L.E.D.のライヴ音源を独占配信開始!

ロック、ジャズ、エレクトロニカ、クラブ・ミュージックなど様々なジャンルを内包する音楽を奏でる7人組のシネマティック・インストゥルメンタル・バンド、L.E.D. 。2011年4月にリリースされた原田郁子をゲストに迎えてのボーカル・トラック「I'll」(『elementum』収録)が多くの話題を集めた彼らのライヴを、高音質DSDで録音。この度配信開始いたします! 収録するのは2011年12月27日、渋谷WWWにて行われたライヴから未発表曲を含む全6曲。当日は漫画家、映像作家のタナカカツキ、そしてWEBディレクターであり、ダブ・バンド、negoのVJとしても活動するVJ mitchelとのダブルVJで映す色鮮やかな映像の中で演奏した彼ら。その非現実的なほどに美しい空間を、高音質音源とフォト・ブックレット(30ページ)で追体験してください。

L.E.D. / LIVE at SHIBUYA WWW 2011.12.27

【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD
★デジタル・フォト・ブックレット付き(30ページ)

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. aqua / 02. ventus / 03. Oriens / 04. countless / 05. ignis / 06. morning mist(未発表曲)

卓越したバンド・アンサンブルに裏打ちされた物語喚起力

L.E.D. が創り出す宇宙のような音空間には、映像を思い起させる力がある。そして、そこに映し出される情景には、生命力に満ち溢れた「人間の物語」が確かに存在する。昨年2011年12月27日、渋谷WWWにて行われた彼らの新作EP『Music For Cinemas e.p.』のリリース・パーティーの模様を収録したこのライヴ・アルバムから感じられるのは、7人の卓越したバンド・アンサンブルに裏打ちされた映像喚起力ならぬ物語喚起力。彼らが他のインストゥルメンタル・バンドと一線を画している点は、ここではないだろうか。そして、その物語を呼び起させる力を我々に与えることこそが、彼らにとっての「進化」なのではないだろうか。つまり、このライヴ・アルバムは彼らの「進化」の過程の一端を垣間見ることのできる貴重な音源なのだ。

photo by アカセユキ

昨年リリースされた『elementum』に収録されている楽曲が、本作の大部分を占めている。煌びやかなシンセと躍動感あふれるドラムが印象的な「aqua」、ジャズを下敷きにしたベース・ラインの上を、軽やかなギターとサックスが飛び跳ねる「ventus」は、それほど大胆なアレンジは加えられていないが、原曲のもつ強さを生かし我々を異次元の音世界へと誘ってくれる。そして、16分という時間を感じさせない、緻密に設計され、万華鏡のごとく彩りを変化させてゆく美しいミニマル・ジャム・セッション「ignis」。これら『elementum』からの曲を聴いていると、その楽曲の強度を改めて感じると同時に、その繊細かつ壮大なサウンド・スケープに酔いしれてしまう。

そして、新作EPに収録された「countless」、そして未発表曲である「morning mist」が、L.E.D.が新たな次元へと突入したことを告げる。即興的ともいえる不穏な音響を漂わせながら、まろやかなサックスに導かれるようにして、ノイズ・ギターが暴れ回る「countless」は、まるで劇的に幕切れをおろすスリリングなSF映画を観ているようでもある。また、「morning mist」におけるアンビエンスも感じさせるエモーショナルなサックスと力強い生ドラムのグルーヴの有機的な融合は、きっと静かな日曜の朝のひとときを彩ってくれるであろう。そう、この二曲には一層、物語喚起力の萌芽が感じ取れるのだ。なおかつ、この二曲は彼らのサウンド面における新機軸になる可能性を潜めている。

photo by アカセユキ

そして最後に付け加えておきたいのが、このライヴ・アルバムには30ページにも及ぶデジタル・フォト・ブックレットが付属されている。このライヴは漫画家/映像作家のタナカカツキ、新進気鋭のVJ mitchelの繊細かつ迫力のある映像世界とL.E.D.の織りなす壮大なサウンド・スケープが見事に共振し、会場を支配した。このブックレットと合わせて、このライヴ・アルバムを追体験し、新たな可能性を感じL.E.D.の新作を待ち焦がれていよう。(text by 坂本哲哉)

DISCOGRAPHY

INFORMATION

L.E.D. presents 『in the universe』
2012年3月4日(日) @渋谷 O-NEST
w / DUB SQUAD / Jimanica Band Set / NINGEN OK (6F Floor Live)
food / ゆるマクロビ屋台“naturemian”

NHK FM 『LIVE BEAT』
ON AIR : 2012年2月26日(日) 23:00~24:00

『頂 ITADAKI 2012』
2012年6月2、3日(土、日) @吉田公園(静岡県榛原郡吉田町)
w / EGO-WRAPPIN' / PUSHIM with HOME GROWN / THE SUNPAULO / cro-magnon / GOMA&The Jungle Rhythm Section / 渋さ知らズ オーケストラ ... and more
>>『頂』 official website

PROFILE

2000年に様々なフィールドでキャリアを有するメンバー7人により結成されたシネマティック・インスト・バンド。そのサウンドは、Jazz、FunkからHouse、Ambient、Minimal、Electronica、Krautrockまで様々な要素をバンド独自の有機的フィルターを通して解体、再構築。既存のインスト、ポスト・ロック勢とは明らかに一線を画す、映像を強くインスパイアさせる、まさにシネマティックなサウンド・スケープを展開している。結成当初から確かな演奏力と映像親和性により高い評価を受けているライヴは各地のフェスをはじめ、活動の幅を広げ続けている。また映像に重きをおくコンセプトによりアルバム・アートワーク、ライブVJ、PVなどの多くをマンガ家であり映像作家でもある異才、タナカカツキとコラボレーションも話題に。L.E.D.のサウンド・スケープと多幸感に溢れた映像のマッチングは必見。2011年バンド初のボーカル・トラックにクラムボンの原田郁子を迎えた楽曲『I'll』(アイル)を含む渾身のセカンド・アルバム『elementum』を発表。6月にはCalm、moshimossをリミキサーに迎え、remix限定アナログ盤をリリース。12月には新作epをリリース。10月には大型野外フェス「朝霧JAM」への出演も果たす。

>>L.E.D. official website

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実
筆者について
同じ筆者による他の記事