ヲノサトルの初ソロ・ライヴを高音質で!

現代音楽や即興演奏からエレクトロ・ポップまで、幅広い作風を持つ音楽家のヲノサトルが、今年9月に行ったライヴの模様を高音質でリリースします! 本作は、オリジナル曲からブラジル音楽やスタンダード・ナンバーまで演奏した、ヲノサトル初のピアノ・ソロ公演を収録したもの。夕暮れが夜の暗闇に変わる直前、空が美しく青い光に包まれる「ブルーモーメント」の時間を、静謐なピアノ演奏で表現。アルバムを購入された方には特典として、ライヴで行われた照明家・東海林弘靖との対談、エッセイ、光の風景写真などを収録した17頁のPDFパンフレット(アートディレクション : 菊地敦己)をプレゼント!

ヲノサトル / ブルーモーメント・ライヴ

1. ノクターン / 2. ヴァカンス / 3. いつもの場所 / 4. ルック・トゥ・ザ・スカイ / 5. 書斎 / 6. ブルー・モーメント / 7. 「てぃんさぐの花」による即興 / 8. ラ・ジュテ / 9. 海 / 10. この素晴らしき世界 / 11. サイレンス・トゥ・グッドバイ

★アルバム購入特典として、ライヴで行われた照明家・東海林弘靖との対談、エッセイ、光の風景写真などを収録した17頁のPDFパンフレット(アートディレクション:菊地敦己)をプレゼント!

録音日時 : 2011年9月17日
録音場所 : 東京・workshop lounge SEED SHIP
演奏 : ヲノサトル(ピアノ)
録音 : 江夏正晃(marimoRECORDS)
演奏時間 : 44分12秒
リリース : 2011年11月2日

【価格】
HQD : 単曲 200円 / アルバム 2000円
mp3 : 単曲 150円 / アルバム 1500円

沈黙の美の復権

快楽の森へ誘われる夜。あなたはそんな夜に果てることのない夢想を巡らしながら、ブルーモーメント――地平線の彼方に沈んだ太陽が夕暮れの空を照らし、その光が大気圏に反射するとき、赤、オレンジなどの長い波長の光が吸収され、残った「青い光」が地表に降り注ぎ、周りの空一帯が荘厳な景色に包まれていく現象――の目撃者となり、その美しさに我を忘れて無言になる。そして一日のロマンティックな時間の始まりを静かに歓迎する。至福の夜の前に現れる、そんな時が止まってしまったような時間を彩る音の空間を表現した作品が、現代音楽からポップ・ミュージックまでの広範な活動を通して“現在形のムード音楽”を追求している、ヲノサトル初のピアノ・ソロ・ライヴ・アルバム、『ブルーモーメント・ライヴ』である。このアルバムには、9月17日に下北沢 SEED SHIPにおいて、ブルーモーメントという清浄で崇高な雰囲気をピアノのみで表現するというテーマのもと行われたライヴが収録されている。

このアルバムで登場する楽器はピアノのみである。ヲノはそのピアノの鍵盤上での十指の運動とともに、ブルーモーメントという時間・空間を創出していく。始まりの「ノクターン」には緊張感が漂い、その中でヲノは自らの手の動きで静寂の音を奏で始める。そのピンと張り詰めた空気の中で、ピアノの音の波が脳内に徐々に響き渡り、空の青い光はその青さの色を次第に変え始める。

緊張の糸がときほぐれ始めた中盤、「書斎」後半部におけるメロディーの変化が一瞬の凄みを生む。ピアノの音色の美しさばかりに耽溺していたわれわれは、その瞬間的にかかるアクセントに興奮を覚えるだろう。そしてつかぬ間の興奮ののちには、リラックスしたくつろぎの時間があなたを待ち構えている。気づけば、あれだけ青かった空の色が暗くなり始め、夜の暗闇へと向かっている。そんな中での、まるで音が祈っているようにも聴こえる「海」からルイ・アームストロングの歌唱でも知られる「この素晴らしき世界」、クライマックスを飾る「サイレンス・トゥ・グッドバイ」の流れにおける耳の奥底へと放射される音像は、筆舌に尽くしがたいほど甘美で、そしてセクシーなのだ。われわれは漆黒の闇に包まれた空の片隅で、その美しい余韻とともに、夜にこそ訪れる心躍る時間を愉しむのである。

このアルバムを聴き終わったあとに思う。ヲノは、過去の遺物となってしまったかのような音の「沈黙」に対して極めて意識的なのではないか。つまり、ヲノがこのピアノ・ソロの『ブルーモーメント・ライヴ』において提示しているのは、沈黙の美しさの復権なのだ。消えた音の後と立ち現れる音の前に現出するわずかな沈黙。その状態をピアノだけを用いて表現することによって、その輪郭をより際立たせようとしている。

われわれの住む日本においてブルーモーメントを体験することができるのは天気の良かった日の日没の直後、わずか10分程度であるといわれている。ブルーモーメントという短時間しか現れない自然的な美を空に見上げながら、人間の心と身体の運動によって作り出される沈黙=人工的な美を作り出したこの作品を聴く。そういう静かな1日の始まりは実に素敵じゃないか! (text by 坂本哲哉)

RECOMMEND

ヲノサトル / ヲノサトル・ムードコア・ポッセ LIVE at 音楽実験室新世界 2011.08.06

2011年8月6日、ヲノサトルを中心に様々なジャンルから演奏家たちを召喚し、電子音響と異種交配することでロマンチックなイージー・リスニング音楽の過激なバージョン・アップを提案。オリジナル曲に加え、ジャズやラテン、映画音楽などのスタンダード・ナンバーも独自のロマンティズムでアレンジしてみせました。この録音は、ロック、ハウス、ブラジル音楽など全く異なる領域の個性派ミュージシャンを集めて行われた、スウィートでグルーヴィな真夏の夜の記録です。

菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール / エロス+虐殺 2011.02.19

2011年2月19日と20日、新宿文化センターで行われた「同一の呪法による二つの儀式~菊池成孔と菊池成孔によるダブルコンサート~」。19日には菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール、20日にはDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENが出演し、何とも贅沢な二夜が演出された。OTOTOYではこの二夜の模様を高音質DSDにて録音。菊地成孔率いるストレンジ・オーケストラ、ペぺ・トルメント・アスカラールの荘厳で不穏であまりにも耽美な空間を、奇妙に折り重なる不協和音を、生々しく再現します。

V.A. / 坂本龍一 NHK session

2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。

PROFILE

ヲノサトル

1987年日本現代音楽教会作曲新人賞を受賞し、現代音楽の作曲家として活動を開始。90年頃より電子楽器を用いた即興演奏活動を行い、その後ポップスの領域に活動を広げて、電子音響とラテン音楽の融合をテーマに『ビキニムーン』『エルニーニョ』などのソロCDを発表。95年から「経理のヲノさん」の名でユニット『明和電機』の音楽監督=足踏みオルガン奏者を務め、03年にラウンジ・バンド『ブラックベルベッツ』を結成するなど、様々な方法で”現在形のムード音楽”を追求。2011年9月にはダウンロード販売限定の新譜『ヲノサトル・ムードコア・ポッセ LIVE at 音楽実験室新世界』を発表。2011年10月にCD『舞踏組曲』をfill(www.fill-label.info)よりリリース。

o

 
 

"hqd"の最新アーカイヴ

tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!
[HQD]・2013年05月16日・ 作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ、エレクトロニック・アーティスト、TOMZUIN H。彼が1stアルバム『bird people』から実に9年振りに、長い沈黙を破っての新作『Ring』をリリースした。コンセプトは“長い音”。OTOTOYでは、24bit/48kHzの高音質音源で配信を開始するとともに、過去作の『bird people』を2週間限定で、全曲フリー配信! 繋がる長い音にこめられた壮大な物語と宇宙を楽曲として描き出した作品集をぜひお聴き下さい! >>>1st album『bird people』のフリーダウンロードはこちらから(〜5/30まで) 9年振りの新作を高音質で!TOMZUIN H / Ring'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,000円HQD 単曲 250円 / まとめ購入 1,300円【Track List】1. Helium Leak / 2. At An Angle Of 120 Degrees / 3. Invisible Rays / 4. Silver / 5. Visible Rays / 6
by 純三
HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!
[HQD]・2011年11月06日・ HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAのライヴ音源を配信開始! 高橋孝博のソロ・ユニット・DJとして始動し、活動10周年を迎えたHALFBYが、10月22日、代官山UNITで開催したニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』のプレ・リリース・パーティーでのライヴ音源を最高音質のDSDで配信スタート。HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAというバンド・セット名義で、ソロよりも一段とアグレッシブに進化したパーティ・サウンドを聞いてください。また、11月16日に発売する通算4枚目のニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』は、DIPLOやA-TRAKが提示する最新ダンス・ミュージックとリンクした、キャリア最高級の完成度。ご期待ください! HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRA / 『LIVE at UNIT 2011.10.22 -HALFBY 10th ANNIVERSARY-』【配信形態】1)DSD+mp3(320kbps)※約1.4GB2)HQD(24bit / 48kHz)※約6
by 坂本 哲哉
no.9『the history of the day』をHQDで配信スタート
[HQD]・2013年07月05日・ エレクトロニカにさまざまな要素を織り込み、日常の情景をやさしく表現するno.9が新作『The History of the Day』をリリース。15曲入りというヴォリュームたっぷりの1枚ですが、no.9の楽曲はリスナーを疲れさせることなど知らない、木漏れ日のようなやすらぎの音楽です。OTOTOYではHQD(24bit/48kHzのwav)で全曲を配信。是非とも高音質でお楽しみください。※本ページ上で、HQD(24bit/96kHzのwav)との表記がありましたが、正しくは、HQD(24bit/48kHzのwav)です。掲載情報に誤りがあったことを深くお詫び申し上げます。 no.9 / The History of the Day'【価格】※まとめ購入のみ mp3 / wav 1,800円【Track List】''1.inside outside / 2.The History of the day / 3.whisper of rain / 4.there / 5.small promise / 6.fairground spring #02 / 7.balance / 8.flat point /
ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー
[HQD]・2013年06月12日・ 新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート! 1週間先行で配信スタート!ホテルニュートーキョー / yes?'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円【Track List】''01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04.
by 渡辺 裕也
LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー
[HQD]・2013年06月05日・ 日本のインスト・ロック界の雄、LITEの新作が届きました!! 隙間を生かした繊細な音の積み重ね、1曲1曲がそれぞれ映像作品のように鮮やかで、ダイナミック。ポスト・ロック、エレクトロ二カ、ダブステップなど、あらゆるジャンルを越えて作品ごとに色を変え変化していくLITEのサウンドは、ひらめきが詰め込まれ、独自性を確立しています。OTOTOYではHQD音源も同時リリース!! LITEの音の広がりを、幅広いレンジでカヴァーしたハイレゾ音源の決定版です。ギタリスト、インスト好きは必読の、楽曲制作の裏側を覗いたインタヴューとともにお楽しみください。 LITE / Installation【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 220円 / まとめ購入 2,200円【Track List】1. Starry Morning / 2. Echolocation / 3. Hunger / 4. Alter Ego / 5. Between Us / 6. Bond / 7. Fog Up / 8. Starry Night / 9. Subaru /
sukida dramas、OTOTOY presents お腹が痛い vol.4で収録されたライヴ音源をリリース!!!
[CLOSEUP]・2013年05月30日・ 2013年5月6日、ゴールデンウィーク最終日を熱気120%のなかで締めくくった、OTOTOY presents「お腹が痛い vol.4」@渋谷O-nest! 出演した5組のなかで、若さ溢れるパフォーマンスと、ポップな楽曲で盛り上げたsukida dramas from NAGOYA CITY!! 実は、ライヴの模様をDSD録音していました!! ということで、OTOTOYでのフリー・ダウンロードが話題となった「ゴリラ」を含む4曲のライヴ音源をOTOTOY独占リリース!! じめじめした季節をすっ飛ばしてくれる、爽やかな音源をお楽しみください!! sukida dramas / LIVE at お腹が痛い vol.4'【配信形態】DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 800円HQD (24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 700円mp3 ver. 単曲 150円 / まとめ 600円【Track List】1. Teddy Boy / 2. Randoselu / 3. カーニバルがやってくる / 4. ゴリラ※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありま
『世武裕子 DSD recording sessions vol.2 JOY』リリース
[CLOSEUP]・2013年05月25日・ 東京でのワンマン・ライヴも含め、全国8カ所を巡る〈だいじょうぶ みらいのこどもツアー〉を終えたシンガー・ソングライターの世武裕子。映像音楽作家としても、楽曲提供という形で新たな活躍を見せる彼女のピアノ弾き語りを、DSDのネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスによって、生々しい音源に収めた『世武裕子 DSD recording sessions』の第二弾がついにリリースされる。 福生にあるピアノ・スタジオ「アルト・ノイ・アーティストサービス」で、Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2種類のピアノを使い、録音された。さらに、録音には世界に3台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアには奥田泰次(studio MSR)を迎えて、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行っている。 4月2日(火)に配信開始され、好評を博している第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』では、新曲「やもり」を2台のピアノで弾き比べた音源と、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」のカヴァーが収録されたが、第二弾となる今回、聴き
クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート
[CLOSEUP]・2013年05月23日・ 3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。カヴァーなのに、いや、カヴァーだからこそ見えてくる、クラムボンらしさが詰まった14曲を配信でリリース。さらに、その中から中森明菜のカヴァーである「DESIRE-情熱-」、Esbjörn Svensson Trioの「GOLDWRAP」など4曲をHQD(24bit/96kHzのwav)で配信いたします。みずみずしいサウンドをご堪能ください。 高音質HQD(24bit/96kHzのwav) Editionクラムボン / LOVER ALBUM 2(24bit/96kHz)'【価格】HQD(24bit/96kHzのwav) 単曲 400円 / まとめ購入 1,600円【Track List】''1. 呼び声 (24bit/96kHz) / 空気公団2. GOLDWRAP(24bit/96kHz) / e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio