artist image

Luis Nanook

弾き語りのブルース・スタイルで各地でライヴ活動を続けていたシンガー・ソングライター佐立努は、2005年『凧の平地』(Airplane label)をリリース。現在は都内を中心にソロ・ライヴ活動を展開している。一方、畠山地平はミニマル・ドローンな音楽を基調にラップ・トップとエレキギターによるライヴ・リリースを展開。伊達伯欣とのユニット「opitope」としても知られる。2006年『minima moralia』(kranky(米))を皮切りにroom40(豪)、HomeNormal(英)、OwnRecords等各国のレーベルからリリースがある。2005年に2人は出会い、意気投合してLuis Nanookを開始する。空気を一変させるような存在感を放つ佐立の歌声と、ディープでアトモスフィリックな電子音を操る畠山のエレクトロニック・アンビエンスが混ざり合い、まったく新しいタイプのサイケデリック・フォーク・サウンドを奏でる。2010年にFlyrec.よりファースト・アルバム『Place』リリース。

Official site: http://www.flyrec.com/romero/

Discography

ルイス・ナヌークは、シンガー・ソングライター佐立努と、“Chihei Hatakeyama”として世界的に注目を集める電子音楽家、畠山地平による二人組ユニット。アコースティックでオーガニックな世界観が好評を博した1stアルバム『Place』から2年。美メロと流麗なコーラス・ワークといった「歌」を軸に、高揚感をもたらすエレクトロニック・サウンドはより深化を遂げ、ベースとドラムをはじめとするバンド・アンサンブルを大胆に導入することで、瑞々しくも躍動感のある肉体性を獲得。開放的で情感豊かな音楽性を開花させた。
ノスタルジックなアコースティック・ギターの響きに無限の微細なエレクトロニック・アンビエンスが彩りを添え、佐立の繊細だが強さを内包したハスキーな歌声は、おだやかにエモーショナルな洗練を呼び起こす…この、「歌」を軸にした至ってシンプルな構成要素にも関わらず、水面が返す乱反射のように移り変わる多様な表情を持った重層性こそが、ルイス・ナヌークの最大の魅力であると言える。形無きものに手を伸ばし、遠きものに思いを馳せる。果てしないものの美しさに魅入られた彼らと彼らが奏でるこの音楽は、特定の意味に収斂されることのない自由な拡がりを感じさせる。時間の移ろいを音楽に託して、このアルバムは一つの物語のように静かに展開していく。永遠に色褪せない記憶の情景を、無垢なソウルとメロウな情熱とで包み込んだ、傑作ブルース。'10年代の感受性を予見した最新型フォーク・サウンドの誕生である。

Related labels

News

フランスの人気音楽番組「A Take Away Show」プロデューサーを迎えたライブ&トークを西荻窪で開催

フランスの人気音楽番組「A Take Away Show」プロデューサーを迎えたライブ&トークを西荻窪で開催

フランスの音楽サイトblogotheque( http://www.blogotheque.net/ )の人気番組「A Take Away Show」プロデューサー・ミュージシャンであるHenri 'HenZ' d'ArmancourtとLuis N

静謐な空間を楽しむ教会ライヴが下北沢で開催

静謐な空間を楽しむ教会ライヴが下北沢で開催

下北沢にある富士見ヶ丘教会にて、12月1日(土)にライヴ・イベントが開催される。 このイベントに出演するのは、efuromio、くもりな+権藤知彦(anonymass, pupa)、佐立努(Luis Nanook)、小柳淳嗣、dadadubi+テクタッ

Articles

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

レヴュー

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

シンガー・ソングライターと電子音楽家のデュオLuis Nanookの新作がリリースシンガー・ソングライター佐立努と、“Chihei Hatakeyama”として世界的に注目を集める電子音楽家、畠山地平による2人組ユニットLuis Nanook。アコースティ…