album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Bright tone  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:34

Discography

ブラックミュージック、ダンスホールを基調とし変化を重ねてきたAKANE。 様々な楽曲を試したかったと言う前作AkaneAMGから3年、シングルとして作り溜めていた4曲をRe制作し、「 2022, Dancehall 」をコンセプトとしたEPをMagnum Recordsからドロップ。

4 tracks

ブラックミュージック、ダンスホールを基調とし変化を重ねてきたAKANE。 様々な楽曲を試したかったと言う前作AkaneAMGから3年、シングルとして作り溜めていた4曲をRe制作し、「 2022, Dancehall 」をコンセプトとしたEPをMagnum Recordsからドロップ。

4 tracks

クセになるビートとステップでリリースと共にSNSを騒がせているAKANE、DORA a.k.a Queen Dによるコラボレーション曲 "SLAY"。 クイーンオブレゲエ "PUSHIM"がRemix!

1 track

ブラックミュージックを基調に変幻自在に進化を続ける2人の女性アーティスト、AKANEとDORA a.k.a Queen Dによるコラボレーション曲「SLAY」。 クセになるループビートに乗り、クールにタフに世の中を歩き進んでゆく全ての女性に贈るオルタナティヴな1曲。

1 track

Akane 初音源・全オリジナル曲 ~胸に閉じ込めたその想いを、クリアな歌声とピアノにのせて~

3 tracks

Akane 初音源・全オリジナル曲 ~胸に閉じ込めたその想いを、クリアな歌声とピアノにのせて~

3 tracks

Rudebwoy FaceのHot GyalがギャリスのHot Gyal賛歌だとすれば、 AKANEのBcuz of YouはHot Gyalの真のAnswerと言えるだろう。 Rudebwoy Faceと同オケAKANEがTuneをDrop。その演出がとてつもなくdancehallっぽくて嬉しくなってしまう。Rudebwoy Faceのイントロの「Come Over」に対して簡単についていくのではなく、「Come to see me baby sooner sooner」…会いたかったら今すぐ来てよ、というサビ。「tea packよりT -back」のリリックサンプリング。 そして「一度はスルーして意地悪してみる im sorry」という彼女らしいnot easy感が心地良い。 「Bcuz of You」は言うまでもなくGyalサイドの意見なのだが、ただのAnswerではない。今までのAttitude高めなHot Gyal Anthemとは別モノなのである。 storyが展開されていくと、彼女の本音も見えてくる。「今夜のためにset up」という可愛らしい部分がチラリと垣間見え、実は「駆け引きの裏に隠れるもう一人」の彼女は「I dont wanna get hurt anymore」恋に臆病だったという真実。だけど「誰でもない君のせいで」今この恋に身を委ねているのではないだろうか。 魅力的でマニアックなHot Gyalたちにも、本当はこんな気持ちがあったりするかも…と思わせるあたり、普通じゃないな、ヤバいなと感じるし、やっぱりAKANEはnot easyなんだよなぁと思ってしまうのである。 Written By BadGyalMarie

1 track

1 track

Magnum Recordsから待望のAkane×Rude Bwoy Faceのコンビネーション曲がリリース。 「Asobitai」ではRueedと3人でクラブにおける楽しみ方だったり、「Slow WIne」ではフロアでの踊りと恋の駆け引きをAkaneが歌ったりと「現場」がテーマなことが多いMagnum Recordsの楽曲だが、今回は今までとは全く違う世界観…「Bed Room」がテーマな大人のダンスホールとなっている。 幻想的なトラックはMedz Musicとして今話題のGacha。更にMixにはUIMからトッププロデューサーAnju Braxxxを迎えただけあり、ジャマイカでヒットを飛ばしている彼等ならではの旬な上級ダンスホールに仕上がっている。 内容はBed Roomというだけあってセクシャルな言葉選びや情景にドキっとさせられる。でもそんな中に「癒し」だったり「ずっと求め続けていた」という言葉が隠れていて、実は”2人がやっと一緒になれた”という大人のラブソングなのだと気付かされる。なんだか雨の日に2人だけでBed Roomにいるような…そんなセクシーな密室感と大人の恋愛という演出がトラックと見事にハマっているのだ。 bed roomで繰り広げられる幻想的な大人のラブソング…これにはやられた。 ぶっちゃけ言わせてもらうと、だいぶ遊んできたな~というのが正直な感想。このコンビを待っていたのは私だけではないはずで、いくらでもポップにもしっとりした”売れ線”にも出来たはずなのにアーバンで尖った音で来ちゃうっていうね。でもって敢えてセクシーさを前面に出しつつ大人の恋愛を影のテーマにしてきちゃうっていうね。いや、そうゆうとこも含め好きです、Magnum Records。

1 track

全国のダンスホールギャルを躍らせたヒット曲「Rude Gyal」を手掛けたStarBwoyWorksとAkaneが再びタッグを組み新曲をドロップ! ダンスホール(クラブ)でのWine(踊り)をテーマにしつつも、男女の心の距離感を巧みに表現。ドラマチックかつ恋のはじまりを思わせる臨場感、もどかしさは前作のそれとは全く違った色を魅せてきている。全世界でヒット中のRihannaの「Work」をさり気なく折り込む遊び心も彼女ならでは。 「Baby Mi Nah Easy Beg Me Beg Me Bwoy 忘れられなくしてあげる」  要所に現れる彼女特有の”生意気な女子の乙女心”が見え隠れするのがなんとも可愛らしい、生新かつ大胆なダンスホールラブソング!

1 track

プロデューサーKilla Namiからシーンに一石を投じる問題作が遂にリリース!Killa Nami制作のリズムトラックに乗るのはMagnum Recordsが誇る三人(Rudebwoy Face,Rueed,Akane)に加えHipHop界からフリースタイルで名を馳せる今注目のPony,D.D.S,句潤を召喚してのマイクリレー、そしてKilla Namiがトークボックスを用いて自らフックを落とし込んだ渾身の楽曲!レゲエファンのみならず全ての音楽好きを唸らす!枠などないMusic On My Mind!

1 track
V.A.

2013年に大HITした国産DANCEHALL "Mammoth Riddim"が、Re-Master版として再登場! RUDEBWOY FACE, AKANE, TRIGA FINGA, KEN-Uなど、関東のアーティストを中心とした豪華One Way Album。

7 tracks
V.A.

2Riddim同時発売。Dancehallプロデューサー、StarBwoyWorksが送るデジタルOne Wayアルバム第8弾 God's Gift Riddim。 今年のHit Tune AKANE – Slow Wine と同トラックのOne Wayアルバム。同曲はiTunesチャート、各レゲエ配信サイトで,1位を獲得。今作も現場でかかるDancehallをテーマに掲げ、豪華な面子がStarBwoyWorksの元に集結。

5 tracks
V.A.

StarBwoyWorks が送るデジタルOne Wayアルバム第4弾。関東のアーティストに加え、関西のアーティストも参加したReal Japanese Dancehall。

11 tracks