album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Messa da Requiem: I. Requiem -- Choeur de l'Opéra National de Paris  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 08:06 N/A
2
Messa da Requiem: II. Dies irae -- Orchestre de l'Opéra National de Paris  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:14 N/A
3
Messa da Requiem: III. Tuba mirum -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:01 N/A
4
Messa da Requiem: IV. Mors stupebit -- Choeurs de l'Opéra National de Paris  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:21 N/A
5
Messa da Requiem: V. Liber scriptus -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:37 N/A
6
Messa da Requiem: VI. Quid sum miser -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:36 N/A
7
Messa da Requiem: VII. Rex tremendae -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:14 N/A
8
Messa da Requiem: VIII. Recordare -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:36 N/A
9
Messa da Requiem: IX. Ingemisco -- Ildar Abdrazakov  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:21 N/A
10
Messa da Requiem: X. Confutatis -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:03 N/A
11
Messa da Requiem: XI. Lacrymosa -- Piotr Beczala  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:23 N/A
12
Messa da Requiem: XII. Offertorio -- Ildar Abdrazakov  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 09:00 N/A
13
Messa da Requiem: XIII. Sanctus -- Philippe Jordan  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:53 N/A
14
Messa da Requiem: XIV. Agnus Dei -- Orchestre de l'Opéra National de Paris  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:13 N/A
15
Messa da Requiem: XV. Lux aeterna -- Ildar Abdrazakov  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:38 N/A
16
Messa da Requiem: XVI. Libera me -- Choeurs de l'Opéra National de Paris  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 12:42 N/A
Messa da Requiem: IX. Ingemisco -- Ildar Abdrazakov - N/A
Add all to INTEREST

Discography

パリ国立オペラ座の音楽監督としての活躍で大きな評価を受け、「ダフニスとクロエ」は2015年度のレコード・アカデミー賞「管弦楽部門」を獲得しているフィリップ・ジョルダンの最新録音。オペラ座のオーケストラの能力を完全に引き出した傑作「展覧会の絵」。 『展覧会の絵』はムソルグスキーが、友人であったヴィクトル・ハルトマン(ガルトマンとも)の遺作展を歩きながら、そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたもの。原曲はピアノ演奏用で、1922年、フランスのラヴェルが、指揮者クーセヴィツキーの依頼で『展覧会の絵』を管弦楽へと編曲、原曲のロシア的な要素を重視するよりもオーケストラ作品としての華やかな色彩を与えることを企図し成功しており、人気作品となっている。 『古典交響曲』は、プロコフィエフが音楽院在学中にニコライ・チェレプニンの教室で研究したハイドンの技法をもとに、「もしもハイドンが今でも生きていたら書いたであろう作品」として作曲したので、「古典交響曲」と名付けた。モダンな作風で知られていたプロコフィエフが、この曲で一転して軽快で解り易く美しい作風を示したことは周囲を驚かせた。

View More Discography Collapse