How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Don't You Dare(Original version)  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 03:34 N/A
2
Don't You Dare(English version)  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 04:21 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Pop

この楽曲では、英語を控えめにし、日本語で直接的な言葉で感情を表現している。ソーシャルメディアの普及による心の疲れや孤立感をテーマに、ゆったりとしたピアノのメロディーと控えめながら印象的なエレクトリック・ギターが、聴く人々の心に寄り添う。「気力が湧かない日もあるが、未来は悪くない、信じて生きよう」というメッセージを伝え、かすかな希望を提供する。"ray.(光)”は、ライブ活動を続けながらも楽曲制作に力を入れており、その「声」と「エネルギー」で独特の安定感と壮大な世界感を表現していく。今後のさらなる活躍に期待したい。

1 track
Pop

この楽曲では、英語を控えめにし、日本語で直接的な言葉で感情を表現している。ソーシャルメディアの普及による心の疲れや孤立感をテーマに、ゆったりとしたピアノのメロディーと控えめながら印象的なエレクトリック・ギターが、聴く人々の心に寄り添う。「気力が湧かない日もあるが、未来は悪くない、信じて生きよう」というメッセージを伝え、かすかな希望を提供する。"ray.(光)”は、ライブ活動を続けながらも楽曲制作に力を入れており、その「声」と「エネルギー」で独特の安定感と壮大な世界感を表現していく。今後のさらなる活躍に期待したい。

1 track
Pop

春の訪れとともに始まる出会いと別れをテーマにしており、新たな恋が芽生える一方で、失恋から立ち直る様子を音楽で繊細に描き出している。アコースティックギターやピアノの優しい旋律が、淡い切なさとともに恋心を包み込み、リズムが加わることで感情が高まり、力強く歌い上げる。タイトルである「Spring Rain」が最後に「Spring Day」に変わることで、次なる季節の訪れとともに新たな一歩を踏み出すイメージが表現されている。

1 track
Pop

春の訪れとともに始まる出会いと別れをテーマにしており、新たな恋が芽生える一方で、失恋から立ち直る様子を音楽で繊細に描き出している。アコースティックギターやピアノの優しい旋律が、淡い切なさとともに恋心を包み込み、リズムが加わることで感情が高まり、力強く歌い上げる。タイトルである「Spring Rain」が最後に「Spring Day」に変わることで、次なる季節の訪れとともに新たな一歩を踏み出すイメージが表現されている。

1 track
Pop

ray.(光) の音楽は、いつもジャンル分けが不可能だ。画一化された現代社会にある人々が他人に貼りがちなラベルの外にある「自由」を常に歌っているという意味で完全な統一性を持っている。それは、ray.(光)にとって音楽というものが、自身がノンバイナリージェンダーであるが故に直視してこなくてはならなかった差別や偏見という現実に対抗しうる武器であると同時に、深いレベルの根源的な感情を解き放ってくれるray.(光) 自身のアイデンティティであるからに他ならない。日本語と英語を駆使し、J-POP でも洋楽でもない新しい感覚の音楽を発信している。

22 tracks
Pop

もう会うことが叶わなくなってしまった大切な人への言葉に出来ない想いをアコースティックサウンドにのせて歌い上げた叙情的なナンバーとなっており、歌詞に散りばめられた心象風景が聴く者の心に鮮明に浮かぶ。ストリングスが追加され、楽曲の厚みがさらに増し、温かさの中に哀愁を漂わせる。

1 track
Pop

ray.(光) シングル

1 track
Pop

ray.(光) シングル

2 tracks
Pop

本作『Whole Life』は大切な人との未来を見据え、暖かな幸福感に満ちた一曲となっている。Original version では「これからずっと一緒にいない?」「終わりの来ない未来を」等と大切な人へ、共に歩みたいという想いがしっとりとした優しいメロディーで表現されている。壮大なイントロとは対照的にサビでは夜の月を想起させ、穏やかで温かい風に包み込まれているかのように感じられる。English version はオーガニックなアコースティックサウンドでベースラインがこの曲の主軸となっており、ハイトーンで透き通る歌声に寄り添いながらも牽引していく。

2 tracks
Pop

新曲を発表するたびに新たな側面を見せ続け、未だ正体は明かされてないray.(光) 。ピアノのイントロ& ソロが美しく、「今、かけがえのない時間を一緒にいたい」と寄り添うようなメッセージで優しくありながらも力強く繊細に歌い上げている。音数を必要最低限まで減らしたことによってray.(光) の歌声や歌詞がストレートに伝わる楽曲となった。カップリングのEnglish version は対照的にアコースティックサウンドにコンスタントに入ってくるエレクトリックギターが洋楽っぽさのあるクールなロックに仕上がっている。

2 tracks
Pop

ray.(光) シングル

2 tracks
Pop

今作は柔らかく包み込むような歌声とエレクトリック・ピアノが優しさや暖かさを生み、この時期にぴったりの一曲となっている。サビでは今まで築いてきた友人関係が崩れてしまうなら、このまま友達でいてほしいと想う気持ちをray.(光) が淡く歌い上げる。English versionでは、アコースティックギターが主体となり、リズム良く刻まれるカッティングとアルペジオのリフレインが心地良く、オーガニックなエッセンスが加わっている。さらに「君を失いたくない」という溢れ出す感情が相まってやり場のない儚さと切なさが表現されており、今この新緑の季節にどこか瑞々しい風を感じるサウンドに仕上げている。

1 track
Pop

今作は柔らかく包み込むような歌声とエレクトリック・ピアノが優しさや暖かさを生み、この時期にぴったりの一曲となっている。サビでは今まで築いてきた友人関係が崩れてしまうなら、このまま友達でいてほしいと想う気持ちをray.(光) が淡く歌い上げる。English versionでは、アコースティックギターが主体となり、リズム良く刻まれるカッティングとアルペジオのリフレインが心地良く、オーガニックなエッセンスが加わっている。さらに「君を失いたくない」という溢れ出す感情が相まってやり場のない儚さと切なさが表現されており、今この新緑の季節にどこか瑞々しい風を感じるサウンドに仕上げている。

2 tracks
View More Discography Collapse
Collapse