Kie Katagi

Discography

情熱的で、繊細な美しきピアノ・ミュージック。インストゥルメンタル・バンドjizueのピアニストとして活躍するKie Katagiのセカンド・リリース。2016年にリリースしたデビュー作「Serendipity」は、Schroeder-Headz、mabanuaら豪華ゲストが参加し現在もロングセールスを続けている。最新作「Synesthesia」では、自身のソロピアノ曲をはじめ、dCprG、CRCK/LCKSやceroのサポートでも活躍しているピアニスト小田朋美と共演した楽曲や、ベーシスト千葉広樹、ドラマー石若駿とトリオ編成にて録音した楽曲、アメリカ生まれのトラックメイカーAndy Nagashimaによるsigh cityのビートを使った楽曲、椎名林檎のカヴァー「丸の内サディスティック」も収録している。凛とした美しいメロディを確かな演奏技術で奏でる、ピアノを主体とした楽曲を中心に、ジャズ、クラシック、コンテンポラリー、ミニマル、ニューエイジ、ハウスなどの様々な要素を取り入れた内容となっている。アートワークは、前作に続き、世界でライブアートを展開するイラストレイターsilsilによるものとなっている。
情熱的で、繊細な美しきピアノ・ミュージック。 Schroeder-Headzと共に演奏した「Gold Fish」、現在活動休止中のOvallのメンバーmabanua、関口シンゴ、Shingo Suzukiがそれぞれプロデュースを担当した楽曲も収録。 オリジナル5曲に加え、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」(YEN TOWN BAND)、「Smile」(Charles Chaplin)のカヴァー2曲を含む全7曲入り【Kie Katagi】のデビュー作品『Serendipity』。 凛とした美しいメロディを確かな演奏技術で奏でる【Kie Katagi】によるピアノを中心に、ジャズ、クラシック、コンテンポラリー、ミニマル、ニューエイジ、ハウスなどの要素を取り入れ、通過させた「ピアノによるグッドミュージック集」。
情熱的で、繊細な美しきピアノ・ミュージック。 Schroeder-Headzと共に演奏した「Gold Fish」、現在活動休止中のOvallのメンバーmabanua、関口シンゴ、Shingo Suzukiがそれぞれプロデュースを担当した楽曲も収録。 オリジナル5曲に加え、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」(YEN TOWN BAND)、「Smile」(Charles Chaplin)のカヴァー2曲を含む全7曲入り【Kie Katagi】のデビュー作品『Serendipity』。 凛とした美しいメロディを確かな演奏技術で奏でる【Kie Katagi】によるピアノを中心に、ジャズ、クラシック、コンテンポラリー、ミニマル、ニューエイジ、ハウスなどの要素を取り入れ、通過させた「ピアノによるグッドミュージック集」。
Pop
UKO
約1年半ぶりのリリースとなる新作「ONE LOVE」は “色々な形ある愛”をコンセプトに、LUCKY TAPESのKai Takahashiや韻シストのBASIなど、ゆかりあるアーティストと共に一から織り成した渾身の一作となっている。

Related labels

News

jizueのピアニストKie Katagi、凄腕ミュージシャン参加の「Synesthesia」3/20にリリース決定

jizueのピアニストKie Katagi、凄腕ミュージシャン参加の「Synesthesia」3/20にリリース決定

情熱的で、繊細な美しきピアノ・ミュージック。 インストゥルメンタル・バンドjizueのピアニストとして活躍するKie Katagiのセカンド・リリースが決定した。 2016年にリリースしたデビュー作「Serendipity」は、Schroeder-Hea