勝井祐二

Artist Profile

ヴァイオリン演奏家。

80年代から様々なユニット、セッションを通じて日本の音楽シーンの裏街道(アンダーグラウンド)を歩む。

1989 年「渋さ知らズ」にオリジナルメンバーとして参加。1991年「1991-1992 JAPAN-UK FESTIVAL」の中心展示「VISIONS of JAPAN」のサウンドディレクターを務め、渡英。当時のレイヴ・カルチャーに触れ衝撃を受ける。帰国後、アンダーグラウンド・レイヴパーティー「WATER」を始める傍ら、映画、演劇、舞踏の音楽を数多く担当。1993年にはインディペンデントレーベル「まぼろしの世界」を主宰するなどして、 90年代の東京のジャンル越境(オルタネイティヴ)シーンを牽引した。

1996年山本精一(ボアダムス、想い出波止場)とROVO結成。ROVO主宰のイヴェントMAN DRIVE TRANCEや、FUJI ROCK FESTIVAL を初めとする野外フェスティヴァルへの数多くの参加を通じて、DJカルチャー/クラブシーンとライヴシーンをクロスする新たなシーンのフロントに立つ。

ROVO、BONDAGE FRUIT、渋さ知らズ、カルメンマキ and サラマンドラ、PERE-FURU、等多数のバンドでプロデュース、ヴァイオリンを担当。

(近況) 02 年 ROVOで、ライジングサン・ロックフェスティヴァル、武蔵祭、朝霧ジャム、渋さ知らズでは、メールス・ジャズフェスティヴァル、グラストンベリー・ロックフェスティヴァル、フジロック・フェスティヴァル、山本精一とのデュオでトゥルーピープルズ・セレブレーション、勝井祐二ソロとして、原美術館に於いての「サウンドガーデン」、金沢21世紀美術館プレイヴェントのアートフォーラムシリーズ「疑いの実験室」等のフェスティヴァルに参加した。 2003年にかけてUAの全国ツアー「空の小屋」に参加。 03年 ROVO、渋さ知らズオーケストラ、UAでフジロックフェスティヴァルに、カルメンマキ and サラマンドラでライジングサン・ロックフェスティヴァルに参加。 エレクトリック・ヴァイオリンの即興演奏のソロアルバム「ヴァイオリンソロ」を発表。 04年 ROVOでメールス・フェスティバル出演を皮切りにヨーロッパ/アメリカツアー。帰国後、京大西武講堂に於けるP-Hour02、ライジングサン・ロックフェッスティバル、METAMORPHOSE、朝霧ジャムなどのフェスティバルでライヴ。アルゼンチン音響派の中心ギタリスト、フェルナンド・カブサッキのアルバム「KIRIE」をプロデュース。

http://www.katsuiyuji.com/main.html

公式サイト: http://www.katsuiyuji.com/

People who bought this artist's album also bought

News

フェルナンド・カブサッキ、ジャパン・ツアー開催

フェルナンド・カブサッキ、ジャパン・ツアー開催

アルゼンチン音響派の最重要ギタリスト、フェルナンド・カブサッキの来日ツアーがおこなわれる。 2002年にファナ・モリーナのサポート・ギターとして初来日したフェルナンド・カブサッキ。 その後、日本の様々なアーティストとの交流を深め、山本精一や勝井祐二をはじ

PIKA☆初スタジオAL『龍の棲家』発売、レコ発にテンテンコら参戦

PIKA☆初スタジオAL『龍の棲家』発売、レコ発にテンテンコら参戦

PIKA☆(ex.あふりらんぽ)が初のスタジオレコーディング・アルバム『龍の棲家』を12月11日に発売、年明けにはレコ発ツアーも決定した。 2010年の「あふりらんぽ」解散以降、「ムーン♀ママ」などで音楽活動を続けるとともに、太陽大感謝祭などのイベントを

元あふりらんぽオニこと佐伯真有美、大阪CONPASSにて秋祭り開催

元あふりらんぽオニこと佐伯真有美、大阪CONPASSにて秋祭り開催

2人組ロック・バンドあふりらんぽの元メンバー、オニこと佐伯真有美が9月23日(火・祝)に大阪CONPASSにて秋祭り〈オニちゃんちゃうで!まゆみちゃんやで!☆祭〉を開催することが発表された。 昨年、「オニ」から「佐伯真有美」に改名し2年ぶりの東京ライヴ

あの伝説のカルチャー雑誌『EATER』が復活

あの伝説のカルチャー雑誌『EATER』が復活

1978年に巻起こった日本のパンクロック・ムーブメント「東京ロッカーズ」の始めから、カメラマン、マネージャー、イベンターなどの立場でシーンと深くかかわり、1980年には、リザードやゼルダを中心としたインディーズ・レーベル「ジャンク・コネクション」に参加

下北沢440恒例ランチ・ライヴで勝井祐二×U-zhaan×環ROYが共演

下北沢440恒例ランチ・ライヴで勝井祐二×U-zhaan×環ROYが共演

下北沢のライヴスペース440にて日曜日の日中おこなわれる、ROVOの勝井祐二がホスト役を務めるライヴ・イベント〈ランチ・ライヴ〉。 夏休み真っ最中の8月11日日曜日に開催されるのは、勝井祐二×U-zhaan×環ROYのトリオでのライヴ。女性ボーカルを招

話題のイベント〈Dr.SounD 〜DSD聴き比べ実験室〜〉に“生徒代表”ちゃんもも◎の出演が決定

話題のイベント〈Dr.SounD 〜DSD聴き比べ実験室〜〉に“生徒代表”ちゃんもも◎の出演が決定

5月22日(水)に阿佐ヶ谷LOFT Aで開催される話題のDSD聴き比べイベント、〈Dr.SounD 〜DSD聴き比べ実験室〜 「勝井祐二×U-zhaanを聴く! おいしいご飯とすごい音」〉に生徒代表としてちゃんもも◎の出演が決定。また、OTOTOY T

View More News Collapse
勝井祐二とU-zhaanが坂本美雨を迎えて下北沢でランチライヴを開催

勝井祐二とU-zhaanが坂本美雨を迎えて下北沢でランチライヴを開催

勝井祐二とU-zhaanのコンビが下北沢440でおこなう即興ランチライヴが坂本美雨を迎えて開催される。 このライヴは、下北沢駅南口から徒歩5分程に位置するカフェ・バー&ライヴ・スペースの440(four forty)を舞台に日曜日の日中おこなわれる、

客席とステージを逆転させた劇場型ライヴに大友良英、勝井祐二、テニスコーツら

客席とステージを逆転させた劇場型ライヴに大友良英、勝井祐二、テニスコーツら

大友良英とSachiko Mによるユニット「Filament」を中心に、総勢10人の音楽家たちが参加する劇場型ライヴ〈Filaments Orchestra〉が、3月10日(日)の世田谷パブリックシアターで開催される。 この公演に参加するのは、大友良英

勝井祐二、トリオ編成で投げ銭制のカフェ・ライヴ開催

勝井祐二、トリオ編成で投げ銭制のカフェ・ライヴ開催

勝井祐二、U-zhaan、パール・アレキサンダーによるトリオが、祖師ヶ谷大蔵のカフェ「ムリウイ」で12月27日(木)にライヴを行う。 今年も様々な場所でタッグを組んできた勝井とU-zhaanだが、今回は日本で活躍する女性コントラバス・プレイヤー、パール

「別冊 少年チャンピオン」にROVO勝井、山本のインタビュー掲載中! 聞き手は掟ポルシェ

「別冊 少年チャンピオン」にROVO勝井、山本のインタビュー掲載中! 聞き手は掟ポルシェ

昨日発売された「別冊 少年チャンピオン」の12月号に、ROVOの主要メンバー、勝井祐二と山本精一のインタビューが掲載されている。 このインタビューの聞き手を務めているのは掟ポルシェ。「お客さんが来なくなる音楽を発展させたのがROVO」といった話から、勝

勝井祐二×パードン×勅使河原が即興セッション、オオルタイチらのライヴも

勝井祐二×パードン×勅使河原が即興セッション、オオルタイチらのライヴも

ライヴ・イヴェント〈SOUND LIGHT SEA LIGHT 01〉が8月25日(土)に東京・幡ヶ谷FORESTLIMITにて開催される。 同イヴェントでは、勝井祐二、パードン木村、勅使河原一雅の3人が即興のセッションを披露。そして、オオルタイ

Collapse