極東ピーコック

ディスコグラフィー

  • ファースト・アルバム『渾身の遺書』リリースから約2年を経て発表されるニューシングル『懺悔』は、極東ピーコックの新たな境地が垣間見える作品だ。 様々な要素を削ぎ落としシンプルな仕上がりとなった収録曲は、これまでとは違った形でバンドの本質を表している。 タイトル曲である“懺悔”、エフェクティブに声とギターが重なり合う“臥床”、ストレートかつ重厚なサウンドの“白昼夢依存症”。これら3曲が収録される本作は、現在制作中のセカンド・アルバムの布石となる重要な音源である。
  • 極東ピーコックのフリーダウンロードシングル音源。アルバム『渾身の遺書』から「精神的融合への誘い」のシングルミックス、最初期のバラード「平和行進二〇〇六」、過去に録音した「笹舟のような僕ら」を収録。
  • 『渾身の遺書』なるタイトル通り、バンドの歴史と想い・記憶の全てを凝縮した今作は、あらゆるジャンルを横断しつつ、いわゆるジャパニーズバンド「ゼロ世代」の新たな局面を垣間見ることのできる驚異的な作品に仕上がっている。沖縄若手バンドシーンの一端を担い続けてきた彼らが、いよいよ関東を拠点に本格的な活動を開始。時代に逆行するような「自己表現」スタイルのイマを、この渾身の一枚から感じ取ってほしい。
  • 極東ピーコックのフリーダウンロードシングル音源。アルバム『渾身の遺書』から「精神的融合への誘い」のシングルミックス、最初期のバラード「平和行進二〇〇六」、過去に録音した「笹舟のような僕ら」を収録。
  • 『渾身の遺書』なるタイトル通り、バンドの歴史と想い・記憶の全てを凝縮した今作は、あらゆるジャンルを横断しつつ、いわゆるジャパニーズバンド「ゼロ世代」の新たな局面を垣間見ることのできる驚異的な作品に仕上がっている。沖縄若手バンドシーンの一端を担い続けてきた彼らが、いよいよ関東を拠点に本格的な活動を開始。時代に逆行するような「自己表現」スタイルのイマを、この渾身の一枚から感じ取ってほしい。