快な中米音楽(3)「グラデーション」、美しいフォークバラード(4)「星屑」、EP『光る音』(2012年)に収録され昨今のライヴでも人気の高い楽曲を再録した(5)「Nocturne」、実験的な要素も取り入れた壮大なポストロックサウンド(6)「真空」、「真空」の流れを汲むインスト曲(7)「反復」、『走る』に収録されたPolarisらしい切なさを感じる楽曲のアルバム・ヴァージョン(8)「cyan」、ohana(オオヤユウスケ|原田郁子|永積タカシ)のカヴァー(9)「オハナレゲエ」、『走る』に収録、メランコリックなリフレインが特徴の楽曲(10)「とどく」(アルバム・ヴァージョン)、フィナーレ(11)「ピリオド」と新旧ファンが楽しめる充実の全11曲。

2

ヴィーナスの恋人/深海魚のマーチ

ヴィーナスの恋人/深海魚のマーチ

Rock

Koochewsen

愛と勇気のビューティフルロックカルテット“Koochewsen”が2018年に放つ魅惑の配信シングル第一弾!

3

elude
ハイレゾ

elude

Idol

Maison book girl

2016年11月に徳間ジャパンよりメジャーデビューしたMaison book girlの移籍第一弾シングル。

4

午後の時間割り

午後の時間割り

Pop

広瀬愛菜

曽我部恵一プロデュース作のソロ・アルバムで良質のPOPミュージックを送り出してきた関美彦が、Peach sugar snowと3776という二つのアイドルグループで活動していた15歳の広瀬愛菜を全面プロデュース。ライヴハウスで彼女のピアノ弾き語りに魅了された関が、自身主催のイベントに誘ったことをきっかけにデビュー・ミニ・アルバムの制作が実現。伊賀航、北山ゆう子、山之内俊夫といった名手に加え、スカートの澤部渡が口笛で参加。

5

TO NA RI (2.8MHz dsd + mp3)
ハイレゾ
独占

TO NA RI (2.8MHz dsd + mp3)

Rock

原田郁子+高木正勝

''隣の家で演奏している感覚から紡がれていく音楽 ''^ ^ レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。^

6

Dare (La La La)

Dare (La La La)

Anya Tru

2014 FIFA World Cup目前!2014年FIFAサッカーワールド カップの公式ソングの1曲でもあるShakiraのダンスチューン・カバー!

7

安眠豆腐(24bit/48kHz)
ハイレゾ

安眠豆腐(24bit/48kHz)

Pop

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ、初のカヴァー・ミニ・アルバムがハイレゾでリリース。収録曲は、1980年代前半のテレビ番組『ひらけ! ポンキッキ』(フジテレビ系列)の中で放送されていた「カンフー・レディー」。『魔女の宅急便』のイメージ・ソング「めぐる季節」。アニメ『クレヨンしんちゃん』の第4期エンディング・テーマ「月灯りふんわり落ちてくる夜」。宮沢賢治作詞作曲の歌「星めぐりの歌」の計4曲。いつもの摩訶不思議ラップが一切入っていない、ヴォーカル・コムアイの新たな一面が垣間見られる一作。タイトルの『安眠豆腐』は寝苦しい季節にぐっすり眠れる安眠CDという意味合いでつけられています。

8

菊地成孔のナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.6

菊地成孔のナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.6

Jazz/World

菊地成孔

2010年09月30日(木)に東京・尚美バリオホールで行われたトーク・イベント『ナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.6』。今回は9月下旬に発売予定の00年代全集「闘争のエチカ」(USBで発売)と呼応する形で“菊地成孔 00年代のキクチを語り尽くす”をテーマに掲げ、 自身の活動を総括した番外編的な一夜。購入者には、特典として「闘争のエチカ」(特別予告編)をプレゼント。

9

菊地成孔のナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.7
独占

菊地成孔のナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.7

Jazz/World

菊地成孔

2010年09月30日(木)に東京・尚美バリオホールで行われたトーク・イベント『ナイト・ダイアローグ・ウィズ vol.7』。今回は10月30日に発売されたの菊地成孔の00年代全集『闘争のエチカ』(USBで発売)の下巻と呼応する形で“菊地成孔 00年代のキクチを語り尽くす”をテーマに掲げ、 自身の活動を総括した番外編的な一夜の後編。音楽ライター/編集者として活躍する川勝正幸が、出版/広告ディレクターの湯山玲子とともに、ホストである菊地成孔から2000年代10年間の活動を引き出します。

10

甲州街道はもう夏なのさ

甲州街道はもう夏なのさ

Rock

Lantern Parade

瞬く間に完売した7インチシングルが配信開始!! 曽我部恵一や荒内佑 (cero) たちを従えてのバンド編成で、ランタンパレード屈指の人気を誇る1曲、「甲州街道はもう夏なのさ」をセルフ・カバー。カップリングにはこちらもバンド編成で、コーネリアス「スター・フルーツ・サーフ・ライダー」のカバーを収録。両曲とも原曲に忠実ながらも、生楽器ならではのグルーヴが迸り、祝祭的な様相を呈した絶妙なアレンジに仕上がっています。

ページトップへ

json version of me / snapshot