PawPaw(ぽーぽー)の音楽に初めて出会ったのはいつかと聞かれると、実はあまりよく覚えていない。たぶんTwitter経由でデモ音源のフリー・ダウンロードを見つけたり、動画を見たりしたのが最初だけれど、それがはっきりいつのことなのかはわからない。なんだかいつの間にか日常のBGMとして聴くようになっていた感覚がある。

デビュー・ミニ・アルバム『いつかの夢』を聴いてもらえればわかるが、この3人組が奏でる音楽はちょっと不思議だ。ポスト・ロックともフォーク・トロニカとも歌ものとも言い難く、プログレっぽいアレンジもあれば、コーラスやクラップの雰囲気にはチェンバー・ポップ的味わいもある。打ち込みのエレクトロニカ・サウンドがありつつも、基本は生音にこだわっている。耳をすませば、ガット・ギターとドラムは意外に激しいリズムを刻んでいたりするけど、一方で歌とピアノは穏やかなムードを保っていたりする不思議。歌声も絶妙な透明感がある。

そんな只ならぬ可能性を秘めたPawPawの3人。今回が初めてのインタビューということで、これまでの経歴、メンバーの性格、新作についてなどなど、幅広く話を聞いてみた。

インタビュー & 文 : 田山雄士

モミの透き通った歌声と、楽曲の美しさが相まる名盤

PawPaw / いつかの夢

【Track List】
1. いつかの夢 / 2. くまのベアロ / 3. 黒い森 / 4. te to te / 5. 騎士の詩 / 6. わすれもの

ライヴではシーケンサー類を一切使わず、生のサウンドにこだわりを見せながらも、打ち込みのごとく緻密でアグレッシヴなドラミングと、絶妙なヴォイシングを聴かせるガット・ギターの絡みで、エレクトロニカ的なアプローチを見せる不思議なサウンド。2011年3月に開催されたモナレーベル・オーディションで審査員特別賞を受賞!


ただ誰かに聞いてもらいたかった(ノグチ)

——PawPawはずっと気になってて、ちょこちょこ試聴させてもらってました。今回のデビュー・ミニ・アルバムの『いつかの夢』がリリースされるきっかけは、2011年の3月4日に行なわれたmona recordsのレーベル・オーディションだったんですよね?

ノグチマサト(以下、ノグチ) : そうですね。最初の話だとグランプリを受賞した方だけがリリースできるということだったんです。僕らは結局グランプリにはなれなかったんですが、審査員特別賞をいただけました。でも、審査員特別賞ってもともとはないもので、その場で急遽そういう計らいをしてもらったっていう。
モミ : 審査員は3人くらいいらっしゃいましたね。演奏したあとに、それぞれの方にコメントをいただいたりして。

——そこで特別賞をもらえて、すぐにリリースという運びになったんですか?

ノグチ : いや、すぐに決まったわけじゃないですね。そのあとで僕たちのことを気に入ってくれたmonaの方のプッシュがあって、リリースが決まりました。

——オーディションのあと、7月に出たmonaのオムニバス『モナレコードのおいしいおんがく~午後のパレード』にも参加してますね。

ノグチ : その間に震災が起こってしまったから、もろもろどうなるのかっていう漠然とした不安があった中でのやり取りでしたね。デビュー作にも入ってる「黒い森」の別ヴァージョンで参加してます。

——震災前の段階で、ミニ・アルバムの6曲はある程度形になってたんですか?

アベトモヒロ(以下、アベ) : 黒い森」「くまのベアロ」「騎士の詩」の3曲だけありましたね。
ノグチ : デモ音源はけっこう前からオフィシャル・サイトでフリー・ダウンロードできるようにしてました。

——「黒い森」の話だと、宮内優里さんによるリミックスも実現しましたね。

アベ : はい、5月のことですね。
ノグチ : もともと僕が優里さんの音楽をすごく好きで、「もしよかったら聴いてみてください」っていう感じで去年にデモ音源をお渡ししてたんです。それでしばらく経った頃に突然「PawPawさんのリミックスしました! 」って連絡をくださって、うれしかったですね。結果としては、震災後の絶妙なタイミングでした。

——PawPawのこれまでの歩みはとても流れがいいですよね。オーディションで賞をもらって、優里さんのリミックスがあって、オムニバスに参加して、今デビュー盤をリリースっていうことだから。

ノグチ : 本当に慌ただしくて、僕の頭の中はなんとなく去年の12月くらいで停まってるんですよ。
アベ : バンドとしていろいろありましたね。レコーディングも同時進行だったし、ライヴもやってたし、あっという間に流れてきた感じです。

左からアベ、モミ、ノグチ

——モミさんは学校に行きながらですしね。

モミ : そうなんですよー。今年の4月からは1ヵ月が過ぎるのが早いですね。リリースもまだまだだと思ってたら、もう目の前だし。

——ちなみに、ミュージシャンとしての自覚はどのくらいありましたか? そもそもオーディションに出た理由は、全国流通の作品を世に出したいという強い気持ちがあったから?

ノグチ : オーディションに出たときにはそういった覚悟はなかったですね。僕が勝手に申し込んじゃったんですよ(笑)。Twitterで「期限がもうすぐです」みたいなのを見かけて、それもやっぱり「よかったら」って感じで何気なく送ってみただけだったんです。
モミ : まず最初は音源審査があって、そこから10組が選ばれたんだよね? そのあとに6組がライヴ形式のオーディションに進んだんです。

——音源審査って投票制のやつでしたっけ? Twitterで呼びかけてましたよね。

ノグチ : そうですそうです!
モミ : それが1年前くらいかな。

——結果的にはノグチさんの独断から事が進んでいったと。

ノグチ : そういうことになりますね。だから、プロのミュージシャンがどういうものかよくわからなかった。でも、曲を作るのはすごく好きで、いい曲ができてる気もしてました。めちゃくちゃ自信があったというわけでもないんですけど、ただ誰かに聴いてもらいたかったですね。
モミ : あまり表立って言えないだけで、なんとなくの自信はみんなあったよね(笑)。すごいことができてるのかもって。
アベ : 最近はライヴを観てくれた方の反応がわりとよくて、ノグチが今言ったことをだんだんと実現できてるんじゃないかな。

——今こういう状態になれてるのは、けっこういい感じだと思います。音源を出すことが決まってからは意識が変わってきてますか?

ノグチ : どうですか?
アベ : どうして急に振るの(笑)?
モミ : あはははは!
アベ : 周りの協力してくれる方々のおかげで、音源のほかにPVとかフライヤーとかも出来上がってきて、いろんなものが形になってくると、やっぱり実感は湧いてきますね。

——モミさんはどうですか?

モミ : 私は音楽だけにもっと集中するって決めたんです。今の世代では珍しいかと思うんですが、ありがたいことに親も賛成してくれて。「好きなことをやってほしい」って背中を押してくれました。やっぱり、いろんなタイミングがよかったんじゃないかな。バンドがいい状態になって、リリースが決まって、思わぬところで自信が生まれてきて。
ノグチ : うわっ、かっこいいこと言うなぁ(笑)。僕はどうだろう… 。結局はバランスが大事だと思ってるんですよね。音楽一本でガッツリやりすぎると自分は精神が崩壊しちゃいそうで。

——ノグチさんって、メンバーの中で1番繊細そうですもんね。

アベ : そう、かなり繊細だよねぇ。

——で、モミさんがたぶんまったく逆のタイプ。

モミ : ふふふふ。
アベ : そうだねぇ… 。そうだそうだ!

——アベさんが1番中立な気がします。

ノグチ : そうです、彼が真ん中の人。ま、今までのやり方が悪かったわけではないから、いかに高い意識でこれからの活動を続けていくかだと思います。

——そうですね。ライヴはたくさんやってほしいです。結成時の話もお聞きしたいんですけど、モミさんはオリジナル・メンバーじゃないんですよね?

モミ : はい。某SNSサイトでPawPawがメンバー募集をしてたのを見て、いきなり応募したんですよ(笑)。高校までの時期でピアノをやってたり吹奏楽部に在籍したりはしてたんですけど、バンドをやったことがなくて、大学でやりたいなと思ってました。そして、いざ大学に入ってみたら軽音サークルが1つもなくて… 。

——やりたかったのに?

モミ : そう! もう、どうしようって。私はピアノくらいしかできないから、キーボード募集のページに絞ってチェックしたんです。もう片っ端から載ってるバンドの曲を試聴したんですけど、全然ピンとくるのがなかった。でも、そんな中でPawPawだけがいいなって思えたんですよ。

——かっこイイ話ですね。

ノグチ : かっこいいですよねぇ。
アベ : それ、初めて聞いたよ(笑)。
モミ : バンドをやったことがなかったから、まさか入れてもらえるとは思わなかった(笑)。

——ダメもとで応募したみたいなことだったんですね。

ノグチ : 僕らの立場としては、バンドを続けたい気持ちがあってメンバーを募集してたのですが、バンドの経験がないことに対しては若干の不安は正直ありましたね。何回も「本当に大丈夫なの? 」っていう確認はして(笑)。でも、こうしてここまで来て、メインの立ち位置にいてくれてます。

——モミさんは今ヴォーカルを取ってますけど、当時は歌には自信がなかったんですか?

モミ : カラオケが好きなくらいで、バンドで歌う意識はまったくなかったですね。
ノグチ : 最初はコーラスとキーボード担当だったんですよ。

——声がなかなか独特ですよね。音大に行ってることも関係してると思うんですが、専攻は何ですか?

モミ : 音楽教育科というのを取ってて、いろいろ満遍なくやってます。ピアノや声楽、チェロを主に勉強してます。
ノグチ : チェロ弾けるんだよね~。バンドで使ってほしいなぁ。

——PawPawは歌とサウンドのバランスが面白いですよね。ベースレスで、歌ものでありつつ、演奏はアヴァンギャルドなところがあって。

ノグチ : 結果論なんですけどね。3人とも好きな音楽もバラバラですから。
モミ : バラバラだから成り立ってるのかもしれないね。

全ての曲で1つの話のように聞いてほしい(モミ)

——モミさんは椎名林檎さんやくるりが好きなんですよね。ノグチさんはフリー・フォークやチェンバー・ポップ、複雑なアレンジのものも好きな印象です。

ノグチ : そうですね。僕は比較的なんでも聴いてみる方だと思います。ToolやMars Voltaのような曲をバンドでやってたこともありますよ。
アベ : 僕はもともとインディ・パンクやメロコアが好きなんです。Hi-STANDARDとか、HUSKING BEEとか。
モミ : 私はとにかくバンドがやれればOKでした。バンドやって「いぇーい! 」みたいな(笑)。そしたら、こうなってました。

——「黒い森」なんかはわかりやすい例ですね。ノグチさんとアベさんがけっこうタイトなリズムで演奏してる一方で、モミさんの穏やかな歌があるのが不思議な感覚なんですよ。

ノグチ : あぁ、なるほど。僕、日本のインディ・シーンのエレクトロニカも好きで、ああいう音楽って作り込んだ音の世界観にふわっとしたヴォーカルが乗ってるじゃないですか。そのイメージで曲を作ってるのはありますね。で、そこに好みの違うアベのドラムやモミのヴォーカルが生で入ると、予測できない魅力がまた生まれるんだと思います。

——あまりないタイプのポップスだと感じます。しかし、忙しいのに加えてメンバー・チェンジまであったのに、よくバンドが止まらなかったですよね。

モミ : そうですねぇ。
ノグチ : すごく苦しかったですよ。でも、モミをフィーチャーした「黒い森」のデモを聴いてくれた人が、Twitterとかで「いい! 」って言ってるのを見てだいぶ救われましたね。「3人だけど、またライヴやってみるか」っていう気分になれました。

——モミさんが入ってからは、たぶんバンドがすごく変わったんじゃないかと思います。

アベ : うん、変わりましたね。
モミ : えぇ~!?
ノグチ : 本当にそうですね。僕とアベが仕込んだ音の中で、モミのキャラクターと声がぱあって広がって聴き手を掴んでくれればいいなって思います。

——ちなみに、『いつかの夢』というタイトルはモミさんが付けたんでしたっけ?

モミ : 最終的に私が出したタイトル案のこれになりました。最初は「好きに決めていいよ」って言われたんですけど、せっかくだからみんなが納得のいくものにしたいなって思って、各自3つずつ候補を挙げてもらったんですよ。それプラスでナガノチサトさんをはじめ、今回ジャケットやPVなどで協力していただいた方にも意見をもらって、このタイトルに決まりました。

——どんな意味合いがあるんですか?

モミ : 私たちの曲ってどれも空想的というか、現実味があるものではないじゃないですか。だから、アルバムを全部聴き終わったあとに「あ、こんな夢だったっけな」みたいな感覚が残る気がしたんです。もちろん「そう感じてもらえたらいいな」っていう思いも込めてます。すべての曲で1つの話のように聴いてほしいですね。
ノグチ : モミは歌詞を書いてないんですよ。今は基本的に僕が曲も歌詞も書いてますね。

——あ、そうだったんですね。でも、モミさんが書いたかのようにも聞こえて、いいハマリ具合だと思います。

ノグチ : モミがメインになってからは、彼女が歌うことを意識して作ってますしね。ただ、もともと歌詞を書くのは得意じゃなくて、恥ずかしかったりしますよ。むしろ、苦手意識の方が強いです。スッと書ける人間ではないので、今回はナガノさんの画を見て言葉を想像して、それをつなぎ合わせてみました。たとえば、「黒い森」はナガノさんが描いてくれたオオカミと森の画からインスピレーションをもらって、自由にストーリーを作ってみて。
アベ : 日常の中でフワっと生まれるんじゃなくて、「書くぞ! 」ってモードに入って歌詞は書いてるよね。

——アートワークも素敵ですし、PVもいいですよね。「わすれもの」のPVはどこか温かい気持ちになる映像でした。

ノグチ : 水色デザインさんのおかげです。もともとはインスタレーションとか空間デザインとかが専門の方なんですよ。以前、cokiyuさんとコラボされてて、僕が単純にファンだったんです(笑)。
モミ : PawPawはそういう音楽以外の要素も含めて面白いのかなって思います。メンバー募集のタイミングで初めて聴いたときから、バンドに対しての新鮮な気分はずっと続いてるんですよ。普段聴いたことのないジャンルのバンドに入れてよかったです。

——これからまだまだいろんなトライができそうですね。

ノグチ : ですね。来年はメロコアをやってるかもしれない(笑)。
アベ&モミ : それはないって!

RECOMMEND

畠山美由紀 / わが美しき故郷よ-Live at Nikkei Hall 2011.09.11- (HQD ver.)

今年でソロ・デビュー10周年を迎える畠山美由紀が、9月11日、日経ホールで行われたライヴ「ふたりのルーツ・ショー」より、「わが美しき故郷よ」をDSDとHQD音源で配信。アン・サリーとの共演で行われた本公演では、それぞれが自らのルーツとなった音楽をカヴァー。その公演で唯一の畠山美由紀のオリジナル曲として披露された「わが美しき故郷よ」をシングルとしてリリース。

cokiyu / Mirror Flake

2007年に発表され、長らく廃盤となっていたcokiyuのデビュー・アルバム『Mirror Flake』がリマスタリング+Ametsub、Geskia、Tyme.によるリミックスを加えて遂に再発! トイピアノや鉄琴などの生楽器と甘美な電子音が有機的に絡み合った美しくも切なく繊細なトラックに、ウィスパー・ボイスが響き渡るcokiyu渾身のデビュー・アルバム。

üka / Lullaby for the Evil

Kilk recordsが自信をもってお届けする超大型新人!! イギリスは、ブリストルより逆輸入の女性シンガー・ソングライターによる、オーケストラルなヴォーカル作品。「Lullaby for the Evil」を聴いて思い浮かぶのは、ここではないどこかへ思いを馳せ、ブリストルと言う異国の地に辿り着いても尚、風景の外に向かおうとするükaという少女の姿。

LIVE INFORMATION

PawPaw 1st Album『いつかの夢』Release Party
2011年12月3日(土)@下北沢mona-records
Live : cokiyu / 4 bonjour's parties / ナガノチサト / PawPaw
Open : 19:00 / START : 19:30
Entrance : 前売 : 2,500 / 当日 : 3,000(+1D)

PROFILE

PawPaw

モミ(Vo、Pf)
ノグチマサト(G)
アベトモヒロ(Dr)
モミ、ノグチマサト、アベトモヒロからなる3人編成のバンド。当初6名で構成していたがメンバー・チェンジを繰り返し2011年現在の構成となる。イラストレーターの「ナガノチサト」がアートワークを担当。少ない線で構成しながらも有機的な世界感がPawPawの音楽を押し広げる。ライヴではシーケンサー類を一切使わず、生のサウンドにこだわりを見せながらも打ち込みのごとく緻密でアグレッシヴなドラミングと絶妙なヴォイシングを聴かせるガットギターの絡みで、エレクトロニカ的なアプローチを見せる不思議なサウンド。宮内優里やcokiyuなど一線で活躍するアーティストからも注目を浴びる。2011年3月に開催されたモナレーベル・オーディションで審査員特別賞を受賞。今、話題沸騰中の宮内優里が定期的に配信している「ほんじつのおんがく」で楽曲が採用されたことでフォーク・トロニカのシーンを中心に人気が高まってきている3人組。

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事