GHEEE、3年ぶりの新作を高音質で販売!

90年代中盤以降、渋谷系の流れを受けてギター・ロック・バンドたちが独自のシーンを築く中で、代表的な存在として活躍していたPEALOUT、PLAGUES、ZEPPET STORE。その中心メンバーが結成したGHEEE(ギー)が、3rdアルバム『Ⅲ』をリリース! メンバーそれぞれが別の活動を行う中、GHEEEとして年間20~40本ものライブを精力的に行い、ロック・バンドとして類稀なパワーを身に付けた、その真価をまざまざと見せつける作品となっている。ototoyでは高音質のHQD(24bit/48kHz)でお届け。さらに、アルバム購入者には歌詞付きのデジタル・ブックレットをプレゼント!


GHEEE / Ⅲ

1. Silver tongue / 2. Fast as nozomi / 3. The brilliant mexican blues / 4. Pretty insane ride / 5. Love in the shelter / 6. Rainbow chasing / 7. Bloody Tiffany / 8. Guess / 9. Tumbling flowers / 10. Loop road #8 / 11. Chain / 12. You're my plane

販売形式 : mp3 / HQD(24bit/48kHzのwav)

☆アルバム購入者には歌詞付きのデジタル・ブックレットをプレゼント!

深沼元昭&近藤智洋 INTERVIEW

ミュージシャン同士が集まって結成されるバンドは数あれど、明確なコンセプトを持って意義のある活動を続けている例は少ない。たいていはアルバム1枚のみのお祭り感覚で終わってしまい、継続的に何かを成し遂げることはほとんどないのが現状だろう。ベテランであればなおさらだ。

その意味で、2007年に結成されたGHEEEはここまで粘り強い活動を続けている。各々のスキルを活かしたシンプルかつラウドなギター・ロックはどこまでもブレることがないし、ライヴもコンスタントに行なっている彼ら。そして、このたび3作目のアルバム『Ⅲ』が完成した。このフレッシュな新作とこれまでのGHEEEの活動を含めて、バンドの中心人物である近藤智洋と深沼元昭に話を聞いた。

インタビュー&文 : 田山雄士

遠慮なく4分の1でいられる

——まず、GHEEEのこれまでの活動を振り返っていかがですか?

深沼元昭(以下、深沼) : 音楽的には場数を踏んで成長してGHEEEとしてのサウンドができていってる半面、4年間やってきてメンバー同士の関係性がびっくりするほど変わらないんですよね(笑)。みんな別のバンドやソロでものすごく忙しいんですけど、GHEEEをやることがそれぞれの音楽活動の中に自然に組み込まれてる気がします。基本的に雰囲気が穏やかで安心できる場所です。

——忙しいながらも充実していると。

深沼 : ライヴをやるのは大変ですけどね。リハも全然できないし、本番に対してリハの回数が極端に少ないから当日のライヴハウスのリハでなんとかする。そこで誰かがいないのも日常茶飯事だし(笑)。
近藤智洋(以下、近藤) : 会う時間がすごく短い状況なので、ある意味音を出してる瞬間が凝縮されてるというか。そういうのがどんどんライヴのたびに積み重なってるから、外から見たバンド感はより強くなってるんじゃないかな。

——今回のアルバムを聴くと、リズム隊の二人との呼吸もかなりよくなってきてる気がします。

近藤 : この4年間でHisayoちゃんもYANAもいろいろ他のバンドを始めて、そこで吸収したものをうまく持ち帰ってきてくれてるよね。自分の個性として出せてると思う。
深沼 : このバンドでは遠慮なく4分の1でいられるんですよ。誰も率いてなくて4人が適度な距離感で歩いてる感じなんだけど、バンドとしての演奏力は上がってきてますね。

——「Silver tongue」のリズムなんて、めちゃくちゃクールですよね。この曲を初めてライヴで聴いたとき、アルバムの世界観が見えた気がしました。

深沼 : GHEEEの場合は俺がある程度パイロット曲を狙って作るんですよ。近藤さんとのツイン・ヴォーカルをいかに演出するかとかメンバーそれぞれの個性とかいろいろ考えながら。「Silver tongue」はある種ミュージカル的にみんなの出番が次から次にやって来て、全員の今の魅力がよく見える曲になったと思います。

——近藤さんが弾くギターのイントロも今までと違う質感があります。

深沼 : 今までは作曲者の俺がまずイントロを弾いて、みんなに乗っかってきてもらうことが多かったんだけど、この曲はイントロで自分が何もやってないんですよ。他のみんなの演奏に乗っかって、歌から入っていく。で、そこから自分も弾いて、サビで近藤さんの歌が登場して、Hisayoちゃんもソロで歌う場面がある。そういう演出を考えるのが楽しいですね。

——PVもかっこいい仕上がりですよね。

深沼 : Hisayoちゃんがフィーチャーされてます。主演女優登場って感じで(笑)。
近藤 : あの映像は凝縮されたGHEEEをよく表わしてるね。

——近藤さんと深沼さんがいっしょにバンドをやってみて、お互いにすごいと思ったところは?

近藤 : 一番思うのはすごく客観的というか、常に一歩外から自分たちのことを見る視点が深沼くんにはある。さっきの話もそうだけど、パイロット曲を実際ちゃんと作ってくるからね。あとはミックスかな。

——他にはどんなときに客観性を感じますか?

近藤 : たとえば、歌の振り分けとかね。曲を書いてきても「近藤さんここ歌って下さいね」みたいなのがちゃんとできてて、頭で想像しながら曲を書いてるんだなって。俺は基本何も考えてないから(笑)。

——深沼さんはいかがですか?

深沼 : 近藤さんは本当に考えるより先に行動する人で、こんなにキャリアが長いのにその気持ちを失ってない。歌詞がまだ3行くらいしかできてないのに、平気で人前で歌っちゃうし(笑)。

——それはライヴでやってしまうということ?

深沼 : そう、まだ書いてきたばかりのやつをすぐに。ほとんど歌詞なんかできてないのに、「ここはだいたいこんなようなことをやるから」って言って、それに俺がコーラス付けるわけですよ(笑)。そういう状態でもとにかく人に見せていける勇気がすごい。俺はわりとそういうのちゃんとしてないと人前で出さない方なので。

——普通はそうですよね(笑)。

一同:(爆笑)

——自分の音楽的なルーツをこのバンドに持ち込んでいる感覚はありますか?

深沼 : そういうのは全然ないですね。コンセプトはある程度考えてあるから、それにふさわしい曲を書くだけ。
近藤 : 基本的にスピード感のある曲っていうのがコンセプトとしてあるから、バラードはあまりやらない。あってもアルバムで1曲くらい。ドラムは手数が多いよね。
深沼 : GHEEEの曲はリズムが一番難しいのでYANAさんには相当な負荷がかかるんだけど、それを一生懸命叩くことによって説得力が増してると思う。やっぱりYANAさんじゃないとGHEEEの音にならないんですよね。ライヴでも曲間ろくになしでアスリートみたいだけど、やり切ってる姿が大事なんです。あれで弱音を吐かないドラマーはなかなかいないですよ。

どう隙間を縫って暴れようかな

——前作から3年ぶりのアルバムですが、何か大きな変化はありますか?

深沼 : アルバムの作り方が特殊ですね。これまではリリースありきでやってきたところがあって、まずアルバムを作ってからその曲をライヴでやっていくということが多かったんですよ。でも、今回の曲はライヴでもうほとんどやってしまってるんです。それが集まってアルバムになってるのは自分のキャリアの中でもすごく珍しい。

——それって、さっき話に出た近藤さんの性格が大きいんですかね。

近藤 : あははは!
深沼 : とりあえずやっちゃうみたいな(笑)。
近藤 : 最近は新曲が半分くらいのライヴをやってたから。

——前作『RECONQUISTA』はファースト『GHEEE』の延長線上というか、ファーストの瞬発力や突破力をより突き詰めたアルバムだったと思うんですけど、それに比べて今回のサードは楽曲のバリエーションも増えて、また新たな段階に入った印象があります。

近藤 : 『RECONQUISTA』のツアーでライヴが変わったのが大きいかな。ファーストの頃はお客さんを見ながらただ演奏するだけの感じだったから、そのツアーに入る前くらいから客席の空気感をもうちょっと揺らしたい、変えたいと思ってたんだよね。俺が途中でギター置いてスタンドマイクだけで歌ったり客席に降りたりするようになって、ライヴが横の線から縦の線になった感覚というか、ちょっとずつ雰囲気が変わってきた。そういう雰囲気を踏まえたものがこの3年間に作った曲の要素としてあると思う。
深沼 : そうですね。ライヴやってく上で必要なものを作ってるところがありましたよね。

——ライヴの積み重ねによってできたアルバムなんですね。

深沼 : まさにそうです。
近藤 : ある程度の曲数が溜まった時点で、最後の詰めでライヴで全然やってない「Rainbow chasing」や「You're my plane」を書き足した形だね。俺が前作から飛躍的によくなったと思うのは、深沼くんのミックス。深沼くんに話を聞いたら、去年は他の仕事で80曲くらいミックスをやったらしくて。そういうのがたぶん経験値として活きてて、バンドの音を立体的に見せれるようになってるんだと思う。

——そうですね。「The brilliant mexican blues」や「Pretty insane ride」は今までにないカラっとした疾走感があって、音もすごくいいなって。

深沼 : 俺のエンジニアとしてのスキルも上がってるかもしれないけど、それぞれのパートの録り方を前よりもよく理解してきたんだと思います。前は出たとこ勝負だったのが今はよくわかってるから。

——アルバムの中盤以降、「Love in the shelter」や「Tumbling flowers」などではアコギをうまく織り交ぜてますよね。

深沼 : 「Tumbling flowers」は曲の頭から最後までけっこうずっとハモってるんですけど、メロディの感じを考えてもそうした方が活きるんです。それなら、ギターはエレキが主張する場面がもっと少なくてもいいなと思って。

——制作で苦労した楽曲はありますか?

深沼 : そんなにはないです。たとえば「The brilliant mexican blues」は最初はもっと全然シンプルな曲だったから、それにどう味付けをしていくかというのはありましたけどね。
近藤 : 1回録ったあとに、深沼くんからコーラスやギターを足した音源が送られてくるのね。それ聴くのが楽しみでさ。さっきの「Tumbling flowers」ももともとライヴではエレキでガシガシやってたんだけど、アコギにしましょうかって言ってくれて。そういうふうにアレンジが変わったものが送られてくるのが新鮮なんだよね。

——こういうバランス感覚のバンドは珍しいですよね。

深沼 : ツイン・ヴォーカルで3枚アルバム作ったのは大したもんですよね。普通こういうのって1、2枚で破綻するから。
近藤 : だいたい企画モノで終わっちゃうからね。1枚作ったけど、その後どうなったんだろう? ライヴもやらなくなったし、みたいな。
深沼 : あとは絡む曲がなくなって、それぞれのソロの集合体みたくなっちゃうとか。
近藤 : こんだけベタなツイン・ヴォーカルっていうのもありそうでないから。

——GHEEEはお二人の中でどういう位置付けですか?

深沼 : いい意味でプロ・ミュージシャン同士の部活ですね。みんな忙しい中で大変なんだけど、ちゃんとやることはやって集まってそれをライヴで見せる。このバンドがあることによって他の活動もひとつの気分転換としてやれるし、いろんなバランスが自分の活動の中ですごくいい位置にあるバンドなんだと思います。
近藤 : 俺は自分にとっての遊び場で、本当に自由に遊ばせてもらってる。ソロのときはバンドをどう仕切っていくかを考えるけど、GHEEEではまったくそんなこと考えない。音楽の姿勢としてはどう隙間を縫って暴れようかなみたいなことを考えてる。音的にもソロではアコースティックがメインだし、GHEEEではエレキのガンガン歪んだ音でやる。その両方があるから今の自分のバランスが取れてるんだよね。

——バランスが取れる場所なんですね。

深沼 : あとは長くやってきてるから、1つのことだけ集中してやってもいい結果にならないのがわかってるっていうのがある。
近藤 : そういうのは十分これまでやってきたからね。
深沼 : 10年以上のバンドを1つやって、全体のキャリアで言ったらもう20年だし。となると、音楽でやりたいことも1種類じゃないから。
近藤 : 1つのことをやるのはもう無理になってきてるんだよね。たぶん若いときだったら、メンバーとガーッとケンカしてでも自分のやりたいことを全部1つのバンドで消化しようとすると思うけど。だったら極端に分けてやった方がもっとおもしろいんじゃないかなって。
深沼 : 俺も出力するチャンネルが10くらいないと間に合わない。エンジニアもやりたいし、打ち込みもやりたいし、全部それなりの場所で放出していきたい。結局1ヵ所に集約しても、聴く方がわけわかんなくなっちゃうだろうし。GHEEEならGHEEEで求められているものだけを出す方が集中してできますね。

RECOMMEND

PLAGUES / OUR RUSTY WAGON

90年代を唯一無二のR&Rで駆け抜けたプレイグスが2010年に突如、復活。自らその軌跡を辿り直したリテイク・ベスト・アルバム。全て新録によるオール・キャリアの代表作に加えて、新曲2曲を含む全30曲を収録した、あらゆる世代を震撼させるマスターピース。

acari / プリズム

三浦コウジの独特で繊細な歌声と切ないメロディー、60'sソフトロックやUSオルタナティブを消化したサウンドは、センチメンタルながら激しく包み込まれる独自の世界。フジファブリックも手がけた片寄明人(Great 3)をプロデューサーに迎えて、いよいよシーンに急浮上する。

wheellz / 20 -Twenty-

60年代UKから90年代オルタナまでを消化したサウンド、狂気を内包したメロディアスな楽曲と、カリスマ性を備えたボーカルが圧倒的な存在感を放つ3ピース・ギターロック・バンド。浅井健一とのコラボでも辣腕を振るう深沼元昭(プレイグス)プロデュースによる1stフル・アルバム。

GHEEE PROFILE

Vocal&Guitar : 近藤智洋(ex.PEALOUT)
Vocal&Guitar : 深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)
Bass : Hisayo(tokyo pinsalocks/a flood of circle)
Drums : YANA(NACANO/ZEPPET STORE)

90年代中盤以降、渋谷系の流れを受けて先鋭的かつ洋楽志向のギターロック・バンド達が独自のシーンを築く中、その代表的存在として活躍していたPEALOUT、PLAGUES、ZEPPET STORE。その中心メンバー達が満を持して2007年初頭、新たに結成。近藤智洋(PEALOUT)と深沼元昭(PLAGUES)の各フロント・マンがツイン・ボーカルをとる夢の2トップが実現。2007年7月25日に1stアルバム『GHEEE』、2008年3月12日に2ndアルバム『Reconquista--レコンキスタ--』を発売すると、全国各地でライブも展開。そのラウドかつ問答無用のギター・ロックは世代を超えて熱い支持を集めている。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事