Familysong / Polystar Co.,Ltd.

Tide

Tide

Rock

Polaris

心地よい浮遊感溢れるポラリス的な世界観の中で、更に楽曲としての強さ、キャッチーさ、懐の深さを感じさせる1枚。リズムを強調したアップテンポな疾走感溢れるナンバー「季節」、結成当時からのレパートリーでもある細野晴臣の名曲「ハニー・ムーン」のカヴァー、1st CD収録の「4:30am」の発展系であり新曲ともいえるインプロヴィゼーション「6:30am」などを収録。プログレッシブな匂いもまとったセルフ・プロデュース&セルフ・レコーディングで届ける超重量級ポップ・アルバム。

Polaris

Polaris

Rock

Polaris

Polaris最初のステップを伝えるオリジナル曲「光と影」「Slow Motion」。オオヤと坂田の美麗なコーラス・ワークが冴えるキング・クリムゾンの名曲「I talk to the wind/風に語りて」をカヴァー。バンドの核を成すオオヤユウスケの絹のようなハイトーン・ヴォイスと柏原の腰の据わったベースに軽やかにしてタイトな坂田のドラム、ポラリスのミクスチャーでポップな完成をエンジニアzAkのサポートで届けるミニ・アルバム。

Polaris presents continuity #5 & #6

Polaris presents continuity #5 & #6

Rock

Polaris

2005年3月14日、Liquidroom Ebisu、そして17日、大阪BIG CATで行なわれたPolaris presents continuity #5 & #6の模様を収録した伝説のライヴが蘇る。同月をもってPolarisを脱退した坂田学が参加した最後の長尺演奏のライヴ。当日演奏された音源の中から、東京・大阪での演奏をほぼ当日の演奏曲順に倣い収録したライヴ・アルバム。

檸檬

檸檬

Rock

Polaris

新たなポップ・ミュージックのフォームを探すポラリスが届けるセカンド・シングル。リード曲「檸檬」は夏の終わりをキラキラと美しく彩るラヴソング。アッパーなブラジリアン・リズムが心地よいボッサ。カップリング「檸檬 rehomed by Masakatsu Takagi」は初めてのリミキサーを投入した美しいエレクトロニカも必聴。(remix by 高木正勝)

深呼吸

深呼吸

Rock

Polaris

初のシングルとなる「深呼吸」に込められたメッセージは、”開放”そして”幸福”。オオヤの声はこれまでになく柔らかく、坂田のドラムは軽やかに。そして柏原のベースラインはしなやかに。美麗なピアノとコーラスは原田郁子(from clammbon)。切なさをたたえながらも、晴れやかにココロが開放されてゆく、それはポラリスにしか表現できないポップス。カップリングにはポラリスの名曲をメドレーで収録した「PL方MIX」DJ MIX by 山本ムーグ。

光る音

光る音

Rock

Polaris

これぞPolarisとも言える、彼らの音楽の原点を2010年代のサウンドに昇華させた楽曲。イントロから流れる繰り返されるギターリフ、脈打つように刻まれるリズム、静かに流れるメロディー、メロディーが呼ぶ確かな言葉。光と闇が当たり前のように横たわる世界。10分を超える楽曲となった「光る音」は様々な風景を見せて、深い世界へと広がっていきます。

TOP