artist image

ハラクダリ

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B

IT'S A PIGGYBACK RIDE――おんぶに抱っこ、つまり「他人の行為に甘えて頼ること」。それが、ラッパー、ハラクダリの4曲入りのEPのタイトル。ずらりと並んだ一癖もふた癖もある客演のラッパーや個性的なビートメイカーの存在が、そうしたセリフにつながったに違いない。名古屋の奇才、HIRAGENや石垣島の2人のフッドスター、RICCHO(RITTO & CHOUJI)らも参加している。しかし、その中でもハラクダリの灰汁の強さは唯一無二。「言葉は汚ねーがポップに言い切るラップで絵を描く」スタイルは今回も健在!!

4 tracks

岡山ハイライフレコーズからFLASHPISTONがかます配信シリーズ!第五十弾! 若手からベテランまで皆ぶちあがるプロジェクト 暗い時代にネジ込む俺たちの音楽 是非あなたの耳元に心元に 『BLOW』 FLASH PISTON ✕ハラクダリ ハラクダリ 時は1983年、岐阜県大垣市。ジェームズブラウンのカセットテープも擦り切れた頃、母、邦子から産まれる。子供の頃から母譲りのわんぱくさで、あちこちで悪ノリを繰り返し、気づけば大人になり犯罪者になる。数々の違法行為を繰り返した結果、逮捕。からのまた逮捕。 幼馴染みのMIKUMARIの影響でラッパーを目指すもハメを外してまた逮捕。そして刑務所。 出所し、RC SLUMのコンピレーションアルバム「THE METHOD」や、MIKUMARIの1stアルバム 「FROM TOP OF THE BOTTOMS」に参加するがその後、薬物依存によりまた逮捕。 二度目の刑務所。二度目とゆうこともあり、刑務所生活も余裕。出所後、MIKUMARI x OWLBEATS の狂作「FINE MALT No.7」、MC KHAZZ'N'DJ HIGHSCHOOLの「I'M YA BOY EP」や、THE METHOD 2」などに参加し徐々にラッパーとしての名を広げる。そして薬物を絶った現在、生活も充実し余裕を見せはじめついに2020年に1stアルバム「PINK OF THE YEAR」が完成。 そして2022年の夏には1st EP 「IT'S A PIGGYBACK RIDE」をリリース。 貧乏、女、博打、麻薬、稼ぎ、逮捕。絶望と絶頂の行き来を乗りこなし余裕でよう言う"男ハラクダリ人には誇れない数々の経験を、言葉は汚ねーがポップに言い切る唯一無二のラップで絵を描く 日本一の悪ノリ男 "ハラクダリ MC KHAZZ、MIKUMARIと共にYOTA SQUADとしても活動中。 FLASHPISTON 1980年生まれ倉敷出身 人生捧げたヒップホップ ひたすら磨き続けた感性で 超え続けれるか、奮闘中 何卒ヨロシク 押忍

1 track
HipHop/R&B
V.A.

2 tracks