アレハンドロ・フラノフ ピアノ・ソロ作品2タイトル同時配信!!

「アルゼンチン音響派」の第一人者アレハンドロ・フラノフ。作品ごとに様々な表情を持ち、親指ピアノや電子楽器、ゴングやシタールなど多くの楽器を使用し、マルチ・プレイヤーならではの多彩な音色で楽しませてくれますが、なんと今回は全編ピアノ・ソロ!! また新作を記念し、廃盤となっているフラノフによる、2005年のピアノソロ作も再発です! はたして、音の魔術師アレハンドロは、ピアノでどんな世界をみせてくれるのでしょうか? OTOTOYでは2人のライターによるクロスレヴューで、この魅力的な作品をじっくり紹介します!

過去の紹介記事はこちら

『Yusuy』『Opsigno』紹介記事
アルゼンチン特集


ALEJANDRO FRANOV / Solo Piano

【配信価格】
WAV 単曲 200円 / アルバム購入 1,400円
mp3 単曲 150円 / アルバム購入 1,050円

【Track List】
01. Bulnes / 02. Impasiones / 03. Otamendi / 04. Para la mbira / 05. Beijing
06. El ombú / 07. Despedida / 08. Saquito de té

ALEJANDRO FRANOV / Melodia

【配信価格】
WAV 単曲 200円 / アルバム購入 2,000円
mp3 単曲 150円 / アルバム購入 1,785円

【Track List】
01. Rigen / 02. Huemules / 03. Siglos / 04. Dentro 05. Gatera 06. Súplica / 07. Luz de lux / 08. De Agua / 09. Mbira / 10. Muraya / 11. Opsigno / 12. Himno / 13. Bewbea / 14. Sauce / 15. Melodia / 16. Brawnies / 17. Beijing

音楽的な豊かさの背景には密やかなメロディーの調べがある(text by 坂本哲哉)

ギター、ベース、あるいはピアノのような基本的な楽器はもちろんであるが、シタールやタブラ、ムビラなど世界各地の民族楽器を自由に操り、それらを柔軟かつ繊細に多重録音・編集することによって我々を異国へと誘ってきたアルゼンチンの音楽家、アレハンドロ・フラノフ。そんな彼が新たに届けてくれた作品は『Solo Piano』。タイトルからもわかるように、この作品はピアノ・ソロ・アルバムであり、楽器はピアノしか使用されていない。だが、多種多様な楽器を駆使し、未知の異国を想像させるような音像を生み出してきた彼が楽器を制限して作った今作は、単に毛色が違う作品として認識されるだけなのだろうか? 私はむしろ、音数を制限することによって浮き彫りになったのは美しいメロディーのタペストリーとそれを追求する意志であるように思えてならないのだ。

静けさと叙情性を伴った甘美なメロディーは、アルバム全編を通して非常にゆっくりと変化していく。特に、アルバム中盤の「Beijing」から終盤の「Despedida」に至る道程は素晴らしく、フラノフの鍵盤上での十指の運動のしなやかさを想像出来るであろう。また、音量をグッと絞って部屋でこのアルバムを聴いていると、静かに変わり続ける穏やかなモチーフによって、時間感覚だけではなく、どこか空間感覚さえ失われて、空中に浮遊しているような感覚になる。そういう意味では、今作はフラノフによるアンビエント・ミュージックともいえる。さらに深読みするならば、2012年にリリースされた前作『Champaqui』でフィールド・レコーディング、シンセ、民族楽器によって生み出された幻想的なアンビエンスと手法は違えども、今作は地続きになっているということもできるのではないだろうか――と妄想は広がるが、やはり、メロディーの美しさとフラノフの独特の間がもたらす静寂さを堪能できるのがこのアルバムの魅力である。

そして、この筆舌に尽くしがたいほど美しい『Solo Piano』のリリースと同時に2005年にリリースされた『Melodia』が新たにリマスタリングを施され再発される。こちらも同じくピアノ・ソロ・アルバムであり、フラノフが感銘を受けたドビュッシーを思わせる規則的な律動にとらわれない曲やプリペアド・ピアノのような音色が打楽器的な響きをする曲などもあるが、特筆すべきは、個々の楽曲の持つ旋律の美しさ。『Solo Piano』と通して聴くことによって、フラノフの音楽的な豊かさの背景には密やかなメロディーの調べがあることを再確認できるであろう。

「アルゼンチン音響派」の重鎮による日常の営みとしての音楽(text by 青野慧志郎)

多彩な楽器を用いた一人多重録音による不思議音楽で、「アルゼンチン音響派」の重鎮として評価されるアレハンドロ・フラノフの新作は、そのタイトルが示すように、意外にもピアノ・ソロによる作品集である。本作では、フォークトロニカ、エスニック、アンビエント… そのいずれの要素を孕みつつも、何物にも束縛されない自由へと解き放たれた抽象的な音楽性からは一歩距離を置き、比較的明瞭で素朴なメロディーラインの曲を、しかもフラノフのピアノ演奏のみの一発録りで構成された楽曲には、意表を突かれることだろう。しかし、その音楽には、浮世離れした仙人とも天衣無縫の妖精とも喩えられる音楽家の、日常の営みの風景が映し出されているように思える。

フラノフの作品をいくつか振り返ってみると、たとえば『Digitaria』(2009)は、シタールやマリンバによってエキゾチックで芳香な色彩と、シンセや打ち込みのビートといった現代的なサウンドが混ざり合ったフォークトロニカといった趣で、オオルタイチが日本盤にコメントを寄せているのもうなずける。多くの曲ではメロディーの焦点が定まらず、アンサンブル全体が醸し出すアンビエンスに意識が集中されるが、そうした点が「アルゼンチン音響派」と称される所以であろう。かと思えば、翌年の『Aquagong』(2010)では、ロバート・ワイアットのような囁き声の歌でふらふらとたゆたってみせる。多彩な楽器が散らかったトラックも相まって、いい意味で自由奔放であり、デモ音源のような混沌をそのまま愛でる感性は、初期の二階堂和美(『また おとしましたよ』の頃)やテニスコーツとの共鳴を連想させる。そして、異例とも言える今回のピアノ・ソロである。オーヴァーダブもなく、ピアノのみで簡素に構成された本作は、アルゼンチン南部のアンデス地帯に位置するエル・ボルソンという町で、ピルトォリキトロンという山のパワーに触発されて制作されたという。

「さあ、好きなようにお弾きなさい」と楽器を一つ与えられれば、音楽家にとってはそれこそ素っ裸にされるようなものであるが、そうして姿を現した音楽には、フラノフの根幹を構成する要素が随所に潜んでいる。その一つが、ジャズである。たとえば、M1「Bulnes」は、曲そのものは、どこか不安定な平衡感覚を覚える、エリック・サティのような現代的なクラシック曲であるが、曲の構成としては「テーマ→テーマのコード進行上でのアドリブ・ソロ→テーマ」という典型的なジャズの形式を取っている。収録曲中最長の7分半に及ぶ、M7「Despedida」は、特にD♭のベース音を終止持続させた中間部はその多くが即興と思われる演奏で、キース・ジャレットの完全即興演奏を思わせる。また、M2「Impasiones」の前半部で歪なハーモニーとメロディーラインが執拗に繰り返される様子はセロニアス・モンクのようであり、後半部ではウォーキング・ベースが奏でられる。


ピアノ・ジャズ・トリオで達者な演奏を聴かせるフラノフ

ジャズは即興演奏という能力を与えてくれるが、即興で演奏できるということは、いつでも「今・ここ」の音楽を演奏できるということである。「音楽で呼吸する音楽家」であるフラノフには、ジャズの精神が確かに息づいており、日々次々と音楽を生み出し続けるフラノフの日常の営みとも呼べるものが、この作品からは垣間見える。なお、本作中随一の美しい旋律を持つ「Beijing」は、本作にあわせて再発されることとなったもう一つのピアノ・ソロ作『Melodia』(2005)からの再演であり、「Impasiones」の後半部分も同じく『Melodia』に収録されている「Gatera」の引用である。『Melodia』の収録曲はほとんどが2分前後であり、湧き出るままに小品たちを録音していったような作品で、本作とも印象がまったく異なるため、フラノフの自由奔放さに翻弄されるばかりなのであった。

(text by 青野慧志郎)

アレハンドロ・フラノフの作品はこちら

RECOMMEND

坂本龍一 / Coda (5.6MHz dsd+mp3)

『戦場のメリークリスマス』に収録された楽曲の中から、坂本龍一自身がピアノ一台で弾き直した楽曲を収録。オノセイゲンのリマスタリングで甦った美しい響き。

Ken Rhodes / Profile

アメリカ人ピアニスト、ケン・ローズが1974年にドイツでレコーディングした全曲強烈にドライヴする白熱のピアノ・トリオ作品。辛口ピアノファンはもちろんレア・グルーヴファンのハートを鷲掴みにする事間違いナシ!

Juana Molina / Wed 21

本作は演奏の全てをフアナが担当し、ブエノスアイレス郊外の彼女のスタジオで完全セルフ・プロデュースでレコーディングされた。繊細で浮遊感のあるエレクトロニック・サウンドが絡み合い、彼女の世界観にじっくりと浸ることが出来る

PROFILE

ALEJANDRO FRANOV
「アルゼンチン音響派」最重要人物の一人。ブエノス・アイレス在住。シタール、アコーディオン、キーボード、ギター、パーカッション、ボーカルと何でもこなすマルチ奏者。フアナ・モリーナのプロデュースや、モノ・フォンタナの作品にも参加、2007年にはフェルナンド・カブサッキらと来日、ROVOの勝井祐二、山本精一ら多数とコラボレート。その後、ネイチャーブリスより4枚の国内盤をリリースし、アルゼンチン音響派を定着させる。

アレフラブログ

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H