Track TitleDurationPrice
ジングル・ベル alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:26  
牧人ひつじを -  
「ひいらぎ飾ろう」による演奏会用変奏曲 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:38  
天なる神には alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:51  
天は栄え alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:40  
荒野の果てに alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:53  
「もみの木」による演奏会用変奏曲 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 04:05  
世の人忘るな alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:19  
飼葉の桶で_ alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:23  
「神の御子は今宵しも」による演奏会用変奏曲 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:01  
サンタが街にやってくる alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:53  
ママがサンタにキスをした alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:17  
ウィンター・ワンダーランド alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:29  
そりすべり alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:41  
ザ・クリスマス・ソング alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:50  
赤鼻のトナカイ alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:24  
「クリスマスおめでとう」による変奏曲 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:55  
「ウェンセスラスはよい王様」による演奏会用変奏曲 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:21  
ああベツレヘムよ alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:14  
我らはきたりぬ alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:51  
飼葉の桶で_(「アフトン川の流れ」のメロディによる) alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 01:51  
御使いうたいて(グリーンスリーヴス) alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:09  
ロンドンデリーの歌 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:19  
子守歌 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 02:11  
聖しこの夜 alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:39  
曲番クリックで試聴できます Total: 57:20

ディスコグラフィー

  • 伊福部昭未発表曲から、ジュネーヴ国際コンクール作曲部門優勝で話題の藪田翔一の新作まで日本のハープ曲驚きの出現●驚愕のアルバムの出現です。なんと伊福部昭、早坂文雄、清瀬保二がオリジナルのハープ曲を残していました。日本人の手による最初のハープ曲である石田一郎の「牧歌」から、80年間の日本のハープ曲のうち、前衛的でなく美しいメロディに満ちたものの系譜を俯瞰します。●注目は伊福部昭が映画「ビルマの竪琴」のために書いた5曲。凄まじいのが「コガネムシ」。完全に伊福部ワールドで、重量感のあるオスティナート、fffのグリッサンドが渦を巻きます。映画中、音楽はみなフェードアウトしているため、初の完全録音の登場となります。さらに未使用ナンバーも日の目を見ます。これがまた伊福部調でファン狂喜。●冬木透が人気時代劇「風」のために作曲したハープ・ナンバーを、今回の録音のために改訂。また、冬木編曲による「赤とんぼ」「もみじ」「グリーンスリーヴス」も貴重。「ウルトラセブン」と同時期の作で、「もみじ」の序奏には、円谷特撮サウンドがエコーします。●もうひとつの注目は、友人の作曲家たちが、中村愛に捧げた新作。2015年11月に日本人として初めてジュネーヴ国際コンクール作曲部門で優勝して注目の藪田翔一の最新作を聴くことができます。まさに「小室サウンド」の美しくポップな曲で、癒されます。●演奏の中村愛(なかむらめぐみ)は人目を引く美貌の持ち主ながら、伊福部や清瀬の作品を熱望する逸材。解説も恩師モルナールを軸に、ハープ奏者たちと日本の作曲家の創作の関係を綴った興味津々の力作を自身執筆しています。録音 : 2015年9月24日、10月19日、11月18日、2016年1月26日、2月26日/キング関口台第1スタジオ 使用楽器 : Minerva, Appolo, Donegal (Salvi) MERGING Technologies : Pyramix DSD Recording
  • 伊福部昭未発表曲から、ジュネーヴ国際コンクール作曲部門優勝で話題の藪田翔一の新作まで日本のハープ曲驚きの出現●驚愕のアルバムの出現です。なんと伊福部昭、早坂文雄、清瀬保二がオリジナルのハープ曲を残していました。日本人の手による最初のハープ曲である石田一郎の「牧歌」から、80年間の日本のハープ曲のうち、前衛的でなく美しいメロディに満ちたものの系譜を俯瞰します。●注目は伊福部昭が映画「ビルマの竪琴」のために書いた5曲。凄まじいのが「コガネムシ」。完全に伊福部ワールドで、重量感のあるオスティナート、fffのグリッサンドが渦を巻きます。映画中、音楽はみなフェードアウトしているため、初の完全録音の登場となります。さらに未使用ナンバーも日の目を見ます。これがまた伊福部調でファン狂喜。●冬木透が人気時代劇「風」のために作曲したハープ・ナンバーを、今回の録音のために改訂。また、冬木編曲による「赤とんぼ」「もみじ」「グリーンスリーヴス」も貴重。「ウルトラセブン」と同時期の作で、「もみじ」の序奏には、円谷特撮サウンドがエコーします。●もうひとつの注目は、友人の作曲家たちが、中村愛に捧げた新作。2015年11月に日本人として初めてジュネーヴ国際コンクール作曲部門で優勝して注目の藪田翔一の最新作を聴くことができます。まさに「小室サウンド」の美しくポップな曲で、癒されます。●演奏の中村愛(なかむらめぐみ)は人目を引く美貌の持ち主ながら、伊福部や清瀬の作品を熱望する逸材。解説も恩師モルナールを軸に、ハープ奏者たちと日本の作曲家の創作の関係を綴った興味津々の力作を自身執筆しています。録音 : 2015年9月24日、10月19日、11月18日、2016年1月26日、2月26日/キング関口台第1スタジオ 使用楽器 : Minerva, Appolo, Donegal (Salvi) MERGING Technologies : Pyramix DSD Recording