How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
EYE  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 03:20 N/A
Album Info

“Altanative J-POP”掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRL。2021年6月に活動の1つの到達点としてリリースした1st Album「“How is the Alt Universe?” 」から長きに渡る沈黙を破り、digital single「Eye」をリリースする。今作は「藍は片目」というフレーズから端を発した、ダンサブルなナンバー。UKガラージをポップチューンとして再構築したDetchらしいサウンドと、「あえて片目を閉じることで見えてくる人間の裏側」を表現したというferrryのリリックが、貴方の心の中のデジャブを見透かすかもしれない。

Add all to INTEREST

Discography

Pop

これまでもグランジやニュージャックスウィングなど、さまざまなジャルルを自身の楽曲に落とし込んで来た彼らだが、今作はロックやボサノヴァのビートやサウンドを取り込んだダンスチューンだ。どこか懐かしいシンセサウンドに、可愛らしくも意味深なリリックを紐解くferrryのフローが小気味の良い、パステルカラーな楽曲に仕上がっている。

1 track
Pop

これまでもグランジやニュージャックスウィングなど、さまざまなジャルルを自身の楽曲に落とし込んで来た彼らだが、今作はロックやボサノヴァのビートやサウンドを取り込んだダンスチューンだ。どこか懐かしいシンセサウンドに、可愛らしくも意味深なリリックを紐解くferrryのフローが小気味の良い、パステルカラーな楽曲に仕上がっている。

1 track
Pop

アブストラクトなドロップと、細やかなビートアレンジが印象的な本作は、昨今のハウス / エレクトロニックの新たな潮流を予期する楽曲に仕上がっている。とある神話から着想を得たリリックと、滑り落ちる水流のようなフローが織りなす、ニューアンビエントダンスミュージック。マスタリングは韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

アブストラクトなドロップと、細やかなビートアレンジが印象的な本作は、昨今のハウス / エレクトロニックの新たな潮流を予期する楽曲に仕上がっている。とある神話から着想を得たリリックと、滑り落ちる水流のようなフローが織りなす、ニューアンビエントダンスミュージック。マスタリングは韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

ラテン語で「炎」を表す本作は、揺らめく炎の様なベースのリフレインから始まる、静かに沸るブレイクビーツ。時折顔を見せるオリエンタルなフレーズやパーカッション、淡々とステップを踏む様なリリックワークが、うだるような真夏の夜に魔法をかけてくれるナンバーだ。マスタリングは木村健太郎(kimken studio)が手がけている。

1 track
Pop

ラテン語で「炎」を表す本作は、揺らめく炎の様なベースのリフレインから始まる、静かに沸るブレイクビーツ。時折顔を見せるオリエンタルなフレーズやパーカッション、淡々とステップを踏む様なリリックワークが、うだるような真夏の夜に魔法をかけてくれるナンバーだ。マスタリングは木村健太郎(kimken studio)が手がけている。

1 track
Pop

“Altanative J-POP”掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRL。連続リリース3作目となるシングル「TAKE MY HAND」リリース!前作「OUT OF THE BLUE」に続き、今作も90’s~00’s HIP HOP/R&BをCANDYGIRLサウンドに昇華させた楽曲だ。浮遊感のあるビートとボイスサンプリング、英詞が似合うメロディーラインに乗せられた全編日本語のリリックワークで、霧の中ので手を取り合いながら歩む2人の心情描かれた今作は、と共に、聞く人をまるで遠い海へ漂っていくような感覚へいざなっていく。彼らが掲げる“Altanative J-POP”を大いに感じられる1曲。マスタリングは引き続き、韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

“Altanative J-POP”掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRL。連続リリース3作目となるシングル「TAKE MY HAND」リリース!前作「OUT OF THE BLUE」に続き、今作も90’s~00’s HIP HOP/R&BをCANDYGIRLサウンドに昇華させた楽曲だ。浮遊感のあるビートとボイスサンプリング、英詞が似合うメロディーラインに乗せられた全編日本語のリリックワークで、霧の中ので手を取り合いながら歩む2人の心情描かれた今作は、と共に、聞く人をまるで遠い海へ漂っていくような感覚へいざなっていく。彼らが掲げる“Altanative J-POP”を大いに感じられる1曲。マスタリングは引き続き、韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

前作「EYE」のUKガラージのポップチューンから一転、ボイスサンプリングのスクラッチが印象的な、90’s~00’s HIP HOP/R&Bを連想させるスモーキーな楽曲だ。燻ったビート、空間を漂うシンセ、Voのferrryから生み出されたコラージュ的に構築されるリリックワークが、靄がかって揺らいだサウンドに漂う中に、あなたは何を思い、何をするのだろうか。マスタリングは引き続き、韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

前作「EYE」のUKガラージのポップチューンから一転、ボイスサンプリングのスクラッチが印象的な、90’s~00’s HIP HOP/R&Bを連想させるスモーキーな楽曲だ。燻ったビート、空間を漂うシンセ、Voのferrryから生み出されたコラージュ的に構築されるリリックワークが、靄がかって揺らいだサウンドに漂う中に、あなたは何を思い、何をするのだろうか。マスタリングは引き続き、韓国の821sound所属のKwon Nam Wooが手掛けている。

1 track
Pop

“Altanative J-POP”掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRL。2021年6月に活動の1つの到達点としてリリースした1st Album「“How is the Alt Universe?” 」から長きに渡る沈黙を破り、digital single「Eye」をリリースする。今作は「藍は片目」というフレーズから端を発した、ダンサブルなナンバー。UKガラージをポップチューンとして再構築したDetchらしいサウンドと、「あえて片目を閉じることで見えてくる人間の裏側」を表現したというferrryのリリックが、貴方の心の中のデジャブを見透かすかもしれない。

1 track
Pop

“Altanative J-POP”掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRL。2021年6月に活動の1つの到達点としてリリースした1st Album「“How is the Alt Universe?” 」から長きに渡る沈黙を破り、digital single「Eye」をリリースする。今作は「藍は片目」というフレーズから端を発した、ダンサブルなナンバー。UKガラージをポップチューンとして再構築したDetchらしいサウンドと、「あえて片目を閉じることで見えてくる人間の裏側」を表現したというferrryのリリックが、貴方の心の中のデジャブを見透かすかもしれない。

1 track
Pop

1 track
Pop

1 track
View More Discography Collapse

News

CANDYGIRL、ダンサブルなニューSG「kiss me」本日リリース

CANDYGIRL、ダンサブルなニューSG「kiss me」本日リリース

「Altanative J-POP」掲げる正体不明のユニット・CANDYGIRLが、ニューシングル「kiss me」をリリースした。 これまでもグランジやニュージャックスウィングなど、さまざまなジャンルを自身の楽曲に落とし込んで来た彼らだが、今作はロック

【連載コラム】AFAMooのCreative Life―第14回 “ニューアンビエント・ダンスチューン” CANDYGIRL「WATERFALL」

【連載コラム】AFAMooのCreative Life―第14回 “ニューアンビエント・ダンスチューン” CANDYGIRL「WATERFALL」

みなさんこんばんは。Uilouという2人組音楽ユニットでのアーティスト活動と並行して、OTOTOYでニュース記事を書いているAFAMoo(アファム)と申します。今回も毎週日曜日に更新中のSpotifyプレイリスト「Tokyo Dance Pop」に掲載し

CANDYGIRL、新曲“TAKE MY HAND”リリース

CANDYGIRL、新曲“TAKE MY HAND”リリース

CANDYGIRLが2023年6月14日(水)にニューシングル「TAKE MY HAND」をリリースした。 本作は、2000年代のHIP HOPやR&BをCANDYGIRLサウンドに昇華させた楽曲。浮遊感のあるビートとボイスサンプリングが特徴的な作品とな

CANDYGIRL、新曲“OUT OF THE BLUE”リリース

CANDYGIRL、新曲“OUT OF THE BLUE”リリース

CANDYGIRLが2023年5月10日(水)にニューシングル「OUT OF THE BLUE」をリリースした。 前作“EYE”のUKガラージのポップチューンから一転、ボイスサンプリングのスクラッチが印象的な、90年代のHIP HOPやR&Bを連想させる