artist image

日比谷カタン

広告デザイナーとして活躍する傍ら'01年に弾き語りによる活動を開始。情報過多な歌詞、多重人格な歌声、プログレッシヴかつポップで緻密なアレンジの楽曲、独創的なアコースティック・ギターを駆使し、噺家の如き洒脱なトークを交えたステージが評価される。第58回ベルリン国際映画祭新人作品賞「パークアンドラブホテル」音楽担当。Xbox360 RPG『ロストオデッセイ』OST「亡魂咆哮」でのラップ調語りも話題に。海外でも評価が高く、多数の欧州系ジャズ・フェスに出演、仏公演等でも成功を収めた。'08年からライブ&トークの自主企画「対話の可能性」を渋谷UPLINKで展開中。

People who bought this artist's album also bought

News

〈ポジティヴノイローゼ〉BLONDnewHALF、雨市、Zweigが追加出演、TTも発表

〈ポジティヴノイローゼ〉BLONDnewHALF、雨市、Zweigが追加出演、TTも発表

OOIOO、ヒカシュー、NETWORKS、日比谷カタン、folk enoughなど総勢30組以上が出演することで注目を集める関西発の新イベント、〈ポジティヴノイローゼ〉の追加出演者とタイムテーブルが発表された。 9月13日(土)・14日(日)・15日(月

関西新イヴェント〈ポジティヴノイローゼ〉にOOIOO、ヒカシュー、folk enoughら30組超集う

関西新イヴェント〈ポジティヴノイローゼ〉にOOIOO、ヒカシュー、folk enoughら30組超集う

総勢30組以上が出演する音楽イヴェント〈ポジティヴノイローゼ〉が9月13日(土)~15日(月・祝)の3日間にかけて難波ROCKETSで開催される。 同イヴェントはジャンルやシーン、世代や地域にとらわれないアーティストたちを融合することで、新しく生まれる面

曽我部、奇妙ら上野の弾き語りフェス〈パンダ音楽祭〉に出演

曽我部、奇妙ら上野の弾き語りフェス〈パンダ音楽祭〉に出演

11月25日(日)上野恩賜公演の水上音楽堂にて、弾き語りライヴ・フェスティヴァル〈パンダ音楽祭〉が開催される。 出演アーティストは、曽我部恵一、奇妙礼太郎、チャラン・ポ・ランタン、笹口騒音ハーモニカ、松尾よういちろう(井乃頭蓄音団)、MOROHA、日比

ZABADAK、25周年記念ライヴ・ファイナルをキネマ倶楽部にて開催

ZABADAK、25周年記念ライヴ・ファイナルをキネマ倶楽部にて開催

ZABADAKが活動25周年記念ライヴ・シリーズのファイナルを、5月26日(土)・27日(日)に東京キネマ倶楽部にて開催する。 1986年に3人組ユニットとしてデビューしたが、1993年以降は吉良知彦によるソロ・ユニットとして活動してきたZABAD

Articles

日比谷カタン『Bookmark of Katan Hiviya in April, 2010 〜はばかりからごめんなさい〜』 未発表音源収録のオトトイ限定セレクション! インタビュー by 佐々木健治

インタヴュー

日比谷カタン『Bookmark of Katan Hiviya in April, 2010 〜はばかりからごめんなさい〜』 未発表音源収録のオトトイ限定セレクション! インタビュー by 佐々木健治

という異端の音楽家が、現在までの音源と既存曲の再録音源を含む未発表音源をオトトイのためだけに自らセレクトした作品を発表する。実際の対話、コミュニケーションの可能性、そして困難と向き合った結果生み出されるという表現は、誰もが普段は見ないふりをするような場面で…