album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
桟橋より  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:12
Q  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:17
蜃気楼  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:33
ふるさと  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:46
Dance  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:06
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 18:54
Album Info

"物理的な故郷ともノスタルジーとも違う、心がありのままでいられる場所”心のふるさと“とは何か、と言う問いから生まれた作品。世界の端の桟橋よりひっそりと放つその問いに、少しずつ光が差し込んでいく様をEPを通し描いた。心のふるさとは、どこか遠い場所にあるのではなく、今を生きる人のそばにある。普段トラックメイカーとしても活動するluvisが、初めて生バンド録音での制作を行った。録音でしか出せない生々しさとluvisの有機性が見事に溶け合った作品となっている。RECメンバーには、若手ジャズシーンを牽引する高橋直希(Drum)、梅井美咲(Piano)、冨樫マコト(Bass)を起用。全体的にフォーキーなサウンドとなっており、luvisの歌の継ぎ目を縫うように楽器陣が彩りを加えている。EP全体が繋がっており、連続して一つの物語をなしているluvisらしい構成にも注目である。

Discography

Pop

"物理的な故郷ともノスタルジーとも違う、心がありのままでいられる場所”心のふるさと“とは何か、と言う問いから生まれた作品。世界の端の桟橋よりひっそりと放つその問いに、少しずつ光が差し込んでいく様をEPを通し描いた。心のふるさとは、どこか遠い場所にあるのではなく、今を生きる人のそばにある。普段トラックメイカーとしても活動するluvisが、初めて生バンド録音での制作を行った。録音でしか出せない生々しさとluvisの有機性が見事に溶け合った作品となっている。RECメンバーには、若手ジャズシーンを牽引する高橋直希(Drum)、梅井美咲(Piano)、冨樫マコト(Bass)を起用。全体的にフォーキーなサウンドとなっており、luvisの歌の継ぎ目を縫うように楽器陣が彩りを加えている。EP全体が繋がっており、連続して一つの物語をなしているluvisらしい構成にも注目である。

5 tracks
Pop

バンドが緩やかに、さらさらと撫でるようなフォークを乗せて運ぶような楽曲。後半のluvisらしい展開にも注目。別れを告げないまま、行き場を失ってしまった恋を描く歌。物理的な故郷ともノスタルジーとも違う、心がありのままでいられる場所”心のふるさと“とは何か、と言う問いから生まれた作品。

1 track
Pop

1 track
Pop

5/18リリース「momento mori」以来、通算10作目シングル。「過ぎ去ってしまった日々を想起してしまうこと」に対し簡単に答えをつけて納得することはできないという思いから生まれた楽曲。r&b,soulを基調としたビートにジプシージャズ、ハウスエレクトロニカなどが混ざったジャンル感。ミドルテンポでアコースティックな楽器中心だが、音作り、構成にこだわり時代に逆行せぬサウンド感に仕上がっている。

1 track

ジャズ、ソウル、ビートミュージック、R&Bなどから影響を受けたchillでエモーショナルなトラックが特徴的な京都在住 Z世代のSSW/トラックメイカー・luvisが「夏果つ feat. I'm」をリリース。^ 福岡を拠点に活動する若手女性シンガーソングライター I’mとのコラボ曲になっている。^ 煌びやかな夏の時期は過ぎて脆く儚い口約束で繋がれた2人の間に湿り気のない秋風が吹き、喪失の予感を歌った楽曲。聴いている人の心をじんわりと包み込むウォームな歌声がドリーミーでノスタルジックなサウンドとマッチし、過ぎ去った夏を回顧するのにぴったりなナンバー。

1 track

ジャズ、ソウル、ビートミュージック、R&Bなどから影響を受けたchillでエモーショナルなトラックが特徴的な京都在住 Z世代のSSW/トラックメイカー・luvisが3ヶ月ぶりにNewシングル「period feat.lono」をリリース。今作は「沈んでいく斜陽を前に、失われた日々を弔う」をテーマに夏の黄昏時にぴったりな、淡い情景が浮かび上がる少し切なさを感じるナンバー。luvisの盟友でもあるギターリストのlonoがギターで参加しており、luvisのトラックとlonoのギターの掛け合いにも注目していただきたい。

1 track
Pop

1 track
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

6 tracks
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

6 tracks
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

1 track
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

1 track
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

1 track
Pop

Chillでエモーショナルなトラックと⼼地良いアンニュイな歌声で、聴く⼈の⼼をふんわりと包み込む、シンガーソングライター のluvis。正午(noon)のような垂直に伸びる輝きを放つ10代を終え、20代を迎えた心情や情景を描いていた作品となっている。

1 track
Pop

1 track
Pop

1 track
Pop

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

luvis & WAZGOGG、初のコラボSG「miso soup」リリース

luvis & WAZGOGG、初のコラボSG「miso soup」リリース

luvisとWAZGOGGが2023年12月6日(水)にニューシングル「miso soup」をリリースした。 本作はluvisとWAZGOGGによる初のコラボ楽曲。チルなサウンドの中に、同棲を解消した後の男女の情景が浮かぶような切なさを感じられる1曲にな

オフィスオーガスタ新人発掘イベント〈CANVAS vol. 7〉開催決定

オフィスオーガスタ新人発掘イベント〈CANVAS vol. 7〉開催決定

音楽プロダクション・オフィスオーガスタが運営する新人発掘・開発プロジェクト「Canvas」のニューカマー・ピックアップ・イベント〈CANVAS vol. 7〉が2023年1月23日(月)に東京・新代田FEVERで開催される。 ジャンルを問わず新たな才能を

SSW/トラックメイカー・luvisが新曲「human day」をリリース、1st EP『After noon』もリリース決定

SSW/トラックメイカー・luvisが新曲「human day」をリリース、1st EP『After noon』もリリース決定

京都在住でZ世代のSSW/トラックメイカー・luvisが新曲「human day」を本日リリースした。 日常の風情や人間日和を綴った本作は、彼のソウルやジャズを基調としたlo-fiサウンドと柔らかな歌声に心踊るグルーヴィーなナンバーだ。 また、 2月17