Play It Again Sam / Hostess

Wicked Streets Henrik Schwarz Remix
Lossless

Wicked Streets Henrik Schwarz Remix

J. Bernardt

ベルギーを代表する5ピース・バンド、バルタザールのフロントマン、イェンテ・デプレ(Vo/G)によるデビュー・アルバム。バルタザールの音楽とは一味変わっており、シンセを多く用いたR&B、ソウル、ヒップホップ、エレクトロ調の作品に仕上がっている。90年代のディアンジェロを彷彿とさせながら、ヴォーカルはハウ・トゥ・ドレス・ウェルやニック・マーフィー、シンプルなメロディ・ラインはゴリラズの影響も感じられる。

Running Days
High Resolution

Running Days

J. Bernardt

ベルギーを代表する5ピース・バンド、バルタザールのフロントマン、イェンテ・デプレ(Vo/G)によるデビュー・アルバム。バルタザールの音楽とは一味変わっており、シンセを多く用いたR&B、ソウル、ヒップホップ、エレクトロ調の作品に仕上がっている。90年代のディアンジェロを彷彿とさせながら、ヴォーカルはハウ・トゥ・ドレス・ウェルやニック・マーフィー、シンプルなメロディ・ラインはゴリラズの影響も感じられる。

Running Days
Lossless

Running Days

J. Bernardt

ベルギーを代表する5ピース・バンド、バルタザールのフロントマン、イェンテ・デプレ(Vo/G)によるデビュー・アルバム。バルタザールの音楽とは一味変わっており、シンセを多く用いたR&B、ソウル、ヒップホップ、エレクトロ調の作品に仕上がっている。90年代のディアンジェロを彷彿とさせながら、ヴォーカルはハウ・トゥ・ドレス・ウェルやニック・マーフィー、シンプルなメロディ・ラインはゴリラズの影響も感じられる。

FROM DEEWEE
Lossless

FROM DEEWEE

Dance/Electronica

Soulwax

ベルギー出身の大人気ダンスロック・バンド、ソウルワックス。DJデュオ、2 Many DJsとしても活動し、ダンスとロックを縦横無尽に駆け回るようなその斬新なスタイルはクラブファン、ロックファンの垣根を越えてカルト的な人気を誇っている。昨年4月には、突如『オーバー・ザ・ブルースカイ』でアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたベルギー人監督フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作映画『ベルヒカ』の音楽を手がけ話題となったのが記憶に新しい。そんなソウルワックスが、この度オリジナルとしては12年ぶりとなる待望の新作『フロム・ディーウィー』を、急遽リリース!今作もベルギーのゲントにあるデイヴィッド&ステファンのディワーラ兄弟が所有するディーウィー・スタジオにて、なんと2月7日(火)にワンテイクでレコーディングされたばかり。まさに録りたてホヤホヤの楽曲たちをリリースするという、異例中の異例といえる超特急制作期間。彼ららしい型破りな行動にファンも驚きを隠せないことだろう。

FROM DEEWEE(24bit/44.1kHz)
High Resolution

FROM DEEWEE(24bit/44.1kHz)

Dance/Electronica

Soulwax

ベルギー出身の大人気ダンスロック・バンド、ソウルワックス。DJデュオ、2 Many DJsとしても活動し、ダンスとロックを縦横無尽に駆け回るようなその斬新なスタイルはクラブファン、ロックファンの垣根を越えてカルト的な人気を誇っている。昨年4月には、突如『オーバー・ザ・ブルースカイ』でアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたベルギー人監督フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作映画『ベルヒカ』の音楽を手がけ話題となったのが記憶に新しい。そんなソウルワックスが、この度オリジナルとしては12年ぶりとなる待望の新作『フロム・ディーウィー』を、急遽リリース!今作もベルギーのゲントにあるデイヴィッド&ステファンのディワーラ兄弟が所有するディーウィー・スタジオにて、なんと2月7日(火)にワンテイクでレコーディングされたばかり。まさに録りたてホヤホヤの楽曲たちをリリースするという、異例中の異例といえる超特急制作期間。彼ららしい型破りな行動にファンも驚きを隠せないことだろう。

At Swim
Lossless

At Swim

Lisa Hannigan

アイルランドの実力派美人シンガー・ソングライター、リサ・ハニガンが3作目となるニュー・アルバム『アット・スイム』をリリース!ダミアン・ ライスのサポート・メンバーとして活躍していたリサは、2008年に発表したデビュー・アルバム『シー・ソウ』でソロ・キャリアをスタート。英国最高峰音 楽賞マーキュリー・プライズとアイルランドの音楽賞チョイス・ミュージック・プライズにダブル・ノミネートされるなど話題をさらった。2011年にリリースされたセカンド・アルバム『パッセンジャー』では、アイリッシュ・アルバムチャートで初登場1位を獲得。その愛らしい姿と優しく繊細 な歌声でアイリッシュ・エグザミナー誌は"誰もがリサと恋に落ちる"という見出しを付けたほど。2012年には、前作のプロデューサーであるジョー・ヘン リーとのコラボ・ツアーとして、横浜公演を皮切りに名古屋、広島、大阪、京都そして東京の全6都市をまわる初の日本公演を実施し、大成功に収めた。待望の3作目となる今作のプロデュースを手掛けたのはザ・ナショナルのギタリストとしても知られるアーロン・デスナー。リサは故郷のダブリンを離れロンド ンを拠点に活動していた為、今回の楽曲制作中は孤独とホームシックに苦しんだそう。本作は、愛と死、過去と今、悲しみと幸せの境がなくなる、ダークで不思 議な世界に聴く人を連れていってくれる。同時にリサのやわらかで優しい歌声が包み込んでくれるような、うっとりと魅了させられる作品だ。

Minor Victories
Lossless

Minor Victories

Minor Victories

昨年夏にその存在が明らかになって以来、ティーザー映像やインタビュー発言を通して、アルバムの制作を匂わしてきたマイナー・ビクトリーズが、ついに6/3 にセルフ・タイトル・アルバムをリリース!最終的にはエディターズのジャスティン・ロッキーが指揮をとったのは事実だが、この結成が実現した裏には、もともと存在した軽い面識、相互関係、そして予期せぬ偶然などがあった。自由さ、速効性、そして数々の素晴らしいアイディアを武器にしながら、ほぼ4人全員が集結することなしに制作やレコーディングが実施された。それは、いかに個々の優れた人材で結成されたグループというのは、常識にとらわれることなく成り立つということを証明している。USとUKの様々な場所から集められた彼らの音楽テイストは、これまでそれぞれのメンバーが各自の活動で持ち合わせていたビジョンを打ち破って、新たなサウンドへと足を踏み入れている。それがマイナー・ビクトリーズが放つ世界観だ。アルバムにはUSインディー・ロック界の重鎮、サン・キル・ムーンことマーク・コズレックとレイチェルによるデュエットや、スコットランドのシューゲイザー/ドリーム・ポップバンド、トワイライト・サッドのシンガー、ジェームズ・グラハムとのコラボレーションなどが含まれる。

Belgica (Original Soundtrack)
Lossless

Belgica (Original Soundtrack)

V.A.

ソウルワックスが、突如『オーバー・ザ・ブルースカイ』でアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたベルギー人監督フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作映画『Belgica』の音楽を、ソウルワックスが手がけることが決定!実話を元に制作された同映画は2000年にベルギー第3の都市ヘントにバーをオープンし、あっという間に夜の世界へと吸い込まれていくある兄弟の物語を描いている。ソウルワックスは映画で使用される全楽曲を書き下ろし、登場人物全員のアレンジやレコーディングに携わった。ヴァリエーションの富んだ楽曲から、ひとりひとりが主人公として成長していく姿が見られる。すでに本年のサンダンス 映画祭での上映も行なわれた本作の楽曲制作についてバンドは次のように語っている。「映画に登場するクラブで演奏するための完全オリジナルの楽曲をレコーディングしたんだ。音楽を書くところからリハーサル、セットの中でのバンドの演奏を録音するところまでね。クラウト・テクノ・バンドであるWhite Virgins、サイコビリー・トリオ、They Liveやハードコア集団、Burning Phlegm(これにはセパルトゥラのイゴールが参加)、ネオ・ソウル・ポップでまた違う範囲の音楽も表現してくれている女性シンガー、Charlotteまで多岐に渡るバンドが参加してくれたよ」。

No Deal (Deluxe Edition)
Lossless

No Deal (Deluxe Edition)

Jazz/World

Melanie De Biasio

古き良きジャズ、ブルース、ソウルの影響を受けるヴォーカル・スタイルでベルギーのビリー・ホリデイ、ニーナ・シモンと評されるなど、世界各国で大ブレイクを果たした話題のシンガー、メラニー・デ・ビアシオ。彼女が14年に発表した2ndアルバム『ノー・ディール』を個性派アーティスト等がリミックス!世界的に有名なDJ/ラジオ・パーソナリティとして活躍するジャイルス・ピーターソンによって監修された本リミックス盤は、ジャイルス本人を始め、日本代表として松浦俊夫率いるHEX、ジャズをベースとしたエレクトリック・サウンドで人気を集めるザ・シネマティック・オーケストラ、米インディー・ロックバンドのイールズ等が参加!オリジナル盤『ノー・ディール』は日本のクラブカルチャー創世記の礎を築いた松浦俊夫やレディオヘッドのフィリップ・セルウェイが自身の年間ベスト・アルバム1位に選出する程絶賛している。また本年度の本拠地内外でのライヴ・ツアー集客力やアルバム売上に優れたアーティストに贈られる「ヨーロピアン・ボーダーブレーカーズ(EBBA)賞」を受賞した。

+ - (Bonus Track Version)
Lossless

+ - (Bonus Track Version)

MEW

デンマーク出身の4人組“ノイズマイスター”こと、ミューの5年半ぶりのアルバム。

The Mindsweep
Lossless

The Mindsweep

Enter Shikari

ハードコア、メタル、ダブステップ、ドラムンベース、レイヴ、ヒップホップなど様々な音楽要素をブチ込んだ誰も真似できないオンリーワンのUKロック・バンド、エンター・シカリが3年振りの4thアルバムをリリース!

The Last Garrison
Lossless

The Last Garrison

Enter Shikari

12月8日、10日来日公演決定!前作が全英チャート初登場4位を記録した唯一無二のオンリーワン・バンド、エンター・シカリが2015年1月発売のニューアルバムから先行シングル「The Last Garrison」をリリース!

The Classic
Lossless

The Classic

Joan As Police Woman

NYのシンガー・ソングライター、ジョーン・アズ・ポリス・ウーマンの3年振り(2014年時)となる通算4枚目のアルバム。ドゥーワップや1950年代~60年代ポップのバイブスを取り入れるなど、バラエティーに富んだ傑作。ジョセフ・アーサーをはじめ、シンガー/コメディアンのレジー・ワッツといった豪華メンバーが参加した表題曲「ザ・クラシック」他を収録。

The Snowman & The Snowdog - Original Soundtrack
Lossless

The Snowman & The Snowdog - Original Soundtrack

Ilan Eshkeri & Andy Burrows, Andy Burrows & Ilan Eshkeri

アンディ・バロウズ(ウィー・アー・サイエンティスツ/元レイザーライト)とイギリスの作曲家アイラン・エシュケリが共同で手掛けた、世界的に有名なアニメ「スノーマン」の続編「スノーマンとスノードッグ」のサウンドトラックが登場!

Aventine
Lossless

Aventine

アグネス・オベル

10年のデビュー作がデンマークのアルバム・チャートで7週連続1位を獲得、ヨーロッパだけで45万枚の大ヒットを記録した北欧美人SSW、アグネス・オベルが待望のニューアルバム『アヴェンティン』をリリース!

The Weight Of Your Love
Lossless

The Weight Of Your Love

Editors

アルバム2作品連続で全英チャート1位を獲得したUKが誇るモンスター・バンド、エディターズが3年半振りとなる4thアルバムをリリース!

Some Say I So I Say Light
Lossless

Some Say I So I Say Light

Ghostpoet

ジャイルス・ピーターソンのレーベル<Brownswood Recordings>からデビューし、世界中で注目を集めたUKのエレクトロニック・シンガー / プロデューサー、ゴーストポエットが2ndアルバムをリリース!

Tamer Animals
Lossless

Tamer Animals

Other Lives

米オハイオ州スティルウォーター出身の男女5人組、アザー・ライヴスが2年ぶりとなる大傑作セカンド・アルバムを完成!今年のレディオヘッドのUSツアーの前座に大抜擢され、既に話題沸騰中の彼らが、美しすぎるサウンドスケープで世界を魅了する!!

TOP