2004年にファースト・アルバム『フランツ・フェルディナンド』で世界中を踊らせたグラスゴー出身の4人組、フランツ・フェルディナンド。2009年にリリースされた前作『トゥナイト』以来、約4年振りにリリースされるのが、この『ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション』である。昨年1年間を通して、ホット・チップのアレキシス・テイラーとジョー・ゴダード、ノルウェー出身のDJ / プロデューサーであるトッド・テリエなどとともにレコーディングを行い、セルフ・プロデュースで今作は制作されたという。11月には来日公演も決定しているフランツ・フェルディナンド。この新作を聴いて、汗まみれになって踊る準備をしようではないか!


Franz Ferdinand / Right Thoughts, Right Words, Right Action(Deluxe Edition)

【配信価格】
WAV、mp3ともに 単曲 250円 / アルバム購入 1,800 円

【Track List】
01. Right Action / 02. Evil Eye / 03. Love Illumination / 04. Stand On The Horizon / Fresh Strawberries / 06. Bullet / 07. Treason! Animals / 08. The Universe Expanded / 09. Brief Encounters / 10. Goodbye Lovers & Friends / 11. Bullet (Live) / 12. No You Girls (Live) / 13. Evil Eye (Live) / 14. Fresh Strawberries (Live) / 15. Right Action (Live) / 16. Goodbye Lovers and Friends (Live) / 17. Can't Stop Feeling (Live) /18. Treason! Animals. (Live) / 19. Love and Destroy (Live) / 20. Do You Want To (Live) / 21. Ulysses (Live) / 22. Love Illumination (Live) / 23. Stand On The Horizon (Live)

※Track11〜23 キンクスのレイ・デイヴィス、デイヴ・デイヴィスを中心に設立され、アデル、アークティック・モンキーズ、ブラー、シン・リジィ、ビージーズ、エルビス・コステロ、ストーン・ローゼズ等が使用した事でも有名な、ロンドンの伝説的スタジオ「コンク・スタジオ」でのライヴ・ セッションを収録!

Franz Ferdinand / Right Thoughts, Right Words, Right Action


【配信価格】
WAV、mp3ともに 単曲 250円 / アルバム購入 1,500 円

【Track List】
01. Right Action / 02. Evil Eye / 03. Love Illumination / 04. Stand On The Horizon / Fresh Strawberries / 06. Bullet / 07. Treason! Animals / 08. The Universe Expanded / 09. Brief Encounters / 10. Goodbye Lovers & Friends

最大の魅力は、スノビズムではなく、プログレッシヴな実験精神とブレない芯の強さ

正直なことを告白しておくと、前作『トゥナイト』まではフランツ・フェルディナンドというバンドの魅力は皮肉でもなんでもなく、スノビズムを下敷きにして、キャッチーなポップ・ソングを書けるところにあると思っていた。だが、4年振りの新作『ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション』には、優等生風なところは一切見せず、ただ愚直に我々を楽しく踊らせることを目的とした、珠玉のポップ・ソングが10曲収まっている。前作に収録されていた「Ulysees」が象徴するように、孤独の中で独りきりで踊る曲はない。間違いなく、彼らの作品の中で最もハッピーなヴァイヴに溢れたアルバムである。

彼らの音楽性の特徴として散々挙げられてきた、真っ逆さまに急降下するようなリズム・チェンジや奇をてらった派手な転調は、今作では前作以上に抑えられている。とはいっても曲の構成や楽器の用い方が一筋縄ではいかないところが、フランツ・フェルディナンドの個性のひとつであろう。それは、3曲目の「Love Illumination」にはっきりと聴きとることができる。


Franz Ferdinand / Love Illumination

ブリッジの部分を引き伸ばしたり、意外なところでブレイクを入れたり、同じメロディをシンセと管楽器で分けて演奏している。それにも関わらず、一度聴いたらしっかりと記憶に残っているのだ。ファズを咬ませたギター・リフの攻撃的な音色や磨きがかかった軽やかなコーラスが強烈なフックになっているからである。それは、今までの彼らの楽曲以上に直接的に我々の腰をグイっとつかみ、踊らせるであろう。そこに退廃的だとかいかがわしさは全く感じられない。それに加えて、BPM約120でリズムを刻み、荒々しいカッティングのリズム・ギターと陽気なホーンの掛け合いが印象的な「Right Action」といった、陽性のダンス・チューンがある。しかもアルバム全編、このような直接的かつチャーミングで、勿体ぶったところが一切ない曲で溢れているのだから、始末が悪い。それは、アルバム収録時間が彼らのオリジナル・アルバムでも最も短い約35分ということにも現れているようだ。

フランツ・フェルディナンドは常に新しい。そして、常にフランツ・フェルディナンドである。おそらく彼らにとって最も重要な行動原理は、これらの両立であるように思う。そのことを、改めて過去のアルバムを聴き直して、なによりもこの『ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション』を聴いて、私はようやく感じ取ることができた。私にとって今フランツの最大の魅力は、スノビズムではなく、プログレッシヴな実験精神とブレない芯の強さだ。(text by 坂本哲哉)

RECOMEND

Travis / Where You Stand

レディオヘッドやオアシス、コールド・プレイと並び英国ロック界を引率してきたグラスゴー出身4ピース・バンド、トラヴィスがトレード・マークとも言えるメランコリックで美しいメロディが満載のニュー・アルバムをリリース!

Arctic Monkeys / Why'd You Only Call Me When You're High?

ニュー・アルバム『AM』発売に先駆けた先行配信曲。優れたソング・ライターや作曲家を表彰する「アイヴァー・ノヴェロ賞」の大賞を受賞するなど、ストーリー性や文学性の高い作詞で多くのリスナーを魅了してきた彼ら。アルバムの特設サイトでは歌詞にクローズ・アップする企画が実施されている。彼らの歌詞や世界観に今一度注目してみては?

Bloc Party / The Nextwave Sessions EP

7月19日の「Latitude Festival」への出演をもって、再び無期限で活動を休止することを発表したブロック・パーティーの新作EP。「Ratchet」と「Obsence」は、ホット・チップ、リリー・アレン等を手がけるプロデューサーのダン・キャリーが楽曲を手がけている。

ライブ・スケジュール

「Franz Ferdinand Japan Tour 2013」
2013年11月19日(火)@東京 ZEPP TOKYO
2013年11月20日(水)@東京 ZEPP TOKYO
2013年11月22日(金)@大阪 ZEPP Namba

>>詳細はこちら

PROFILE

2001年に、スコットランドはグラスゴーにて結成された4人組のバンド。2003年9月に、イギリスのインディ・レーベルであるドミノよりリリースしたシングル『Darts Of Pleasure』でデビュー。翌年1月に発売したセカンド・シングル『Take Me Out』は、全英シングル・チャートで初登場3位にランクイン。そして、その翌月にリリースされたデビュー・アルバム『フランツ・フェルディナンド』は全英アルバムチャートで初登場3位を記録し、早くもその人気を決定付けた。2005年9月には、セカンド・アルバム『ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター』をリリース。この作品は全英チャートで1位を獲得し、全米チャートでも初登場8位という世界的な大ヒット作となった。音楽的な特徴は、ディスコ・ビートを基調にしたニュー・ウェイヴ / ポスト・パンク風サウンドと、目まぐるしく曲調が展開する賑やかなアレンジで、イギリスを中心に勃発したポスト・パンク・リヴァイヴァルの先駆け的な存在としても知られている。

>>公式HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H