Nitai Hershkovits

Jazz/World

Discography

Jazz/World
ベーシスト、アヴィシャイ・コーエンのバンドで活動、ビートメイカー、リジョイサーとの共演などジャンルを超えた様々な活動をするニタイ・ハーシュコヴィッツ初のピアノトリオ作品。 一貫した美しく感動的な世界観が表現され、慈愛深い美しいメロディーが印象的な幽玄のワルツ①、イスラエル特有の美しいハーモニーと複雑なリズムが折り重なっていく④、メロウなグルーヴ⑦などジャズと心地よいエレクトロニクスが混ざり合い夢見心地なサウンドを造り上げたニタイ・ハーシュコヴィッツ・トリオのレモン・ザ・ムーンが完成。
Jazz/World
ベーシスト、アヴィシャイ・コーエンのバンドで活動、ビートメイカー、リジョイサーとの共演などジャンルを超えた様々な活動をするニタイ・ハーシュコヴィッツ初のピアノトリオ作品。 一貫した美しく感動的な世界観が表現され、慈愛深い美しいメロディーが印象的な幽玄のワルツ①、イスラエル特有の美しいハーモニーと複雑なリズムが折り重なっていく④、メロウなグルーヴ⑦などジャズと心地よいエレクトロニクスが混ざり合い夢見心地なサウンドを造り上げたニタイ・ハーシュコヴィッツ・トリオのレモン・ザ・ムーンが完成。
Jazz/World
哀愁漂う儚くも美しいピアノの旋律。シンプルで美しいソロ・ピアノ・アルバム。 注目を集める若き天才ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツの新作が日本先行リリース。共同プロデューサーにレジョイサーを迎えイスラエルをルーツに自身の内面を投影した優しく静寂な音楽。 クラシカルな響きのコンポジション、ポール・マッカートニーのカバーなど美メロナンバーが続き次から次に溢れ出るエモーショナルな旋律と透明感溢れるサウンドが絡むアルバム。アヴィシャイ・コーエンのバンドに加入したきっかけで彼の演奏が広く知られるより3枚のアルバム「デュエンデ」、「アルマー」、「フロム・ダークネス」のレコーディングに参加。美しい旋律の叙情的なピアノは、ピアノファンには衝撃を与えました。2017年に発売されたデビュー・アルバムは共同プロデューサーにリジョイサーを迎え艶やかでシネマティックなサウンドを展開。「静かで繊細」な印象とは違った一面を披露しました。 静かなる熱い情熱が感じられる今作「ニュー・プレイス・オールウェイズ」はポーランドの湖畔にあるスタジオにて名器FAZIOLIのグランドピアノで録音。欧州らしい優雅な響きもしっかりと録音し空気感/音質も今作品の魅力です。繊細なタッチでメランコリックなムードを漂わせ描く様に音楽を奏でるニタイ・ハーシュコヴィッツのピアノは、キース・ジャレット、ティグラン、シャイ・マエストロとも比較される逸材。自身の名義での初来日ジャパンツアーも決まり2018年の注目ピアノアルバムとなること必至の作品が完成。
Jazz/World
哀愁漂う儚くも美しいピアノの旋律。シンプルで美しいソロ・ピアノ・アルバム。 注目を集める若き天才ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツの新作が日本先行リリース。共同プロデューサーにレジョイサーを迎えイスラエルをルーツに自身の内面を投影した優しく静寂な音楽。 クラシカルな響きのコンポジション、ポール・マッカートニーのカバーなど美メロナンバーが続き次から次に溢れ出るエモーショナルな旋律と透明感溢れるサウンドが絡むアルバム。アヴィシャイ・コーエンのバンドに加入したきっかけで彼の演奏が広く知られるより3枚のアルバム「デュエンデ」、「アルマー」、「フロム・ダークネス」のレコーディングに参加。美しい旋律の叙情的なピアノは、ピアノファンには衝撃を与えました。2017年に発売されたデビュー・アルバムは共同プロデューサーにリジョイサーを迎え艶やかでシネマティックなサウンドを展開。「静かで繊細」な印象とは違った一面を披露しました。 静かなる熱い情熱が感じられる今作「ニュー・プレイス・オールウェイズ」はポーランドの湖畔にあるスタジオにて名器FAZIOLIのグランドピアノで録音。欧州らしい優雅な響きもしっかりと録音し空気感/音質も今作品の魅力です。繊細なタッチでメランコリックなムードを漂わせ描く様に音楽を奏でるニタイ・ハーシュコヴィッツのピアノは、キース・ジャレット、ティグラン、シャイ・マエストロとも比較される逸材。自身の名義での初来日ジャパンツアーも決まり2018年の注目ピアノアルバムとなること必至の作品が完成。
Jazz/World
イスラエル出身、現在はニューヨークで活動するピアニスト。ニタイ・ハーシュコヴィッツの素晴らしいソロ・デビュー作。レジョイサーをプロデューサーに迎え、LAのシンガーGeorgia Anne Muldrowや現代ジャズ・ギターの皇帝、カート・ローゼンウィンケルもゲスト参加。ジョー・ザヴィヌルとザ・ルーツが、パット・メセニーがサンダーキャットと出会ったような、艶やかでシネマティック、ジャズxビート・ミュージックが心地よく、聴く人の心を躍らせるものがあります。 アヴィシャイ・コーエンのバンドにシャイ・マエストロの後釜として加入。デュオでレコーディングされた「デュエンデ〜聖霊」(12年)で注目をあび、「アルマー」(13年)、「フロム・ダークネス」(15年)の3作品に参加。ジャズピアニストとして予想を超える演奏内容の素晴らしさ、メランコリックなサウンドとハーモニーに魅了されました。現在は、ニューヨークにて活動するニタイが満を持してリリースするソロアルバムは、美しく繊細かつ力強くエキゾチックなサウンドにビート・ミュージック・シーンの鬼才プロデューサー、レジョイサーがスモーキーな雰囲気をビートを操り、ロマンティックでメロウなビートダウン・ジャズ〜ソウルの傑作に仕上がっています。推薦盤!