album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
But Not Tonight -- Depeche Mode  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:14 N/A
2
How Many Lovers -- Anthony And The Camp  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:02 N/A
3
Weak In The Presence of Beauty -- Floy Joy  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:23 N/A
4
The Girl Pulled a Dog -- Female Body Inspectors  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:38 N/A
5
Girls Night Out -- Toni Basil  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:17 N/A
6
Concentration Breakdown -- George Black  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:26 N/A
7
Jealousy -- Club Nouveau  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:47 N/A
8
No Promises -- Icehouse  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:42 N/A
9
One Way Love -- TKA  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:17 N/A
10
Some Candy Talking -- The Jesus And Mary Chain  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:17 N/A
One Way Love -- TKA - N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

シューゲイザーも、オルタナティヴも、すべては『サイコキャンディ』から始まった――。 『ダメージ・アンド・ジョイ』とは、いわゆるシャーデンフロイデ(=schadenfreude; ドイツ語で他者の不幸、悲しみ、苦しみ、失敗を見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情。「他人の不幸(失敗)を喜ぶ気持ち」を意味する。日本語では「メシウマ」など)を意味しているが、このアルバムの制作は2015年9月からスタートしていたとのこと。 アルバムからの1st Singleとして「Amputation」を発表。歪んだギターのうねりと、Jimの無頓着なVocalとがぶつかり合うことで、なんともいえない催眠状態を引き起こす楽曲(=hypnotic track)に仕上がっている。 ベスト・アルバム『Upside Down: The Best of The Jesus and Mary Chain』にも収録されている「All Things Must Pass」のニュー・ヴァージョンも収録されている他、ガレージ・ロック・テイストな「Facing Up To The Facts」、耳障りのあるパワー・ポップ・チューン「The Two of Us」など様々なテイストの楽曲が収録されている。 アルバムにはバンドのツアー・ドラマーのBrian Young(ブライアン・ヤング)や、LushのベーシストPhil King(フィル・キング)が参加している。 JAMCは、今作『ダメージ・アンド・ジョイ』をひっさげて、リード兄弟に加え、Scott Von Ryper(guitar)、Mark Crozer(bass)、 Brian Young(drums)の布陣でUKツアーを行う。

View More Discography Collapse
Collapse

News

ジーザス&メリーチェイン3年ぶりの来日ツアー決定

ジーザス&メリーチェイン3年ぶりの来日ツアー決定

シューゲイザーの先駆け、のちのオルタナシーンに数多のフォロワーを生み出した重鎮的存在のジーザス&メインチェイン。 3年ぶりとなる来日ツアーが決定した。 初期メンバーにプライマル・スクリームのボビー・ギレスピーも在籍していたことでも有名なジーザス&メリー・