アレハンドロ・フラノフ ピアノ・ソロ作品2タイトル同時配信!!

「アルゼンチン音響派」の第一人者アレハンドロ・フラノフ。作品ごとに様々な表情を持ち、親指ピアノや電子楽器、ゴングやシタールなど多くの楽器を使用し、マルチ・プレイヤーならではの多彩な音色で楽しませてくれますが、なんと今回は全編ピアノ・ソロ!! また新作を記念し、廃盤となっているフラノフによる、2005年のピアノソロ作も再発です! はたして、音の魔術師アレハンドロは、ピアノでどんな世界をみせてくれるのでしょうか? OTOTOYでは2人のライターによるクロスレヴューで、この魅力的な作品をじっくり紹介します!

過去の紹介記事はこちら

『Yusuy』『Opsigno』紹介記事
アルゼンチン特集


ALEJANDRO FRANOV / Solo Piano

【配信価格】
WAV 単曲 200円 / アルバム購入 1,400円
mp3 単曲 150円 / アルバム購入 1,050円

【Track List】
01. Bulnes / 02. Impasiones / 03. Otamendi / 04. Para la mbira / 05. Beijing
06. El ombú / 07. Despedida / 08. Saquito de té

ALEJANDRO FRANOV / Melodia

【配信価格】
WAV 単曲 200円 / アルバム購入 2,000円
mp3 単曲 150円 / アルバム購入 1,785円

【Track List】
01. Rigen / 02. Huemules / 03. Siglos / 04. Dentro 05. Gatera 06. Súplica / 07. Luz de lux / 08. De Agua / 09. Mbira / 10. Muraya / 11. Opsigno / 12. Himno / 13. Bewbea / 14. Sauce / 15. Melodia / 16. Brawnies / 17. Beijing

音楽的な豊かさの背景には密やかなメロディーの調べがある(text by 坂本哲哉)

ギター、ベース、あるいはピアノのような基本的な楽器はもちろんであるが、シタールやタブラ、ムビラなど世界各地の民族楽器を自由に操り、それらを柔軟かつ繊細に多重録音・編集することによって我々を異国へと誘ってきたアルゼンチンの音楽家、アレハンドロ・フラノフ。そんな彼が新たに届けてくれた作品は『Solo Piano』。タイトルからもわかるように、この作品はピアノ・ソロ・アルバムであり、楽器はピアノしか使用されていない。だが、多種多様な楽器を駆使し、未知の異国を想像させるような音像を生み出してきた彼が楽器を制限して作った今作は、単に毛色が違う作品として認識されるだけなのだろうか? 私はむしろ、音数を制限することによって浮き彫りになったのは美しいメロディーのタペストリーとそれを追求する意志であるように思えてならないのだ。

静けさと叙情性を伴った甘美なメロディーは、アルバム全編を通して非常にゆっくりと変化していく。特に、アルバム中盤の「Beijing」から終盤の「Despedida」に至る道程は素晴らしく、フラノフの鍵盤上での十指の運動のしなやかさを想像出来るであろう。また、音量をグッと絞って部屋でこのアルバムを聴いていると、静かに変わり続ける穏やかなモチーフによって、時間感覚だけではなく、どこか空間感覚さえ失われて、空中に浮遊しているような感覚になる。そういう意味では、今作はフラノフによるアンビエント・ミュージックともいえる。さらに深読みするならば、2012年にリリースされた前作『Champaqui』でフィールド・レコーディング、シンセ、民族楽器によって生み出された幻想的なアンビエンスと手法は違えども、今作は地続きになっているということもできるのではないだろうか――と妄想は広がるが、やはり、メロディーの美しさとフラノフの独特の間がもたらす静寂さを堪能できるのがこのアルバムの魅力である。

そして、この筆舌に尽くしがたいほど美しい『Solo Piano』のリリースと同時に2005年にリリースされた『Melodia』が新たにリマスタリングを施され再発される。こちらも同じくピアノ・ソロ・アルバムであり、フラノフが感銘を受けたドビュッシーを思わせる規則的な律動にとらわれない曲やプリペアド・ピアノのような音色が打楽器的な響きをする曲などもあるが、特筆すべきは、個々の楽曲の持つ旋律の美しさ。『Solo Piano』と通して聴くことによって、フラノフの音楽的な豊かさの背景には密やかなメロディーの調べがあることを再確認できるであろう。

「アルゼンチン音響派」の重鎮による日常の営みとしての音楽(text by 青野慧志郎)

多彩な楽器を用いた一人多重録音による不思議音楽で、「アルゼンチン音響派」の重鎮として評価されるアレハンドロ・フラノフの新作は、そのタイトルが示すように、意外にもピアノ・ソロによる作品集である。本作では、フォークトロニカ、エスニック、アンビエント… そのいずれの要素を孕みつつも、何物にも束縛されない自由へと解き放たれた抽象的な音楽性からは一歩距離を置き、比較的明瞭で素朴なメロディーラインの曲を、しかもフラノフのピアノ演奏のみの一発録りで構成された楽曲には、意表を突かれることだろう。しかし、その音楽には、浮世離れした仙人とも天衣無縫の妖精とも喩えられる音楽家の、日常の営みの風景が映し出されているように思える。

フラノフの作品をいくつか振り返ってみると、たとえば『Digitaria』(2009)は、シタールやマリンバによってエキゾチックで芳香な色彩と、シンセや打ち込みのビートといった現代的なサウンドが混ざり合ったフォークトロニカといった趣で、オオルタイチが日本盤にコメントを寄せているのもうなずける。多くの曲ではメロディーの焦点が定まらず、アンサンブル全体が醸し出すアンビエンスに意識が集中されるが、そうした点が「アルゼンチン音響派」と称される所以であろう。かと思えば、翌年の『Aquagong』(2010)では、ロバート・ワイアットのような囁き声の歌でふらふらとたゆたってみせる。多彩な楽器が散らかったトラックも相まって、いい意味で自由奔放であり、デモ音源のような混沌をそのまま愛でる感性は、初期の二階堂和美(『また おとしましたよ』の頃)やテニスコーツとの共鳴を連想させる。そして、異例とも言える今回のピアノ・ソロである。オーヴァーダブもなく、ピアノのみで簡素に構成された本作は、アルゼンチン南部のアンデス地帯に位置するエル・ボルソンという町で、ピルトォリキトロンという山のパワーに触発されて制作されたという。

「さあ、好きなようにお弾きなさい」と楽器を一つ与えられれば、音楽家にとってはそれこそ素っ裸にされるようなものであるが、そうして姿を現した音楽には、フラノフの根幹を構成する要素が随所に潜んでいる。その一つが、ジャズである。たとえば、M1「Bulnes」は、曲そのものは、どこか不安定な平衡感覚を覚える、エリック・サティのような現代的なクラシック曲であるが、曲の構成としては「テーマ→テーマのコード進行上でのアドリブ・ソロ→テーマ」という典型的なジャズの形式を取っている。収録曲中最長の7分半に及ぶ、M7「Despedida」は、特にD♭のベース音を終止持続させた中間部はその多くが即興と思われる演奏で、キース・ジャレットの完全即興演奏を思わせる。また、M2「Impasiones」の前半部で歪なハーモニーとメロディーラインが執拗に繰り返される様子はセロニアス・モンクのようであり、後半部ではウォーキング・ベースが奏でられる。


ピアノ・ジャズ・トリオで達者な演奏を聴かせるフラノフ

ジャズは即興演奏という能力を与えてくれるが、即興で演奏できるということは、いつでも「今・ここ」の音楽を演奏できるということである。「音楽で呼吸する音楽家」であるフラノフには、ジャズの精神が確かに息づいており、日々次々と音楽を生み出し続けるフラノフの日常の営みとも呼べるものが、この作品からは垣間見える。なお、本作中随一の美しい旋律を持つ「Beijing」は、本作にあわせて再発されることとなったもう一つのピアノ・ソロ作『Melodia』(2005)からの再演であり、「Impasiones」の後半部分も同じく『Melodia』に収録されている「Gatera」の引用である。『Melodia』の収録曲はほとんどが2分前後であり、湧き出るままに小品たちを録音していったような作品で、本作とも印象がまったく異なるため、フラノフの自由奔放さに翻弄されるばかりなのであった。

(text by 青野慧志郎)

アレハンドロ・フラノフの作品はこちら

RECOMMEND

坂本龍一 / Coda (5.6MHz dsd+mp3)

『戦場のメリークリスマス』に収録された楽曲の中から、坂本龍一自身がピアノ一台で弾き直した楽曲を収録。オノセイゲンのリマスタリングで甦った美しい響き。

Ken Rhodes / Profile

アメリカ人ピアニスト、ケン・ローズが1974年にドイツでレコーディングした全曲強烈にドライヴする白熱のピアノ・トリオ作品。辛口ピアノファンはもちろんレア・グルーヴファンのハートを鷲掴みにする事間違いナシ!

Juana Molina / Wed 21

本作は演奏の全てをフアナが担当し、ブエノスアイレス郊外の彼女のスタジオで完全セルフ・プロデュースでレコーディングされた。繊細で浮遊感のあるエレクトロニック・サウンドが絡み合い、彼女の世界観にじっくりと浸ることが出来る

PROFILE

ALEJANDRO FRANOV
「アルゼンチン音響派」最重要人物の一人。ブエノス・アイレス在住。シタール、アコーディオン、キーボード、ギター、パーカッション、ボーカルと何でもこなすマルチ奏者。フアナ・モリーナのプロデュースや、モノ・フォンタナの作品にも参加、2007年にはフェルナンド・カブサッキらと来日、ROVOの勝井祐二、山本精一ら多数とコラボレート。その後、ネイチャーブリスより4枚の国内盤をリリースし、アルゼンチン音響派を定着させる。

アレフラブログ

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三