album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Morning ride -- ShowyRENZO  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:18
ORION -- Merry DeloGang Age  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
気楽 -- ShowyVICTORK-niceDopeboiomega  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:42
Dead bitches -- MAYA  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
ZOOM! -- ShowyVICTORAuthority  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:19
仲間 -- Showy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:29
TAMAROU (feat. Cookie Plant) [Remix] -- JNKMNDJ JAMCookie Plant  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:40
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 18:26

Discography

V.A.

8 tracks
V.A.

8 tracks
V.A.

8 tracks
V.A.

<生誕80周年!> 名シンガー・ソングライター、アル・クーパーのソングライティングの原点がこのアルバムに! キーボード奏者、作曲家、プロデューサー、そしてシンガーソングライターと様々な顔を持つアーティスト、アル・クーパーのキャリア初期、ソングライター・サイドにスポットを当てたファン待望のコンピレーションがついに登場! ニューヨークブルックリン生まれ、独学で楽器を習得したアル・クーパーはボブ・ディランのレコーディングに参加しプレイヤーとして名を上げ、ブルース・プロジェクト、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズなどのグループで活動したことで知られるが、一方ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズのデビュー曲「恋のダイアモンド・リング」を手掛けるなどソングライターとしても超一流。 本アルバムはアル・クーパーが手掛けた楽曲にスポットを当てたコンピレーション・アルバム。前述の「恋のダイアモンド・リング」はもちろん、無名のガール・グループ、ビート・バンド、R&Bシンガー、ジャズ・シンガーからアル自身が在籍したグループまで幅広いジャンルのアーティスト/楽曲を23曲収録。 ジャズ、ソウル、ブルース、カントリーなど様々な音楽要素を吸収し、ロックがポピュラー・ミュージックのメインストリームとして市民権を獲得していった激動の時代のパイオニアとしての足跡を記録した全ロック・ファン必携のコンピレーションがここに誕生!

23 tracks
V.A.

<オールデイズ アルバムガイド シリーズ> 60年代のグッドミュージックをこだわりの紙ジャケで復刻してきたオールデイズ・レコードの1000タイトルを超えるタイトルから、毎月テーマを決めて膨大なカタログを掘り起こすアルバム・ガイド・シリーズ第27号はブルース編第2弾。 アルバート・コリンズ「FROSTY」やフレディ・キング「HIDE AWAY」などテキサス、シカゴ、デルタ・ブルース界のレジェンドたちが遺した代表曲ほか、ルイ・ジョーダンやスリム・ゲイラードなどのジャンプ&ジャイヴ屈指のナンバーも収録。30年代から60年代にかけての多様なブルース変遷をお楽しみいただきたい。

20 tracks
V.A.

10 tracks
V.A.

6 tracks
V.A.

6 tracks
V.A.

『箱庭牧場 ひつじ村』『ようこそ ひつじ村』に収録されている曲のオリジナルサウンドトラックです。 欲しいものを増やす面白さと好みの風景を作る楽しさを追求した箱庭牧場シミュレーションの世界を奏でる楽曲たち。主題歌『ひつじ村』も同時収録。

15 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ゆるふわ、JNKMNらのコレクティブ“JODY”、アルバム『JODY』を4/6リリース

ゆるふわ、JNKMNらのコレクティブ“JODY”、アルバム『JODY』を4/6リリース

「茨城県土浦市生まれのアメリカンピットブルテリア。お肉やお魚等の動物性タンパク質が大好物。敏感肌でなにかしらのアレルギーがあり時折かゆくなってしまうが3歳にしてMOTHERFUCKER。を、中心とするカルチャー研究集団」という謎のコレクティブJODYが、

Articles

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

連載

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

毎回、それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回は中国語圏のヒップホップ記事「熱烈的時代到来! 探索中国ラップ!」を紹介してくれた鎮目悠太が2回目の登場。西ロンドンのグライムMC、AJ Tracey…