Track TitleDurationPrice
Back Again  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:11 Add Track
Changing  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:18 Add Track
Leiden Centraal  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:25 Add Track
Not Yet  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:17 Add Track
雨琴  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:53 Add Track
Before You Leave  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:45 Add Track
Mind Your Step  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:05 Add Track
Two Years Something  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:36 Add Track
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 47:30
Album Info

長い間、 自分の中で形にしたいと願っていた空気感や温度感を感じられるアルバムを今回ようやく作ることができました。 オランダに留学をしていた時、 海外での演奏の時、 日本での生活の時間、 、 、 すべてそれぞれの国や地域らしい空気感や温度や湿度を感じて来ました。 曲を作るときは一枚の絵のような風景が頭に浮かんでいて音を作っていく事が多いですが、 その時はいつもその風景には雨が降っていたりカラリと晴れていたりしています。 自分にとって作曲や演奏に欠かせない 「空気感(天気感)」 は気候の違いや文化の違いを肌で感じることでさらに音楽性にも大きく影響を与えました。 収録されている各楽曲はコンテンポラリージャズをベースに、 様々なスタイルの曲が収録されています。 雨をサウンドスケッチした 「雨琴」 やカラッと晴れた日に散歩したくなる 「Leiden Centraal」 など、 どこかしら天候を感じられる一枚です。 参加ミュージシャンも、 アメリカ、 ドイツ、 日本の新進気鋭ミュージシャンに集まって頂き、 国際色豊かなで華やかな演奏が特徴で、 ジャズの伝統的なアコースティック編成で、 1発録りしたライヴ感溢れる作品となっております。 晴れの日も雨の日も、 このアルバムを楽しんで頂けたら嬉しいです。

Discography