album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Son of Chamber Symphony I -- International Contemporary Ensemble  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 08:45 N/A
2
Son of Chamber Symphony II -- International Contemporary Ensemble  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 07:44 N/A
3
Son of Chamber Symphony III -- International Contemporary Ensemble  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 07:12 N/A
4
String Quartet I -- St. Lawrence String Quartet  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 21:20 N/A
5
String Quartet II -- St. Lawrence String Quartet  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 08:49 N/A
Add all to INTEREST

Discography

V.A.

《スティーヴ・ライヒの新作録音》 「同時代における最も偉大な作曲家」「最高の音楽思想家」と称されるスティーヴ・ライヒ。西洋のクラシック音楽の素養に、アメリカのトラディショナル音楽(特にジャズの構造、ハーモニー、リズム)を取り入れる作曲法で知られています。 このアルバムは、ライヒが2013年と2015年にものした2つの作品の世界初録音盤。 『管楽器、弦楽器、ピアノ、エレキ・ベースのために書かれた「パルス」は2015年の作品。ライヒの以前の作品に比べて、めくるめく調性の変化とともに、進行する曲です。エレキ・ベースやピアノでキープする一定のリズムと滑らかな管と弦のメロディラインで1つの融合体を作り上げることが出来たのです。ピアノの打鍵の変化によって、一定のリズムが変化することもあって、それが異なるアクセントのように働く。穏やかで瞑想的な作品です。 一般に「弦楽四重奏」を指す「カルテット」だけど、この作品では「弦楽四重奏」ではなく、私の作品の中で常に中心的な役割を果たす楽器である「2台のピアノと2つのパーカッション」の4人で演奏されます。 これらの作品は、今まで作曲したより複雑なものの1つで、調性が変化したり、突然停まって、新しい要素の展開を中断。難しすぎるものではないのですが、高レベルのアンサンブル技能を求めている曲。“ゆっくり”というパートでは、これまでの作品では感じられないハーモニーもある。』とライヒは語っています。 いわゆる、西洋音楽史でいうところの「クラシック音楽」とは、一線を画す作品。壮麗さや美しさを探究するというよりも、現代を生きるリズムの組み合わせを駆使して、同時代の言葉を紡ぐ作曲家。これがスティーヴ・ライヒであり、その作品の魅力がつまっています。