ESORA records

お花畑につれてって

お花畑につれてって

イロメガネ

イロメガネが遂に1st mini albumを全国流通音源をリリース。大人の女性と少女が混在している様にエモーショナルに自身の言葉と音楽を、重厚なバンドサウンドにのせて歌い上げるポップミュージック。胸を抉るように痛い激情、恋愛、それでも必死に平穏を願うような毎日を包み隠さず放出する様は、痛々しくも美しい。引きこもり予備軍の救世主。音楽プロデューサー 竹内 修 (wilsonic) かれこれ4年くらいイロメガネのライヴを観続けている。全く飽きることないし、出来ることなら全てのステージを目撃したい、といつも思っている。「これっぽっち」や「フェチシズム」、何十回聴いたことだろう。同じ曲なのに、毎回違う表情を見せ、ライヴの度に魅力を増して行く。だから毎回見逃せないし、何度観ても飽きないのだ。『お花畑につれてって』に収録されているのは、このようにライヴで様々な試行錯誤を重ねて磨かれてきた、強靭な楽曲ばかり。中でも世紀の名曲「なによりも、へいおんを。」は、不安定で不透明な現代を生きている全ての人々に届けられるべき、真の意味でのアンセムだ。僕自身、ちょっと気弱になったときなど、この曲のタイトルの部分をマントラのように口ずさみ、心を安らかにすることがある。そんな曲、そうそうないよ。

お花畑につれてって(24bit/96kHz)
High Resolution

お花畑につれてって(24bit/96kHz)

イロメガネ

イロメガネが遂に1st mini albumを全国流通音源をリリース。 大人の女性と少女が混在している様にエモーショナルに自身の言葉と音楽を、重厚なバンドサウンドにのせて歌い上げるポップミュージック。 胸を抉るように痛い激情、恋愛、それでも必死に平穏を願うような毎日を包み隠さず放出する様は、痛々しくも美しい。引きこもり予備軍の救世主。 音楽プロデューサー 竹内 修 (wilsonic)^ かれこれ4年くらいイロメガネのライヴを観続けている。全く飽きることないし、出来ることなら全てのステージを目撃したい、といつも思っている。 「これっぽっち」や「フェチシズム」、何十回聴いたことだろう。同じ曲なのに、毎回違う表情を見せ、ライヴの度に魅力を増して行く。だから毎回見逃せないし、何度観ても飽きないのだ。 『お花畑につれてって』に収録されているのは、このようにライヴで様々な試行錯誤を重ねて磨かれてきた、強靭な楽曲ばかり。 中でも世紀の名曲「なによりも、へいおんを。」は、不安定で不透明な現代を生きている全ての人々に届けられるべき、真の意味でのアンセムだ。 僕自身、ちょっと気弱になったときなど、この曲のタイトルの部分をマントラのように口ずさみ、心を安らかにすることがある。 そんな曲、そうそうないよ。

TOP