3nd

プロフィール

速水(Gt)率いるNATSUMEN山本 (Ba)、pocketlife安西(Gt)、杏露虫 遠藤(Dr)様々なバンドで活躍中の4人が集結したボーカル不在のバンド。軽やか、かつ遊び心に満ち、引き寄せられるように体が自然と動き出す高揚感と、暖かく丸みのある独特の季節感や温度感を持ったサウンドが、3ndの持ち味であり最大の特徴である。インストバンドと言えば、轟音や冷涼な雰囲気を醸し出すポストロックと思われがちの昨今の中で、彼らの音はそれらと一線を引いている。

ディスコグラフィー

  • 3nd
    轟音の中のストーリー性、彼らの''今''は全てこの一枚に!!3nd、渾身の1st albumリリース!!ツイン・ギターとベースのメロディーがまるで計算しつくされたかの様に絡み合い、今の3ndを象徴するにふさわしいM-1、メロディアスなギター・フレーズが印象的な初期衝動的ナンバーのM-3など、こんなにストーリー性がありバラエティに富んだアルバムは今の3ndにしか作れないだろう。心に花を咲かせ、それをリスナーへ届ける旅、それが『world tour』である。どんどん加速していく3ndの今の音をまずは聴いて欲しい。
  • 3nd
    3nd結成当初に作られた人気ナンバー。若さ故に溢れ出てくるやり場のない「怒り」をGt.速水なりに表現した曲。初期衝動的な心情がもろに出ていて、聴くものの心を無条件にワシヅカミします。
  • 9mm Parabellum Bulletを始め様々なミュージシャンからリスペクトされ、確実に知名度をあげている【perfect piano lesson】と、新たにベーシストとして平泉(ex.杏露虫)が加入し、さらなる活動に火がついている【3nd】。その熱き盟友がそれぞれアルバムリリースを目前にしての勝負作をスプリットepとしてリリース!この音源には各アルバムから各1曲とアルバム未収録のそれぞれ1曲を収録。どちらのタイトルもガチンコの強力作品となっており、限定にしておくにはもったいないほどである。
  • 2008年8月に店舗限定でリリースされた残響レコード・コンピレーションから、新曲・未発表曲のみ配信開始!
  • 3nd
    これは単なる演奏の記録ではない。音楽の可能性を独自に追求した結果である。全編に散りばめられた印象的なフレーズ、音色が情景を映し出す。インストゥルメンタルの”新主流派”3ndのファースト・ミニ・アルバム。