sassya-

Rock

Discography

Rock
活動を続け、リリースを経るごとに持ち前の硬派なポストハードコアサウンド、ライブにも表れている圧倒的な爆発力に加え、枠に収まらずに表現の幅を多彩に広げてきたsassya-。そんなsassya-がさらに新しい地平を切り開く4thアルバムを完成させた。sassya-は2021年には3rdアルバム『呼吸』をリリースし、リリース記念としてバンド初のワンマンライブを開催、さらにその様子を収録した同じくバンド初となるライブアルバムを配信リリース。さらに2022年には3か月連続で配信シングルをリリースするなど、コロナ禍においても活動を広げ、加速させてきた。決して立ち止まることなく考え続け、進み続けてきた彼らだからこそ生み出せた、混沌とした日々の中で前を向くための希望の1枚。
9 tracks
Rock
1 track
Rock
1 track
Rock
音が、言葉が脳を揺さぶるsassya- 2年振りの3rdアルバム『呼吸』が到着あまりにリアルな日本語ハードコア/エモを提示した『脊髄』(2019年作)、名古屋のVACANTとの硬質ジャンクサウンドのスプリット『sassya- × VACANT split』(2020年作)を経て、sassya-がついに3rd アルバム『呼吸』をリリース。ジャンクと初期エモの交差地点のような持ち前のザラついたサウンド、吐き出すようでいてリスナーの耳に突き刺さるエモーティヴな言葉、さらに近年の作品やライブで見せてきた圧倒的な静と動、ストップ&ゴーのダイナミクスを昇華させ、唯一無二の日本語ロックを生み出している。狂気スレスレでありながらどこか理知的な抑制を感じさせる瞬間などは、まるで生活に息づく葛藤、矛盾がそのまま音と言葉になったような鋭さであり、あまりの焦燥、切迫感に心を揺さぶられる。
10 tracks
Rock
The Jesus Lizard、Unsane、Hoover、Shellac、Helmetといったバンドの遺伝子を受け継いだ硬質で緊張感の漂うサウンドは今まで以上に鋭くなっており、バンドのアンサンブルの深化を感じさせるsassya-待望の2ndフルアルバム『脊髄』が完成した。今作では持ち前の鋭さに加え、コンクリートに囲まれた都市に生きる孤独、リアルな感性が歌に落とし込まれており、eastern youthやRites of Spring、Saetiaを聴いた時のように剥き出しの感情が聴くたびに心に突き刺さり、揺さぶられる仕上がりとなっている。鬱屈とした日々から目をそらさず対峙する、都市のハードコアアルバム。
9 tracks
V.A.
飾り気や小細工は一切ナシ!リアルなポストハードコア三組による脳天直下スプリット!At The Drive-In、The Blood Brothersをグッとザラつかせたような音で、Melt-Banana、Limited Express (has gone?)といったバンドを思い起こさせつつ不思議な妖しさも漂わせるロクトシチ。The Jesus Lizard、Unsane、Hoover、Shellacといったバンドから受け継いだヒリつく緊張感、切れ味の鋭い硬質なサウンド、一切の無駄を削ぎ落としたアンサンブルで聴く者を圧倒するsassya-。静と動とのダイナミクスを活かしながら独特なフレーズが絡まり合う楽曲はUnwoundの再来のようであり、加えてShipping NewsやLowercaseのような言葉にならないサッドネスをも感じさせるslak。独自の道を進み続け、話題を集める三組による流行り廃り一切関係なし、三者三様のスプリット。
6 tracks