artist image

fixsodia

Rock

Discography

Rock
音楽大学出身の3人による、シンフォニックポップスバンド<fixsodia>のニューシングル。2018年“Rising Darkness” ”World Re-birth”という2つのコンセプトアルバムで紡いできた世界を、更に進化させた壮大でキャッチーなロックナンバー!
Rock
音楽大学出身の3人による、シンフォニックポップスバンド&音楽クリエイターチーム<fixsodia>、CDや配信にて絶賛発売中の2アルバム“Rising Darkness” ”World Re-birth”で紡いできた楽曲のインストゥルメンタルを収録。歌の裏側に隠された多彩な景色と音楽を。そして七色の龍たちが生きた証を、あなたの耳で。
Rock
音楽大学出身の3人による、シンフォニックポップスバンド&音楽クリエイターチーム<fixsodia>、連続リリース第2弾”龍と世界の物語”完結編。二部作のうち陰Sideとも言える、ダークでエレクトロなサウンドや、愛の物語を歌ったバラードなど多彩なシーンを網羅した楽曲を収録。前作『Rising Darkness』と合わせてお楽しみください。
Rock
音楽大学出身の3人による、シンフォニックポップスバンド&音楽クリエイターチーム<fixsodia>、二年半ぶりとなる待望のニューアルバム。“龍と世界の物語”をテーマに、各楽曲ごとに様々な“龍”をフィーチャー。二部作のうち陽Sideとも言える『Rising Darkness』では疾走感あふれるロック・ポップな楽曲を多数収録。
Rock
音大出身のメンバー3人によるシンフォニック・ポップ・ユニット<fixsodia(フィクソディア)>の、2015年発表セカンド・フル・アルバム。サウンドクリエイターとしても成長したfixsodiaが紡ぐ、新たな9の世界。代名詞とも言えるシンフォニックバンドサウンド「水底の幻」からアルバムがスタート。ポップな「夕暮れロケット」、激しい情念を描く「Cinderella Flower」を通し、「ランプ&シェード」ではケルト&ジャズをテーマに夢の世界を旅する。続く「Ash moon」ではこれまでにない激しいロックサウンドを表現。前作「Cycle of Blue」を引き継いだ、幻想的なコーラスサウンドが特徴的な「White glow」から一転、ダークで有機的なデジタルサウンド「アンリアルペイン」でアルバムは高揚する。爽やかなポップサウンド「Shiny Place」から続き、ラストは至高のバラード「Link to the future」で未来へ思いを馳せる。9つの楽曲を通し、心の繋がり・冒険を描く、珠玉の一枚。
Rock
音大出身のメンバー3人によるシンフォニック・ポップ・ユニット<fixsodia(フィクソディア)>、初のミニ・アルバム(2014年発表作品)。デビューソング「ライトスケープ」を中心に、若きバンドサウンドが物語を紡ぐ。
Rock
音大出身のメンバー3人によるシンフォニック・ポップ・ユニット<fixsodia(フィクソディア)>の、2014年発表ファースト・フル・アルバム。メンバー全員で作詞・作編曲を手がける「彼方の記憶」から始まり、ジャズ・ポップ・ロックとジャンルにとらわれずに次々と楽曲が展開していく。「Cycle of Blue」はコーラス的な手法を用い、ストリングスとピアノのみというシンプルなサウンドで幻想的な青の世界観を繰り広げる。同曲はポニーキャニオン主催「アニメ化大賞」で大賞を受賞し、劇場版「ガラスの花と壊す世界」を代表に、新進気鋭のシナリオ・イラストセンスで活躍するPhysics Pointが制作するノベルゲーム「Ewig」のイメージソングとして採用されている。アルバム後半も民俗音楽、和、とポップながらも様々な工夫を凝らしたサウンドを表現。飽きさせない11の楽曲と3人の歌姫が交差する1枚。