sanodg

Dance/Electronica

プロフィール

KORG M01やDS-10の開発、そして有名レースゲームのゲームミュージック等を手がける。

ディスコグラフィー

  • 美術館をゆっくりと歩きながら絵画を楽しむように、現れては消えていくサウンドドローイングの数々。カセットテープによるマスタリングを施した、美しくも儚くそして危うい23分間の楽曲が、3曲。一番最後にヒスノイズが消える時、貴方は何を思うのでしょうか。(この楽曲はカセットテープに一度録音されたものを使用しています。全篇にわたって確認できるノイズや音像の揺れ、歪み、制限された帯域等はカセットテープ特有のもので、それら全てが作者の意図するものです)
  • Brightnessから1年半、ゲーム音楽作曲に加え、自らシンセサイザーアプリのプロデュースを行うsanodg (佐野電磁)。そのシンセへの愛を十二分に注ぎ込まれた楽曲群から厳選された珠玉の8曲に加え、このアルバムのために書き下ろされた、10分にも及ぶチルアウト系スーパーロングシンセチューンも。全ての楽曲が織りなす鮮やかなエレクトリックグラデーションを、ぜひ!
  • 「リッジレーサー」シリーズや「鉄拳」シリーズを手がけるsanodg(佐野電磁)が2011年にリリース、現在はCD販売が完了したソロアルバム。KORG M01デモ曲にも採用された 1. Your Bells や、iAppゲーム LightBIke2 から 5. The light lines、フランスのテレビ局「nolife」の番組テーマ曲 6. TOKYO CAFÉなど、すべてがキラキラと輝く明るさに満ちた楽曲で構成。
  • sanodgとAJURIKAによるアルバム。