album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Cocktail Break -- Relaxing Piano Crew  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 01:54
When Sunny Gets Blue -- Andrea Beneventano  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:05
How Far? -- Raffaele Genovese Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:49
Glik -- Gabriele Coen  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:44
Trinacria -- Andrea Beneventano  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:06
Donna quee -- Andrea Beneventano  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:50
Koala -- Francesco Negro Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:19
A Kiss -- Stefania Tallini Quintet  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:02
Fly Me To The Moon (Cafe lounge Jazz ver.) -- Cafe lounge Jazz  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:55
Viaggio In Sicilia -- Stefania Tallini Quintet  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:04
Pianismo 1 -- Nicola Stilo  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:04
Aniram -- Andrea Beneventano  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:52
Pianismo 2 -- Nicola Stilo  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:27
Emme Esse -- Andrea Lubrani Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:23
My Funny Valentine (Cafe lounge Jazz ver.) -- Cafe lounge Jazz  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:21
Eclissi -- Stefania Tallini & Corrado Giuffredi  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:39
Medicine Man -- Nagual  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:41
Omaggio a George Birch -- Andrea Lubrani Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:46
Heart Of Mine (piano ballads ver.) -- Cafe lounge Jazz  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:32
Cantilena -- Nagual  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:49
Màe Do Mar -- Stefania Tallini & Guinga  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:37
Perchance to Dream (feat. Alessandro Marzi, Giulio Scarpato, Tiziano Ruggeri & Karim Blal) -- Fabrizio D'Alisera  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:40
Memento -- Raffaele Genovese Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:38
Via Reggio Calabria -- Francesco Negro Trio  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 08:51
Someday -- Relaxing Piano Crew  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:34
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 123:42
Album Info

メロウで深みあるピアノ・サウンドが堪能できるアダルトな香りのピアノ・ジャズ集 独創的かつ高音質な作品作りで知られ、欧州ジャズ・ファンの間でも一目置かれる存在であるイタリアを代表するジャズ・レーベル「ALFA MUSIC」の数多くの作品の中から、優しくしっとりと奏でるピアノの音色が光る楽曲ばかり集めたコンピレーションが登場! 正統派から個性派まで並んだALFA MUSICのアーティストであるが、根底に流れる音楽への愛情と、ジャズへのリスペクトを感じる深い音色がどのアーティストにも感じる共通項。その中でも気持ちよくしっとりと流れるピアノの音色が印象的な曲を中心にピックアップしたアルバム。 収録されたミュージシャンは、大ヒット作「TRINACRIA」でおなじみ、寡作ながらいつも期待を裏切らないメロディアスなプレイを聴かせてくれるアンドレア・ベネヴェンターノ(M-2、5、6、12)、耽美なサウンドと叙情的メロディーが光る新進気鋭のピアノ・トリオのラファエル・ジェノベーゼ・トリオ(M-3、23)、クレズマー・バンド出身のサキソニストであり哀愁深いサウンドが魅力のガブリエル・コーエン(M-4)、スピリチュアルな匂いも感じるクールな鍵盤を聴かせるフランシスコ・ネグロ(M-7、24)、ドリーミーなメロディーと女性らしい柔らかで透明感溢れるピアノ・サウンドが秀逸なステファニア・タリーニ(M-8、10、16、21)、ピアノのみならずフルート、ギター、ピアノを操る才人で80年代のチェット・ベイカーを支えたニコラ・スティロ(M-11、13)、70年代後半より活躍し、ヨーロッパっぽいひんやりとした空気感のピアノとトリオ・サウンドを奏でてくれるアンドレア・ルブラニ・トリオ(M-14、18)、甘美なメロディーとブラジル音楽もミックスさせたジャズ・サウンドが魅力のナワール(M-17、20)、甘いトーンと疾走感溢れるフレージングを併せ持ったサキソニストのファブリツィオ・ダリセラ(M-22)。どのアーティストも独自のテイストで鳴らされる美しいピアノ・サウンドを中心に、気持ち安らぐビューティフル・ジャジー・ワールドを聴かせてくれる(M-1、25は「ゆったり癒しの夜ジャズピアノ~隠れ家バーで流れる心落ち着くBGM~」のアウトテイクより、M-9&15は「ゆったり聴きたいカフェBGMプレミアムジャズベスト」より、M-19は「Late Night Moods Piano Ballads ~Sweet'n Slow Jazz Collection~」よりピックアップ)。 ALFA MUSICが誇る素晴らしいミュージシャンの演奏を中心とした、歌心溢れるメロウでしっとりとしたピアノ・サウンドが詰まったこのコンピレーション、しっとりと穏やかな気分になりたい時のお供にぜひ聴いていただきたい1枚である。

Discography

年月を経て再びあの名作と再会…ノスタルジックな読書タイムに本は何度同じものを読んでも新しい発見があったり、受ける印象が以前と全くちがったりする。そこに描かれている文章に変化はないが、読み手の成長、視点や感情の変化に左右されるからだ。今の自分が、あのお気に入りの名作を読み返すとどんな感想を抱くか。やはり傑作か、それとも…? 『お気に入りの名作を読み返す読書時間のピアノBGM』は、本との思い出に再び向き合う時間に、ノスタルジックな雰囲気で包みこんでくれるピアノアルバム。大好きだったことさえ、知らないうちに記憶の底に閉じ込めてしまっていた名作の世界が、じんわりとよみがえる。宮沢賢治、太宰治など、小中学校で出会った国民的な作家たちの作品が、いまや電子書籍で簡単に手に入る時代。本で懐かしさに浸る時間をぜひ楽しんで。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

リラクシン・ピアノが流れる高級ホテルのロビー気分のヒーリング作品ホテルと言ってもシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル等色々な呼び名が存在しているが、それらの違いをご存知だろうか?シティホテルは一人旅、カップル、ファミリーから仕事での利用等様々なニーズに対応しているホテル。名前の通り都市部に多く立地しており、複数の食堂やジム、スパの施設を備えている所もある。ビジネスホテルは元々は出張で訪れるビジネスマンの宿泊を想定して作られたホテルで駅近が中心。シングルがメインの客室で作業しやすいディスク、ズボンプレッサー等ビジネスマンに必要なものが備わっているが、最近はシングル以外の客室を備えたり女性プラン等のサービスを充実させたり幅広い客層を取り込もうとしている所も。リゾートホテルは保養地や観光地にあるホテルで、自然に囲まれた環境を生かして心と体の癒しにも力を入れており、値段も高いがその分ゴージャスな気分を満喫できる。本作「南国リゾートホテルのロビーで流れるリラクゼーションピアノ」はそのリゾートホテルの豪華なロビーで流れるピアノBGMをイメージして弾かれた作品。優雅に上品に弾かれるその鍵盤の調べを聴きながら、リゾートホテル気分でリラクシンな時間を過ごしていただきたい。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

平穏に過ごしたい冬の日にぴったりのピアノ曲集日本での冬の期間の定義を調べてみた。気象庁では12月から翌年2月。”暖冬”、”厳冬”という判断はこの3ヶ月の平均気温で判断される。国立天文台では冬至(12/21頃)の瞬間から春分(3/20頃)の瞬間まで。暦の上では立冬(11/7頃)から立春の前日(2/3頃)まで。気象庁の定義が違和感なく最もしっくりくる感じだろうか…などと冬の事を考えただけで寒さを感じたりするが、そんな冬の張り詰めた冷たい空気と暖かな室内をイメージしたピアノ曲集がこの「冬のスムースジャズピアノ」。柔らかで平穏なトーン、優しいタッチに包まれた穏やかな音世界が印象的なこの作品、穏やかな冬の日のリラクシンBGMとしてぜひ流していただきたい。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

外は寒空、中は暖か。アダルトなピアノと共に真冬に育む愛のカタチ2020年も終盤となり、だんだんと冬の便りが聞こえてくるころだ。気温がどんどん下がり、街は緑よりも茶色の葉が増え、やがて枯れてしまう。生命の息吹よりも、落ち着きを感じさせる季節は、外こそ寒いものの、中は暖房で温かくなる。いや、人の温もりで温かくなるというべきか。今作『Winter Midnight Love』は、そんな真冬に育む愛を演出するような、アダルトな雰囲気に包まれたピアノコレクションだ。どの楽曲もメロウでスロウで大人でなければ味わえないような、深いコクが感じられるような演奏が揃っている。今冬はなかなか人との温もりというのは難しいタイミングかもしれないが、信頼できる人との時間を大切にしてもらいたい。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

思わずお酒や食事が進んでしまいそうな、明るく陽気なサウンド 美味しいお酒とともに生演奏を聴く「非日常」を味わえる特別な空間…それがジャズ・ラウンジ。以前のように気軽に出かけることが難しくなった今、イチ押しなのが当アルバム『Jazz Lounge BGM for Bar』。自宅に居ながらにして臨場感たっぷりのリアルなサウンドを満喫できて、まるですぐ近くでピアニストが演奏しているかのよう。陽気でリズミカルなピアノを楽しむことができて、食事やお酒を飲む際のBGMにピッタリ。明るい気分に盛り立ててくれる BGMなので、ホームパーティの際にも華を添えてくれること間違いなし!おうち時間をグレードアップできること請け合いのアルバムです! ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

冷えた体を温めよりリラックスできる環境にしてくれるピアノコレクション一般的に、男性よりも女性に冷え性は多いといわれる。これは、女性の方が男性よりも皮下脂肪が多いためだ。皮下脂肪の特性として、外からの熱を通しにくいこと、そして一旦冷えてしまうと温まりにくいことがあるので、女性は冷え性になりやすいといわれている。この冷え性は、血液の循環が悪いことが原因なので、体の全細胞臓器の代謝が悪くなり、肩こりや頭痛、めまいや耳鳴りなどの自覚症状が現れ、放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞につながるといわれる。今作『ブランケットにくるまって過ごす休日リラクゼーションピアノ』は、聴いているだけでほっこりしてくるピアノコレクション。毛布にくるまり、より暖かな環境で聴いてもらいたい作品だ。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

そっと寄り添ってくれるような優しい音色人間は人生の1/3の時間を睡眠に費やしている。睡眠は、身体や脳の疲労回復を助けるだけでなく、免疫力を高めて心身の健康を維持するために必要不可欠である。しかしながら、現代社会においては日々の忙しさやストレスによって睡眠不足や不眠に陥っている人が多く、問題視されている。そんな中、最近では「睡眠力」という言葉も聞かれるようになり、質の高い睡眠を取る方法が注目されている。『夜を照らす快眠ピアノ』は夜空に瞬く星を彷彿させるような、キラキラとしたオルゴールのようなサウンドが特徴的。ノスタルジックな雰囲気もあり、聴いているうちに自然と心が落ち着いてくる。入眠の際のBGMや寝る前の読書タイムなど、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

特別な時間を彩るハイセンスなジャズ・ピアノ。お祝い事や人生の節目の時など、家族や仲間たちと食卓を囲っておいしい食事や会話を楽しむことは、幸せを一層感じられる特別なひとときである。「誰を誘おうかな」「何を作ろうかな」と、準備する段階から心が弾むものだ。『スペシャルディナー - おいしい時間のジャズピアノ』は、軽快なテイストの曲やじっくり聴かせるバラード曲など、幅広いラインナップとなっており、充実した内容となっている。陽気なサウンドは、ゲストを温かく迎えて、その場の雰囲気を盛り立ててくれる。このBGMを流すだけで、料理する時や準備の段階から気分が上がって捗りそう…!万能なアルバムをぜひお手元にどうぞ。

特別な時間を彩るハイセンスなジャズ・ピアノ。お祝い事や人生の節目の時など、家族や仲間たちと食卓を囲っておいしい食事や会話を楽しむことは、幸せを一層感じられる特別なひとときである。「誰を誘おうかな」「何を作ろうかな」と、準備する段階から心が弾むものだ。『スペシャルディナー - おいしい時間のジャズピアノ』は、軽快なテイストの曲やじっくり聴かせるバラード曲など、幅広いラインナップとなっており、充実した内容となっている。陽気なサウンドは、ゲストを温かく迎えて、その場の雰囲気を盛り立ててくれる。このBGMを流すだけで、料理する時や準備の段階から気分が上がって捗りそう…!万能なアルバムをぜひお手元にどうぞ。

暑い盛りを過ぎ、冬への準備期間となる、センチメンタルな季節のためのピアノコレクション。2020年は、日本各地で観測史上最高気温をたたき出す猛暑となっている。長梅雨のためにあまり気温が上がらなかった時期もあったが、梅雨明けに一気に上がり猛暑が続いている。こうなると、早く秋が来ないかなと思うのが人情。そして冬の寒さでさえ、大歓迎な気持ちになっているかもしれない。今作『秋を感じるジャズピアノ』は、精神的にだけでも涼しさを感じてもらおうと、秋ならではのセンチメンタルな雰囲気を纏ったメロディラインの楽曲ばかりを集めた企画盤。マイナーコードを効果的に配して、秋の空気感を作り出しているこの作品を聴いて、つかの間の涼をとりたいものだ。

暑い盛りを過ぎ、冬への準備期間となる、センチメンタルな季節のためのピアノコレクション。2020年は、日本各地で観測史上最高気温をたたき出す猛暑となっている。長梅雨のためにあまり気温が上がらなかった時期もあったが、梅雨明けに一気に上がり猛暑が続いている。こうなると、早く秋が来ないかなと思うのが人情。そして冬の寒さでさえ、大歓迎な気持ちになっているかもしれない。今作『秋を感じるジャズピアノ』は、精神的にだけでも涼しさを感じてもらおうと、秋ならではのセンチメンタルな雰囲気を纏ったメロディラインの楽曲ばかりを集めた企画盤。マイナーコードを効果的に配して、秋の空気感を作り出しているこの作品を聴いて、つかの間の涼をとりたいものだ。

刹那的な美しさを感じさせる季節に聴きたいメランコリックなピアノコレクション「芸術の秋」「食欲の秋」「スポーツの秋」「音楽の秋」。秋という季節は、不思議なもので多くの形容詞を持っている。気候的には、夏の暑さから解放され、冬の寒さに向かう途中であり、紅葉こそ楽しめるものの落ち葉の切なさも同時に体感する季節だ。他の季節と比較すると、どうにも刹那的で地味な印象を与えるが「春夏秋冬の中で秋が一番好き」という人々は意外に多い。今作『秋に色づくナチュラルピアノ』は、そんな秋好きにはたまらない、刹那と美しさが同居した楽曲ばかりをコンパイルした作品だ。梅雨明けの猛暑から気温が下がる季節、メランコリックな気分に浸りたいときには最適なお供になりそうだ。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

ラグジュアリーホテルで過ごすようなくつろぎのひとときを自宅で。一歩足を踏み入れた瞬間からサービス、香り、雰囲気、何から何までに高級感が漂い、自分までもがワンランクアップしたような気分が味わえるラグジュアリーなホテル。『ゆったり癒しの夜ジャズピアノ~ラグジュアリーホテルで流れる贅沢BGM~』は、そんな優雅な雰囲気にどっぷりと浸かり、心からリラックスができる環境を音楽でお届けする。自宅にいながらにして、ホテル内の壁全面がガラス張りで、煌めく星や月の明かりが間近に感じられるバーをイメージできるような洗練された上質なジャズピアノ。聴き惚れてしまいそうなほどうっとりさせる美しさを放っている。ソファに深く腰を掛けて、落ち着いた時間を過ごすのに最高な1枚。

ラグジュアリーホテルで過ごすようなくつろぎのひとときを自宅で。一歩足を踏み入れた瞬間からサービス、香り、雰囲気、何から何までに高級感が漂い、自分までもがワンランクアップしたような気分が味わえるラグジュアリーなホテル。『ゆったり癒しの夜ジャズピアノ~ラグジュアリーホテルで流れる贅沢BGM~』は、そんな優雅な雰囲気にどっぷりと浸かり、心からリラックスができる環境を音楽でお届けする。自宅にいながらにして、ホテル内の壁全面がガラス張りで、煌めく星や月の明かりが間近に感じられるバーをイメージできるような洗練された上質なジャズピアノ。聴き惚れてしまいそうなほどうっとりさせる美しさを放っている。ソファに深く腰を掛けて、落ち着いた時間を過ごすのに最高な1枚。

夕食の雰囲気を変えて、日常を特別なものにするジャズピアノコレクション。2020年の春は、多くの人が「ステイホーム」を体験することとなった。未知のウイルスのおかげで、我々の生活様式は大きく変化し、今なおその影響は続いている。一方、家族の時間が増えたことがプラスになったと感じている人も多いだろう。しかしながら、以前より刺激がなくなってしまったかもしれない。であれば、自ら刺激的な時間を作り出せばいい。今作『Dinnertime Jazz Piano BGM』は、高級レストランで流れていそうなゴージャスなジャズピアノばかりを集めたコンピレーションで、音楽の力だけで非日常の雰囲気を作り出してくれる協力盤だ。自宅で語らう夕食時も、この作品があれば特別なものになる。音楽を活用して、新しい生活を楽しみたい。

View More Discography Collapse
Collapse