Track TitleDurationPrice
snow traveler alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:30  
universe alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:42  
good morning alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:30  
曲番クリックで試聴できます Total: 12:42
作品情報

バンドとして進化を遂げた2nd mini album「Life is Wonderful」が発売されてから、リリースを記念して行われた全国各地でのインストアイベントではどこも大盛況で、リリースツアーでは地元名古屋と東京でのワンマンをソールドアウトさせるなど、確実にその輪を広げているQaijff(クアイフ)。その後も地元名古屋で開催されたTREASURE05Xを始め、篠島フェス’16やhide presents MIX LEMONeD JELLY 2016、イナズマロック フェス 2016等の夏フェスにも出演を果たす他、24時間テレビチャリティーライブや名古屋グランパスのイベント「NO GRAMPUS,NO LIFE.〜音楽でひとつになる幸せ〜」にて会場中の観客を熱狂の渦に巻き込むなど、名古屋を代表するバンドに成長を遂げる中、全国リリースでは初のシングルのリリースが決定した!煌めくピアノの旋律と哀調を帯びたメロディーが印象的な「snow traveler」は、切ない冬を彩るQaijffにとって初とも言えるリアルな失恋ソングに仕上がった。また、その曲とは対照的に、力強いピアノのフレーズから始まる「universe」では、ダイナミクス溢れるバンドサウンドと、遊び心とユーモアを取り入れ、ポップミュージックへの希望を高らかに歌い、まだ見ぬバンドのこれから先の景色への決意表明とも取れる1曲に。そしてラストを飾る「good morning」。すべてを許容して寄り添ってくれるような歌詞と、包み込むような優しさの中に強さを感じさせる森の歌声が、聴くものの胸を打つメッセージソングとなっている。バンドとして大きな成長を遂げた今年の締めくくりとしてリリースされる今作は三者三様の挑戦を提示した楽曲が収められ、新たな境地を切り開く、必聴の1枚になった。

ディスコグラフィー

  • バンドとして進化を遂げた2nd mini album「Life is Wonderful」が発売されてから、リリースを記念して行われた全国各地でのインストアイベントではどこも大盛況で、リリースツアーでは地元名古屋と東京でのワンマンをソールドアウトさせるなど、確実にその輪を広げているQaijff(クアイフ)。その後も地元名古屋で開催されたTREASURE05Xを始め、篠島フェス’16やhide presents MIX LEMONeD JELLY 2016、イナズマロック フェス 2016等の夏フェスにも出演を果たす他、24時間テレビチャリティーライブや名古屋グランパスのイベント「NO GRAMPUS,NO LIFE.〜音楽でひとつになる幸せ〜」にて会場中の観客を熱狂の渦に巻き込むなど、名古屋を代表するバンドに成長を遂げる中、全国リリースでは初のシングルのリリースが決定した!煌めくピアノの旋律と哀調を帯びたメロディーが印象的な「snow traveler」は、切ない冬を彩るQaijffにとって初とも言えるリアルな失恋ソングに仕上がった。また、その曲とは対照的に、力強いピアノのフレーズから始まる「universe」では、ダイナミクス溢れるバンドサウンドと、遊び心とユーモアを取り入れ、ポップミュージックへの希望を高らかに歌い、まだ見ぬバンドのこれから先の景色への決意表明とも取れる1曲に。そしてラストを飾る「good morning」。すべてを許容して寄り添ってくれるような歌詞と、包み込むような優しさの中に強さを感じさせる森の歌声が、聴くものの胸を打つメッセージソングとなっている。バンドとして大きな成長を遂げた今年の締めくくりとしてリリースされる今作は三者三様の挑戦を提示した楽曲が収められ、新たな境地を切り開く、必聴の1枚になった。
  • 新たな試みが詰まった1st. mini album「organism」をリリースし、自身初となる全国ツアー、1st. mini album「organism」release tour “after world”含む年間100本以上のライブを敢行する等2015年を怒涛の勢いで突っ走ったQaijff。1月6日にリリースされたベイビーレイズJAPAN、11th. Sg.「走れ、走れ」のC/W曲「Dreamer」を楽曲提供、新曲「Don‘t Stop The Music」が名古屋グランパスのオフィシャルサポートソングに起用されるなど、2016年初頭から話題が事欠かない中、2nd mini albumの発売が決定した!哀愁漂うピアノの旋律が印象的な「Wonderful Life」から始まる今回のミニアルバムは前作までに魅せたPOPセンスや良質なメロディーにより磨きがかかり、前作からさらに様々な楽器や音色を取り入れた、よりカラフルで壮大なサウンドスケープに進化を遂げた仕上がりに。また、ツアーを通じて感じた様々な思いがにじみ出ている歌詞と、それを歌う繊細でありながらもどこか凛とした力強さを秘めた森の歌声で、リスナーの背中をそっと押してくれる力強さと優しさに溢れた作品となった。