album jacket
 How To Buy
Add the Album to the Cart
TitleDurationPrice
1
Beautiful Stranger -- Madonna  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:21 N/A
2
My Generation -- The Who  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:24 N/A
3
Draggin' the Line -- R.E.M.  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:27 N/A
4
American Woman -- LENNY KRAVITZ  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:20 N/A
5
Word Up -- Melanie G  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:39 N/A
6
Just The Two Of Us [Dr. Evil Mix] -- Dr. Evil  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:44 N/A
7
Espionage -- Green Day  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:23 N/A
8
Time Of The Season [with Scott Weiland] -- Big Blue Missile  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:25 N/A
9
Buggin' (Remix) -- The Flaming Lips  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:16 N/A
10
Alright -- The Lucy Nation  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:58 N/A
11
I'll Never Fall in Love Again -- Burt Bacharach  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:20 N/A
12
Soul Bossa Nova (Dim's Space-A-Nova) -- Quincy Jones  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:07 N/A
Espionage -- Green Day - N/A
Espionage -- Green Day - N/A
Espionage -- Green Day - N/A
Add the Album to INTEREST

Discography

Rock

シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡――。 多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。彼らがワーナーブラザーズへ移籍前にリリースしていた貴重なレストレス・レーベル時代の音源を集めた6枚組ボックス・セットが登場!

Rock

幸せすぎて泣けてしまう奇跡の摩訶不思議ワールドへようこそ。 多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。ワーナーブラザース時代のヒット曲、代表曲、人気曲をこれでもかと3枚のCDに凝縮した、初の”ヒッツ”コレクションが遂にリリース! ■ デビュー以来20年以上にも亘り、一貫して多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続けるザ・フレーミング・リップス。彼らにとって初のオフィシャル“ヒッツ”コレクションが登場! シンプル(?)に『GREATEST HITS VOL.1』と名付けられた本作には、彼らがワーナーブラザーズに移籍してからリリースした11枚のシングル曲、そしてアルバムからの人気曲、ライヴの定番曲をこれでもかと3枚のCDに凝縮! ■ 米ビルボードのHeatseekersチャートで1位を獲得した1993年の『TRANSMISSIONS FROM THE SATELLITE HEART』から、メインストリームへと切り込んでいった世界を祝福する歓喜の音響『THE SOFT BULLETIN』(1999年)、バンド史上最高のヒット作となったグラミー賞受賞作品『YOSHIMI BATTLES THE PINK ROBOTS』から、昨年リリースされた最新作『OCZY MLODY』までのシングルが1つに纏められるのは、今回が”初”の事となる。この他、1992年の移籍第一弾作品『HIT TO DEATH IN THE FUTURE HEAD』から今日まで、彼らが発表し、レコーディングしてきた、ディープなアルバム曲やシングルのB面曲、また未発表曲なども収められている。本作品のリリースに合わせて制作された「The Captain」のミュージック・ビデオ、そして「We Can't Predict The Future」が公開中! ■ また注目ポイントとして挙げられるのは、本3枚組CDに収録されている全音源が、ザ・フレーミング・リップスと彼らの長年のプロデューサーでもあるデイヴ・フリッドマンによって、オリジナル音源からリマスターされていること。その結果、これまでにない音質と音像で、彼らの摩訶不思議な万華鏡サウンドが蘇っているのだ。 ■ オルタネイティブから、サイケデリック、スペース・ポップ、はたまた実験的かつ前衛的なアプローチで、世界中のリップス中毒者から熱い支持を受け続けているザ・フレーミング・リップス。幸せすぎて泣けてしまう、オクラホマ州のオフィシャル・ロック・ソング「Do You Realize?」から、ライヴの人気曲「Rase For The Prize」や「Yoshimi Battles The Pink Robots, Pt.1」、「She Don't Use Jelly」まで、彼らのシュールでアートな摩訶不思議ワールドを知るために必要な曲がこの3枚に収められている!

View More Discography Collapse
Collapse

News

祝25周年!Green Dayの名盤『Dookie』全曲解説 (さめおのサブカル案内所)

祝25周年!Green Dayの名盤『Dookie』全曲解説 (さめおのサブカル案内所)

皆さん、Green Dayは好きですか?好きですよね?少なくともこの記事を開いている時点で嫌いではないと思うので、好きという前提で話を進めますね! 今日からちょうど25年前、1994年2月1日に彼らの出世作『Dookie』がリリースされました。あんなには

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第5回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第5回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! まだまだ寒さが厳しい毎日! インフルエンザにかかったりしていませんか? 私はビクビクしながら予防する毎日です(笑)。さて今週もよろしくお願い