V4 Record

少年サタデー (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

少年サタデー (PCM 48kHz/24bit)

Pop

岡村靖幸

岡村靖幸ニューシングル「少年サタデー」は、2018年10月よりTBSテレビ系『王様のブランチ』テーマソングとしてオンエアされている楽曲で、待望の音源化です。カップリングには、AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい2』主題歌となった「スーパーガール(エチケット2019ver.)」ほか、「スーパーガール(BTF ver.)」と、いずれも新録された2バージョン、そしてさらには新曲「セクシースナイパー」も含めた、全4曲を収録した充実した内容。作詞作曲アレンジプロデュース及びほとんどの演奏を岡村本人が手がけています。

幸福 (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

幸福 (PCM 48kHz/24bit)

Pop

岡村靖幸

岡村靖幸、『Me-imi』(2004年)以来、11年半ぶりのオリジナル・アルバム『幸福』のハイレゾ版が配信スタート!!

少年サタデー
Lossless

少年サタデー

Pop

岡村靖幸

岡村靖幸ニューシングル「少年サタデー」は、2018年10月よりTBSテレビ系『王様のブランチ』テーマソングとしてオンエアされている楽曲で、待望の音源化です。カップリングには、AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい2』主題歌となった「スーパーガール(エチケット2019ver.)」ほか、「スーパーガール(BTF ver.)」と、いずれも新録された2バージョン、そしてさらには新曲「セクシースナイパー」も含めた、全4曲を収録した充実した内容。作詞作曲アレンジプロデュース及びほとんどの演奏を岡村本人が手がけています。

ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)
Lossless

ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)

Pop

岡村靖幸

国内外で放映されるTVアニメ「スペース☆ダンディ」主題歌「ビバナミダ」と新曲「ヘルシーメルシー」、そして本人が他のアーティストに提供、プロデュースした楽曲を新たに2曲レコーディングして計4曲を収録したスペシャル・シングル。

忘らんないよ (24bit/48kHz)
High Resolution

忘らんないよ (24bit/48kHz)

Pop

岡村靖幸

映画『We Love Television?』主題歌

忘らんないよ
Lossless

忘らんないよ

Pop

岡村靖幸

映画『We Love Television?』主題歌

ラブメッセージ
Lossless

ラブメッセージ

Pop

岡村靖幸

岡村靖幸の2015秋。園子温監督との強力タッグ・シングル!園子温監督直々のオファーで制作した「映画 みんな!エスパーだよ!」主題歌!楽曲の世界観は、まるで『映画 みんな!エスパーだよ!』から生まれたアナザーストーリーの様にもなっているとの情報があったり、タイトルからも想起されるワクワクする要素が溢れた新曲です。

彼氏になって優しくなって
Lossless

彼氏になって優しくなって

Pop

岡村靖幸

2014年4月にリリースされ大反響を呼んだシングル「愛はおしゃれじゃない/岡村靖幸w小出祐介」に続く岡村靖幸のニューシングル!作詞、作曲、編曲、プロデュースはもちろん、さらにはジャケット写真撮影(セルフィーショット)まで本人が行ったハンドメイド感溢れるもの。新曲2曲いずれも本人のペンによる、メランコリックなミディアム〜アップの曲とバラッド曲。2014年11月19日からスタートする秋ツアー「ファイヤー」直前に発表される新曲はファンならずとも必聴の名曲!

愛はおしゃれじゃない
Lossless

愛はおしゃれじゃない

Rock

岡村靖幸w小出祐介

7年ぶりのシングル「ビバナミダ」に続いて、岡村靖幸のニューシングル「愛はおしゃれじゃない」はBase Ball Bear(BBB)の小出祐介&漫画家・久保ミツロウとのトリプルコラボレーション!!2014年4月6日から始まる全国ツアー「将来の夢」直前に発売が決定した本作は、カップリングの「ラブビデオ」も二人によるコラボ楽曲で新曲2曲を収録したシングル。一昨年、Base Ball Bearからプロデュースのオファーを受けた際、小出祐介との交流の中から生まれた2作品を、岡村靖幸w小出祐介(wはwithの意味)のアーティストネームで発売。作詞、ボーカルは小出祐介。作曲、ボーカル、演奏、アレンジ、プロデュースは、もちろん岡村靖幸。さらに「モテキ」以降、急速に交流を深めた漫画家、久保ミツロウが楽曲「愛はおしゃれじゃない」をモチーフにジャケットイラストレーション&新作ネーム(マンガ風絵コンテ・22P)を、描き下ろしてくれました(この作品はCDのブックレットに収められます)。曲のタイトルからしてキャッチーなメロディを予感させる、春のリリースにふさわしいワクワクしたポップなナンバーに仕上がりました。二人のボーカルの絡みも強力です。

TOP