artist image

渡邊崇

Discography

渋谷、新宿。二人は出会う。東京の片隅で、信じられるものを探しながら優しく生きようとする若い男女を描いた、最高密度の恋愛映画、誕生−−−−−!5月13日より新宿ヒ_カテ_リー、ユーロスヘ_ースにて先行公開、5月27日より全国公開される『映画 夜空はいつて_も最高密度の青色た_』のオリジナル・サウンドトラック。監督は、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や監督賞他、多くの賞を受賞した石井裕也。音楽は、『湯を沸かすほどの熱い愛』、『オケ老人!』、『帝一の國』など話題作の映画音楽を数多く手掛け、『舟を編む』では日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞した渡邊崇。石井裕也監督作品で音楽を担当するのは今作で5作品目となる。原作は、2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の累計27,000部の売上げを記録している、最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。最果タヒは、2008年に当時女性では最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞するなど、「いま最も新しい表現者」として注目されている詩人。そんな彼女の詩集が、誰も予想していなかったかたちで映画化、いま恋愛映画として生まれ変わる。ヒロインの美香に抜擢されたのは新人・石橋静河。看護師をしながら夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香を全身で演じきる。そんな美香と出会う慎二に池松壮亮。工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年を、稀有な存在感で演じる。また、慎二と同じ工事現場で働く仲間に、田中哲司と松田龍平。リアリティ溢れる演技で彼らの抱く苛立ちや切なさを見事に表現した。さらに『シン・ゴジラ』での演技で話題を集めた市川実日子や、佐藤玲、三浦貴大など、本作らしいフレッシュな顔ぶれが揃っている。空回りする言葉や死が溢れる都会の夜に、偶然に出会う美香と慎二。絶望と希望のはざまで、二人は少しずつ前へ進もうとする−−−−。2017年現在の東京を舞台に、孤独と希望を全く新しい言語で織り上げた、最高密度の恋愛映画が誕生した。『映画 夜空はいつて_も最高密度の青色た_』出演:石橋静河 池松壮亮/佐藤玲 三浦貴大 ポール・マグサリン/市川実日子/松田龍平/田中哲司監督・脚本:石井裕也(『舟を編む』)原作:最果タヒ(リトルモア刊「夜空はいつでも最高密度の青色だ」)エンディング曲:The Mirraz「NEW WORLD」製作:テレビ東京、東京テアトル、ポニーキャニオン、朝日新聞社、リトルモア配給:東京テアトル、リトルモアhttp://www.yozora-movie.com/5/13(土)より新宿ピカデリー・ユーロスペースにて先行公開5/27(土)より全国ロードショー
映画「ぼくたちの家族」オリジナル・サウンドトラック。第37回日本アカデミー賞最多6冠を始め、数々の賞に輝いた「舟を編む」の石井裕也監督の最新作。5月24日全国公開。原作:早見和真「ぼくたちの家族」(幻冬舎文庫) 監督・脚本:石井裕也  キャスト:妻夫木聡 原田美枝子 池松壮亮 長塚京三  若菜家は、息子2人、父と母の平凡な家族。だがある日、若菜家の母・玲子(原田美枝子)に「脳腫瘍」が見つかる。末期症状で、余命1週間の診断をされる。父(長塚京三)は取り乱し、長男の浩介(妻夫木聡)は言葉を失くし、次男の俊平(池松壮亮)は冷静を装う。やがて、“どこにでもいる家族”に潜んでいた秘密が表面化していく—。どうしたらいいか分からない、でも投げ出すことなんてできない。そして男たちは「悪あがき」を決意する—。 原作は、注目の新進作家・早見和真が、自身の体験をもとに書き上げた同名小説。「僕自身の話だ」と驚いたという石井裕也監督が脚本を書き上げ、「本気で家族というものに向き合いたかった」と語る通り、全力で真剣勝負を挑んだ渾身の一作。 
2012年本屋大賞第1位、文芸書年間ベストセラー第1位に輝いた小説「舟を編む」(三浦しをん著)待望の映画化!監督:石井裕也、主演:松田龍平、宮﨑あおい。2013年4月13日より丸の内ピカデリーほか全国ロードショーされるゴールデンウィーク期待の映画のオリジナル・サウンドトラック!
V.A.
超豪華キャスト 至極のミステリー映画「星ガ丘ワンダーランド」。音楽を手がけるのは日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞も受賞した鬼才、渡邊崇。美しくせつない音像で物語を包む。木村佳乃が歌唱する主題歌「雪明かり 星明かり」収録。
V.A.
明日も見えない異国の地で、そのチームは希望になった。フジテレビ開局55周年記念作品バンクーバーの朝日 オリジナルサウンドトラック音楽:渡邊 崇ボーナストラック「Take Me Out To The Ball Game」収録!(映画「バンクーバーの朝日」イメージ・ソング)歌:高畑充希[ 映画の解説 ]戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日本人野球チーム「バンクーバー朝日」。歴史の浪間に埋もれていた彼らの栄光と奇跡の記録を、映画『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞等を史上最年少で受賞した石井裕也監督が描く。〔 ストーリー 〕1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、遙か遠くカナダへと海を渡った。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは差別、過酷な肉体労働、貧困といった厳しい現実だった─そんな中、日本人街に一つの野球チームが生まれる。チームの名は「バンクーバー朝日」。夢も希望も持てなかった激動の時代。やがてチームは人々にとって、一条の光となっていく。彼らは何を信じ、何を求めて走り続けたのか。歴史の波間に埋もれていた“真実の物語”が今、ここに甦る─2014年12月20日(土)ロードショー[ スタッフ ]監督 : 石井裕也脚本 : 奥寺佐渡子音楽 : 渡邊 崇[ キャスト ]妻夫木聡  亀梨和也  勝地涼  上地雄輔  池松壮亮 / 佐藤浩市 他[ 音楽 ]渡邊 崇(わたなべ たかし)