Mar.

Discography

女性シンガーの Mar. をボーカリストに迎えた4作目。80's サウンドを知り尽くした森達彦(hammerlabel)による奇抜なミックス/プロデュース・ワークが光る、ストレンジでゴージャスなポップ・チューン。なお、今回もジャケット・デザインは Mar. が手掛けている。
1 track
女性シンガーの Mar. をボーカリストに迎えた4作目。80's サウンドを知り尽くした森達彦(hammerlabel)による奇抜なミックス/プロデュース・ワークが光る、ストレンジでゴージャスなポップ・チューン。なお、今回もジャケット・デザインは Mar. が手掛けている。
1 track
女性シンガー Mar. をフィーチャーしたシングル第3弾。 引き続きミックス/プロデュースを担当した森達彦(hammer label)が、この曲ではアレンジにも大きく関わっている。 遊園地のパレードのようなキラキラしたサウンドにウィスパー・ボイス、妖精が振りまく "ピクシー・ダスト" をモチーフにした歌詞――と、多幸感あふれるトラックに仕上がった。今回もまた、ジャケット・デザインは Mar. が手掛けている。
1 track
女性シンガー Mar. をフィーチャーしたシングル第3弾。 引き続きミックス/プロデュースを担当した森達彦(hammer label)が、この曲ではアレンジにも大きく関わっている。 遊園地のパレードのようなキラキラしたサウンドにウィスパー・ボイス、妖精が振りまく "ピクシー・ダスト" をモチーフにした歌詞――と、多幸感あふれるトラックに仕上がった。今回もまた、ジャケット・デザインは Mar. が手掛けている。
1 track
新曲「IMAGE」は、前作「ラストシーン」と同じく、女性シンガー Mar. がボーカリストを務めた。しかし、宇宙的なテクノポップ・サウンドと彼女のウィスパーボイスで、全く違った雰囲気の曲調に仕上がっている。なお、今回も彼女がジャケットのデザインを手掛けた。 プロデュース・ミックス/マスタリングは、前作に引き続き森達彦が担当。彼は渋谷系重鎮のエンジニア/プロデューサーであり、80年代にはシンセサイザー・プログラマーとして数々のヒット曲に関わっているが、その蓄積されたノウハウをこの曲に惜しみなく投入している。
1 track
新曲「IMAGE」は、前作「ラストシーン」と同じく、女性シンガー Mar. がボーカリストを務めた。しかし、宇宙的なテクノポップ・サウンドと彼女のウィスパーボイスで、全く違った雰囲気の曲調に仕上がっている。なお、今回も彼女がジャケットのデザインを手掛けた。 プロデュース・ミックス/マスタリングは、前作に引き続き森達彦が担当。彼は渋谷系重鎮のエンジニア/プロデューサーであり、80年代にはシンセサイザー・プログラマーとして数々のヒット曲に関わっているが、その蓄積されたノウハウをこの曲に惜しみなく投入している。
1 track
hajimepopの新曲「ラストシーン」は、女性シンガー Mar. をフィーチャーしたラブソング。時折、初期ユーミンを思わせる情感豊かなボーカルで、恋の終わりの情景や心情をせつなく表現している。 ギタリストには、数々のレコーディング参加や楽曲提供を行うナカムラタカノリ(ジャミ―メロー)、 ミックス&マスタリングには、渋谷系重鎮のエンジニア/プロデューサーであり、80年代にはシンセ・プログラマーとして数々のヒット曲に関わった森達彦を迎え、『2020年型・渋谷系/シティポップ』とも言えるサウンドに仕上がった。
1 track
hajimepopの新曲「ラストシーン」は、女性シンガー Mar. をフィーチャーしたラブソング。時折、初期ユーミンを思わせる情感豊かなボーカルで、恋の終わりの情景や心情をせつなく表現している。 ギタリストには、数々のレコーディング参加や楽曲提供を行うナカムラタカノリ(ジャミ―メロー)、 ミックス&マスタリングには、渋谷系重鎮のエンジニア/プロデューサーであり、80年代にはシンセ・プログラマーとして数々のヒット曲に関わった森達彦を迎え、『2020年型・渋谷系/シティポップ』とも言えるサウンドに仕上がった。
1 track