Shusuke Inari

Discography

今日のおすすめカフェBGMメニュー!自宅での家事や、仕事からほっと一息コーヒーを飲みたいときに、ぴったりのおすすめカフェBGMをご提案!シリーズ第3弾となる今作では、「料理が楽しく、おいしくなるおしゃれなBGM」をテーマに、スタイリッシュなジャズやジャジーなグルーブたっぷりのChill Hopや癒しのアンビエント曲なども収録!自宅で料理するとき、食事をするとき、おしゃれなレストランの雰囲気のBGMでちょっといつも違う雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか?
ライヴ形式で繰り広げられる、臨場感たっぷりの優雅なジャズ・コンボ・サウンド。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シリーズ5作目となる今作はピアノ+フルート+ウッド・ベースというトリオ編成での作品。参加メンバーは"Piano Ballads"や"Aurora Piano Session"の他、今シリーズの1作目で色気あるプレイを魅せてくれたShusuke Inari(Pf)、"First Class Lounge"のボッサ作品等で柔らかながら攻めるフレージングを聴かせてくれたNaohiko Amatatsu(Fl)、"Surf Music Cafe"、"First Class Lounge"でグルーヴィーなリズムでクールさを演出していたSyouji Uno(B)。クールな4ビート・スウィングやさらりとしたラテン/ボッサからヒューマンなトーンに満ちたバラードまで様々なスタイルの楽曲を、現場巧者らしい余裕さと切れ味が合わさった大人のアンサンブル・サウンドを聴かせてくれるトリオ・ジャズ。柔らかで優しい音色とは裏腹な攻めたフレージングのフルートに特に注目!オススメは、リラクシンながらも熱さも秘めたブルースの1曲目、フルートが映えるラテンの2曲目、クールな4ビートの6曲目。ステージでの臨場感と大人の色気が彩られた優雅な旋律がたっぷり味わえるこの変則ピアノ・トリオ、BGMにするにはもったいない濃い内容のジャジー・サウンドが詰まったオススメ盤!Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Shusuke Inari Bass: Syouji Uno
ライヴ形式で繰り広げられる、臨場感たっぷりの優雅なジャズ・コンボ・サウンド。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シリーズ5作目となる今作はピアノ+フルート+ウッド・ベースというトリオ編成での作品。参加メンバーは"Piano Ballads"や"Aurora Piano Session"の他、今シリーズの1作目で色気あるプレイを魅せてくれたShusuke Inari(Pf)、"First Class Lounge"のボッサ作品等で柔らかながら攻めるフレージングを聴かせてくれたNaohiko Amatatsu(Fl)、"Surf Music Cafe"、"First Class Lounge"でグルーヴィーなリズムでクールさを演出していたSyouji Uno(B)。クールな4ビート・スウィングやさらりとしたラテン/ボッサからヒューマンなトーンに満ちたバラードまで様々なスタイルの楽曲を、現場巧者らしい余裕さと切れ味が合わさった大人のアンサンブル・サウンドを聴かせてくれるトリオ・ジャズ。柔らかで優しい音色とは裏腹な攻めたフレージングのフルートに特に注目!オススメは、リラクシンながらも熱さも秘めたブルースの1曲目、フルートが映えるラテンの2曲目、クールな4ビートの6曲目。ステージでの臨場感と大人の色気が彩られた優雅な旋律がたっぷり味わえるこの変則ピアノ・トリオ、BGMにするにはもったいない濃い内容のジャジー・サウンドが詰まったオススメ盤!Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Shusuke Inari Bass: Syouji Uno
“ジャズ・バーでのセッション”をイメージしたジャジーBGMの新シリーズ 良質な音質と充実した内容の作品で、各配信サイト、ハイレゾサイトにて多くのヒットを産み出しているレーベル“S2S”より、“隠れ家的バーでのジャズ・セッション”をテーマにした、少人数コンボでのセッション・スタイルの演奏をコンパイルした新シリーズが登場! 「Secret Bar Jazz Sessions -隠れ家バーのジャズBGM-Vol.1」は、“知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズ・セッション”がテーマ。同部屋での同時スタジオ録音によってよりステージに近い環境での演奏を、Bock49をはじめとしたハイ・クラスの機材を使用し高音質にて録音したもの。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。 今作はピアノ&ベースというデュオでの演奏。参加ミュージシャンは、First Class Loungeシリーズや「Aurora Piano Sessions~しっとり響く大人の贅沢ピアノ」等でしなやかで抜群のタッチとメロウで歌心溢れるフレーズを聴かせてくれたShusuke Inari氏(P)、同じくFirst Class Loungeシリーズ、「夜Cafe~A Quiet Night Moment~じっくり味わう大人のAcoustic BGM」等に参加しゆったりとしながらもドライブ感この上ないグルーヴでサウンドを支えたShigeki Umezawa氏(B)。メロディアスかつポップなフレージングが得意な両者だけあって、セッションといえども柔らかで滑らかな心地よい空間が展開されている。軽やかなタッチのInari氏と重めにグルーヴするUmezawa氏の相性もとても良い感じで、とても聴きやすいナチュラル・サウンドの作品になっている。オススメは、ポップな2曲目、グルーヴィー・ボッサな4曲目、ナイス・スウィングの7曲目、ブルージーな11曲目、バラードの13曲目。 まるで目の前で演奏しているようなリアルな音像と迫力あるセッションがたっぷり詰め込まれた全15曲。じっくり音を楽しむのも良し、お酒のお供にするのも良しの、充実内容のジャジーBGM・アルバム! Piano: Shusuke Inari Bass: Shigeki Umezawa
“ジャズ・バーでのセッション”をイメージしたジャジーBGMの新シリーズ 良質な音質と充実した内容の作品で、各配信サイト、ハイレゾサイトにて多くのヒットを産み出しているレーベル“S2S”より、“隠れ家的バーでのジャズ・セッション”をテーマにした、少人数コンボでのセッション・スタイルの演奏をコンパイルした新シリーズが登場! 「Secret Bar Jazz Sessions -隠れ家バーのジャズBGM-Vol.1」は、“知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズ・セッション”がテーマ。同部屋での同時スタジオ録音によってよりステージに近い環境での演奏を、Bock49をはじめとしたハイ・クラスの機材を使用し高音質にて録音したもの。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。 今作はピアノ&ベースというデュオでの演奏。参加ミュージシャンは、First Class Loungeシリーズや「Aurora Piano Sessions~しっとり響く大人の贅沢ピアノ」等でしなやかで抜群のタッチとメロウで歌心溢れるフレーズを聴かせてくれたShusuke Inari氏(P)、同じくFirst Class Loungeシリーズ、「夜Cafe~A Quiet Night Moment~じっくり味わう大人のAcoustic BGM」等に参加しゆったりとしながらもドライブ感この上ないグルーヴでサウンドを支えたShigeki Umezawa氏(B)。メロディアスかつポップなフレージングが得意な両者だけあって、セッションといえども柔らかで滑らかな心地よい空間が展開されている。軽やかなタッチのInari氏と重めにグルーヴするUmezawa氏の相性もとても良い感じで、とても聴きやすいナチュラル・サウンドの作品になっている。オススメは、ポップな2曲目、グルーヴィー・ボッサな4曲目、ナイス・スウィングの7曲目、ブルージーな11曲目、バラードの13曲目。 まるで目の前で演奏しているようなリアルな音像と迫力あるセッションがたっぷり詰め込まれた全15曲。じっくり音を楽しむのも良し、お酒のお供にするのも良しの、充実内容のジャジーBGM・アルバム! Piano: Shusuke Inari Bass: Shigeki Umezawa
V.A.
叙情派耽美系、北欧ピアノ・インスト・カヴァーの人気作の第2弾! ひんやりとした空気感と木の暖かさが同居した北欧独特の空気を、ピアノをベースに時折ウッド・ベースを織り交ぜ表現したピュア・アコースティック・サウンド、という前作から続くコンセプトにぴったりな美しいサウンドが全編を埋め尽くしたアルバム。氷のようにひんやりしたトーンのアルペジオ、人肌の温もりを感じる低音のタッチ、そして端正な北欧家具を思わせる暖かで豊かな色調のウッド・ベース。メロディアスでリリカルな音世界に引き込まれてしまう。収録曲もスティービー・ワンダー、ホイットニー・ヒューストン、ディズニー等の永遠の名曲からZeddやサム・スミスといった最近のヒット曲までを取り上げており飽きのこない選曲になっている。 ピアノ演奏はShusuke Inari、Rie Asakaの両氏。Inari氏は繊細なトーンが中心ながらも時折見せる力強いトーンとのダイナミクス、Asaka氏は女性らしい表情豊かで柔らかなタッチとフレーズがそれぞれの持ち味。決定的に違うダンパー・ペダルの使い方でもわかるように、それぞれのプレイ・スタイルを聴き比べるのもまた楽しい。 オススメ曲は、綺麗なアルペジオが印象的な2曲目、透明感溢れるサウンドの3曲目、メランコリック&グルーヴィーな5曲目。 透明でクール、そして耽美でウォームな北欧的サウンドと、美しく優しいピアノの響きがたっぷり味わえる、北欧系ピアノ・インスト・アルバムの決定版!
V.A.
叙情派耽美系、北欧ピアノ・インスト・カヴァーの人気作の第2弾! ひんやりとした空気感と木の暖かさが同居した北欧独特の空気を、ピアノをベースに時折ウッド・ベースを織り交ぜ表現したピュア・アコースティック・サウンド、という前作から続くコンセプトにぴったりな美しいサウンドが全編を埋め尽くしたアルバム。氷のようにひんやりしたトーンのアルペジオ、人肌の温もりを感じる低音のタッチ、そして端正な北欧家具を思わせる暖かで豊かな色調のウッド・ベース。メロディアスでリリカルな音世界に引き込まれてしまう。収録曲もスティービー・ワンダー、ホイットニー・ヒューストン、ディズニー等の永遠の名曲からZeddやサム・スミスといった最近のヒット曲までを取り上げており飽きのこない選曲になっている。 ピアノ演奏はShusuke Inari、Rie Asakaの両氏。Inari氏は繊細なトーンが中心ながらも時折見せる力強いトーンとのダイナミクス、Asaka氏は女性らしい表情豊かで柔らかなタッチとフレーズがそれぞれの持ち味。決定的に違うダンパー・ペダルの使い方でもわかるように、それぞれのプレイ・スタイルを聴き比べるのもまた楽しい。 オススメ曲は、綺麗なアルペジオが印象的な2曲目、透明感溢れるサウンドの3曲目、メランコリック&グルーヴィーな5曲目。 透明でクール、そして耽美でウォームな北欧的サウンドと、美しく優しいピアノの響きがたっぷり味わえる、北欧系ピアノ・インスト・アルバムの決定版!
V.A.
今日のおすすめカフェBGMメニュー!自宅での家事や、仕事からほっと一息コーヒーを飲みたいときに、ぴったりのおすすめカフェBGMをご提案!軽快でキャッチーなギタージャズから始まるのは、タイトルも「Café Music Menu」。トリオ編成のジャズから華麗なソロ曲まで、スタンダードカバーからオリジナルまで、全50曲を聞き流しても飽きることない選曲も◎です。雰囲気を感じつつ、場を邪魔しない、誰にもピッタリのカフェBGMメニューをお召し上がりください!!
V.A.
”オーロラのように冷たくて暖かい”、極上のピアノ・インスト・カヴァー集 「Piano Ballads」シリーズやミハウ・ソブコヴィアクの作品等のヒット作を排出するなど良質のピアノ作品で知られるS2Sより、北欧の叙情的かつ暖かな世界観を表現し人気を博したピアノ・インスト・カヴァー・アルバム「Aurora Piano Session」の第3弾が登場! ”ひんやりとした空気感と木の暖かさが同居した北欧独特の雰囲気を、ピアノにウッド・ベースを織り交ぜ表現したピュア・アコースティック・サウンド”というコンセプトの元、これまでと同様に大人びたクールさとハートフルな暖かさが同居した作品。前作に比べるとスピード感溢れる”大人カッコイイ”プレイが増え、ひんやりスリリングな冷たさとヒューマンな暖かさとの対比がよりはっきりし、作品としての純度がより増した印象の作品になっている。’50年代~’10年代までの幅広い名曲をピックアップした選曲と、奥行きと生々しさが両立させた立体的なピアノ・サウンドにも注目! ピアノ演奏は前作にも参加しているShusuke Inari氏(M-1、2、6、7)、今回初参加となるTamana Yaguchi氏(M−3、5、9)、そしてショパンのジャズ・カヴァー・アルバムで知られるミハウ・ソブコヴィアク氏(M−4、8、10)。各氏それぞれのピアノへのアプローチの違い、タッチの違いもぜひ楽しんで欲しい。 オススメはクールさと暖かさが程よく溶け合う1&4曲目、EDMの名曲が生まれ変わった3曲目、滑らかなフレージングの5曲目。 北欧の持つひんやりとした空気感と人間味溢れる暖かさをピアノで表現したこのアルバムは、ポップス・ファン、クラシック・ファン、ジャズ・ファン、ピアノ・ファン等幅広い方々にきっと楽しんでもらえるはず。オススメの極上ピアノ・アルバム!
V.A.
”オーロラのように冷たくて暖かい”、極上のピアノ・インスト・カヴァー集 「Piano Ballads」シリーズやミハウ・ソブコヴィアクの作品等のヒット作を排出するなど良質のピアノ作品で知られるS2Sより、北欧の叙情的かつ暖かな世界観を表現し人気を博したピアノ・インスト・カヴァー・アルバム「Aurora Piano Session」の第3弾が登場! ”ひんやりとした空気感と木の暖かさが同居した北欧独特の雰囲気を、ピアノにウッド・ベースを織り交ぜ表現したピュア・アコースティック・サウンド”というコンセプトの元、これまでと同様に大人びたクールさとハートフルな暖かさが同居した作品。前作に比べるとスピード感溢れる”大人カッコイイ”プレイが増え、ひんやりスリリングな冷たさとヒューマンな暖かさとの対比がよりはっきりし、作品としての純度がより増した印象の作品になっている。’50年代~’10年代までの幅広い名曲をピックアップした選曲と、奥行きと生々しさが両立させた立体的なピアノ・サウンドにも注目! ピアノ演奏は前作にも参加しているShusuke Inari氏(M-1、2、6、7)、今回初参加となるTamana Yaguchi氏(M−3、5、9)、そしてショパンのジャズ・カヴァー・アルバムで知られるミハウ・ソブコヴィアク氏(M−4、8、10)。各氏それぞれのピアノへのアプローチの違い、タッチの違いもぜひ楽しんで欲しい。 オススメはクールさと暖かさが程よく溶け合う1&4曲目、EDMの名曲が生まれ変わった3曲目、滑らかなフレージングの5曲目。 北欧の持つひんやりとした空気感と人間味溢れる暖かさをピアノで表現したこのアルバムは、ポップス・ファン、クラシック・ファン、ジャズ・ファン、ピアノ・ファン等幅広い方々にきっと楽しんでもらえるはず。オススメの極上ピアノ・アルバム!
V.A.
<選曲者プロフィール> うのしょうじ 北海道稚内生まれ。兄の影響で音楽に興味持ち、中学入学とともにベースを始め18才で上京。上京後さまざまなジャンルのアーティストのライブ、レコーディングに参加。2009年福岡のテーマパーク「スペースワールド」にバンドマスター兼ベーシストとして3年在籍。帰京後、渋谷「SARAVAH東京」、吉祥寺「BLACK&BLUE」を中心に様々なライブイベントのオーガナイズを手がける。現在、コントラバス、エレキベースを使い分けSSWのサポートをはじめジャンル不問の活動を展開中。 <選曲者コメント> 本作品で2枚目となりますわたしShouji Unoの選曲によるコンピレーションアルバム、今回は少しテンポアップして、ボサノバ、サンバ、スイングJazz、などなどコンピレーション自体に振り幅を持たせるため様々なジャンルと楽器編成で構成してみました。本アルバムのコンセプトは「初夏」となります。真っ青な空、乾いた空気、初夏の草いきれ、線路わきに咲きほこる色とりどりの紫陽花。真夏とはちょっと違うクールなテンポとリズムと雰囲気で。おうちで流しっぱなし、そして会話の邪魔にもならなく、軽快かつジャジーなテイストで穏やかでリラックス出来る時間に寄り添えるよう仕上げてみました。色彩感のある音楽をみなさまの良い1日と共にありますように。
V.A.
【選曲者コメント】これらの曲は、最初の雰囲気、最初の音、最初のハーモニー、つまりとにかく最初、というところを重点的に聴き選びました。イメージとしてはさわやかで落ち着く、お昼の木漏れ日の中で読書をするそんな場面を想像しながら選曲しました。ジャズのスタンダードの名曲ももちろんそれ以外も多くあり幅広くいろいろな曲が入っています。ハッピーで心が軽やかになるようなプレイリストです。
V.A.
【選曲者コメント】今回のテーマはおうちで楽しむジャズセッションなので、普段のセッションでも多く取り上げられるスタンダードを中心に全体的にテンポのある明るい雰囲気を大切に作成しました。1は普段のセッションやライブでも多く取り上げられる曲で勢いのあるオープニングらしい雰囲気、2~4にかけて徐々にリラックスしたムードになります。5~9はリラックスした雰囲気の中にテンポのある曲を入れるため、ピアノイントロの曲とデュオの演奏を混在させて雰囲気を壊さないようにしてみました。9でのエンディングが激しいので10.11はアップテンポの曲で、12からはまた徐々にリラックスした雰囲気へ向かいます。15では少し変わったスイングのリズムも楽しめます。16~22はリラックスした雰囲気の中に飽きを出さないようデュオやこれまでなかったボーカルなどを織り交ぜてます。ここまではテンポがゆっくりでしたが、23はアップテンポになっています。静かな場面から始まる曲なので違和感少なくなだらかに繋がっていると思います。24~29はアップテンポ中心ですが、速めのワルツやラテンビート風の曲を織り交ぜ単調にならないようにしています。30はエンディングらしくビックバンドで締めてみました。 【選曲者プロフィール】Shogo Hamada (濱田 省吾) 1993年山口県生まれ。2012年に国立音楽大学ジャズ専修へ入学、ドラムを高橋徹、神保彰、アンサンブルを小曽根真に師事。2014年夏に井上陽介のセッションへ参加したことからプロとしての活動を始める。第33回浅草ジャズコンテストにてグランプリを受賞。2015年ドラマーUlysses Owens Jrにレッスンを受け、大きな影響を受ける。2016年春に国立音楽大学を卒業。2017年ミスタードーナツのCM「夏のミスドは、大雪だ」、JR東海道・山陽新幹線のCM「スマートEX」の音楽に参加。2018年Seiko Summer Jazz Campに参加し、Quincy Davisに師事。2019年井上陽介9枚目となるニューアルバム「NEW STORIES」にも参加。現在は池田篤(as)、井上陽介(b)、植松孝夫(ts)、椎名豊(p)、中島朱葉(as)の各グループへレギュラーメンバーとして参加。その他にもこれまでに伊藤君子(vo)、大口純一郎(p)、大西順子(p)、岡崎好郎(tp)、片倉真由子(p)、辛島文雄(p)、小濱安浩(ts)、澤田一範(as)、鈴木央紹(ts)、山下洋輔(p)など数多くのセッションやライブに参加し精力的に活動している。また明海大学ジャズ部の講師として教育にも力を入れている。関東地方を中心にジャズドラマーとして活動を広げている。
V.A.
聴きごたえ満点のジャズナンバーを実力派のメンバーで お届けする「ゆったり聴きたいカフェBGM」シリーズ。「ゆったり聴きたいカフェBGM」は”上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM”というコンセプトのもと制作された企画盤だが、そこから派生したのが今作「First Class Lounge」シリーズだ。ラグジュアリーな空間にぴったりのナンバーが揃っている。今作「First Class Lounge ~ゆったり優雅なジャズピアノセレクション~」その名の通りファーストクラスをイメージさせる最高級の音楽。実力派のピアノと心地いいウッドベース、スウィングするドラムのバンドサウンドや美しいピアノソロをこころゆくまで楽しめる作品だ。オススメは 7曲目、ビートルズの『Michelle』 。まったく違ったアレンジでジャズの良さを感じてもらえるだろう。また、日本からも注目のピアニスト、Shusuke InariやRie Asakaの曲を収録。 最初から最後まで優雅な気分でピアノジャズを楽しめる作品です!
V.A.
聴きごたえ満点のジャズナンバーを実力派のメンバーで お届けする「ゆったり聴きたいカフェBGM」シリーズ。「ゆったり聴きたいカフェBGM」は”上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM”というコンセプトのもと制作された企画盤だが、そこから派生したのが今作「First Class Lounge」シリーズだ。ラグジュアリーな空間にぴったりのナンバーが揃っている。今作「First Class Lounge ~ゆったり優雅なジャズピアノセレクション~」その名の通りファーストクラスをイメージさせる最高級の音楽。実力派のピアノと心地いいウッドベース、スウィングするドラムのバンドサウンドや美しいピアノソロをこころゆくまで楽しめる作品だ。オススメは 7曲目、ビートルズの『Michelle』 。まったく違ったアレンジでジャズの良さを感じてもらえるだろう。また、日本からも注目のピアニスト、Shusuke InariやRie Asakaの曲を収録。 最初から最後まで優雅な気分でピアノジャズを楽しめる作品です!
V.A.
大人の色気漂うオシャレな夜の街を連想させるジャズセレクション。「うっとり聴かせる大人のジャズ」をテーマに、ジャズの定番曲カバーなどを中心に収録されている。ちょっと贅沢な夜の時間の演出にぜひとも役立ててほしい。オススメ曲は24.Moon River。映画『ティファニーで朝食を』では劇中でオードリー・ヘップバーンが歌っていたシーンを思い起させる。それぞれの夜に、聴きごたえのある聴かせる大人ジャズをお楽しみください。
V.A.
大人の色気漂うオシャレな夜の街を連想させるジャズセレクション。「うっとり聴かせる大人のジャズ」をテーマに、ジャズの定番曲カバーなどを中心に収録されている。ちょっと贅沢な夜の時間の演出にぜひとも役立ててほしい。オススメ曲は24.Moon River。映画『ティファニーで朝食を』では劇中でオードリー・ヘップバーンが歌っていたシーンを思い起させる。それぞれの夜に、聴きごたえのある聴かせる大人ジャズをお楽しみください。
V.A.
ゆったりした時間の流れを感じさせるジャズナンバーを収録したアルバム。生演奏を聴いているような臨場感溢れるピアノジャズを聴きながら、午後のアフタヌーンティーは癒しの空間。今作「ゆったり聴きたいカフェBGM ~ Relaxing Piano Jazz Cafe Style」ではポップスナンバーとオリジナルナンバーをCafe lounge jazzバージョンにアレンジしているため、ジャズに馴染みのない方でもどこかで耳にしたことのある曲があるはず。オススメは、13.Saving All My Love For You、14.Tears In Heavenで、自由に動くメロディに身も心も委ね、ホッと一息つくにはぴったり。 コーヒー片手にゆっくりとした時間に導いてくれる、そんなカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。
View More Discography Collapse
Collapse

Related labels