Chris OlleyとBlindfold

91年に結成されたイギリスはノッティンガムのバンド、SIX BY SEVEN。そのブレーンであるChris Olleyのソロ作品をまとめた日本独自編集盤『The Continuing Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』が発売された。OTOTOYで特集記事を組んだ注目のkilk recordsからのリリース。ジャンルレスで独創性重視というレーベルの姿勢にとてもふさわしいアーティストだと思う。なぜなら、Chris Olleyが生み出すサウンドは、彼ならではのサイケデリック感覚と美しさに満ちており、ラウドなロックからドリーミィなシューゲイザー的轟音、シンガー・ソングライター然としたささやかな小曲まで実に幅広いからだ。初となる今回の日本盤も多彩な楽曲が収められ、そのセンスがあらためて窺える充実作となっている。リリースの経緯とアルバムの内容について、Chrisに聞いた。

なお、kilk recordsからは同発でアイスランド出身の5人組、Blindfoldのセカンド・アルバム『Faking Dreams』もリリース。彼らの夢見心地な美しきサウンド・スケープもぜひ合わせてチェックしてほしい。

インタビュー & 文 : 田山 雄士

Chris Olley / The Adventures Of Baron Munchausen By Proxy

『The Blackest Soul EP』『East Of Edale EP』『A Streetcar Named Disaster』の3枚から収録され、日本では先ずお目に掛れないレアなトラックも含めた珠玉の選曲はクリス自らセレクト。キャリアを振り返る事が出来る上に、彼自身も納得の作品であることは間違いない。粒ぞろいの名曲が並んだベスト的な内容としても楽しめる。ノイジーなギター・サウンドに、心動かすポップなメロディ。全盛期のSIX BY SEVENより好きだ! という人が沢山いても可笑しくない素晴らしい仕上がりになっている。


Blindfold / Faking Dreams

各国メディアがこぞって大絶賛する、アイスランド出身、Blindfoldの2ndアルバムは白昼夢のような感動の作品。Sigur RosやKyteに通ずる幽玄なサウンド・スケープ、RadioheadやColdplayを彷彿とさせる美しくもメランコリックなメロディ。柔らかくも広がりをみせるシンセの上をチェロの音色が舞い、伸びやかな高音ヴォーカルが重なる前には、最早驚く暇もなく目を閉じて、うっとりさせられるであろう。


INTERVIEW

——日本独自編集盤『The Continuing Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』は、『The Blackest Soul EP』『East Of Edale EP』『A Streetcar Named Disaster』の3作品をまとめたものになりますが、そうした形態でリリースする理由を教えて下さい。

Chris Olley(以下C) : kilk recordsから「日本のリスナーのために、過去の作品から全てを伝え切れるようなアルバムにするアイデアはないだろうか? 」という提案があり、そこからこの形態を思いついたんだ。

——選曲はどのようにして決められたのでしょうか?

C : kilk recordsにも意見を聞きつつ、最終的には僕がそれぞれの過去作から自信のある楽曲を選んで決めたんだ。とてもいい選曲になったと思ってるよ。あと、アルバムのタイトルは言葉遊び的な感じのものにした。ユーモラスなのが好きなんだよね。

——ジャケット写真は、SIX BY SEVENのファースト・アルバム『The Things We Make』(98年)を想起させますね。

C : うん。あと、これってJoy Divisionの「Unknown Pleasures」を彷彿とさせるでしょ? 実は過去に何かでもらった日本のポストカードから得たアイディアなんだよ。それに遊び心でラインを加えたりしてみたというわけさ。

——世界的に盛り上がりを見せていますが、特に日本ではこの数年、シューゲイザーのリバイバル傾向があります。そのような状況に関してどう思われますか? 「Way Up High」や「Everything Must Take It's Course」は、最近シューゲイザーを知ったようなファンにも届くサイケでキャッチーな楽曲だと思います。

C : その通りだね。そういえばこのシューゲイザーのリバイバルを「newgaze(ニューゲイズ)」って言うんだってね! シューゲイザーという枠で捉えてもらってもいいし、全然悪い気はしないよ。

——最近お気に入りのミュージシャンやバンド、作品などがあれば教えて下さい。

C : 今凄く惹かれてるのが、Underworld『Barking』だね。

シンプルなギターのみでの曲を書いてみようと思ったんだ

——このアルバムはこれまでの活動の集大成という感じがします。サイケデリックでダークなものもあれば、シューゲイザーの轟音もありますし、シンプルなサウンド・プロダクションが活きた「Who Cares About Tomorrow Anyway」には、Elliott Smithのような叙情を感じもしました。今のタイミングで、自分の中にあるものを一度すべて出し切りたいような思いがあったのでしょうか?

C : そうでもないかな。僕は常にそのときにベストである曲を作るし、そうあり続けたいと願ってるよ。あ、でも確かにElliott Smithみたいな曲は作りたいとは思ったけどね!

——さまざまなタイプの楽曲がありますが、ギター・サウンドに対してこだわっていることはどんなことですか?

C : サウンドのこだわりとはちょっと違うかもしれないけど、ギター・トラックを重ねて音を作るのが好みだね。RickenbackerとVOXのAC30を愛用していて、アコースティックのmartinも使ってるよ。あとはTech 21のLiverpoolのペダルを頻繁に使用してるけど、基本的にエフェクトはそんなに使わないかな。

——『A Streetcar Named Disaster』の楽曲はフォーク寄りのものが多く、バンド時代には見られなかった新たな魅力が感じられます。こういった作品はあまり凝り固まらずに出来上がるものなのでしょうか?

C : SIX BY SEVENを去ってから、僕はバンドにはなかったシンプルなギターのみでの曲を書いてみようと思ったんだ。そうするとちょっとフォークっぽくなるよね。そういうものが最近すごく心地いい。曲作りの時間に関しては、物凄く時間がかかるときもあれば、すぐ出来ちゃうときもある。曲次第かな。

——SIX BY SEVENとソロ作品の違いを挙げるとすればどんなところになるのでしょうか?

C : うーん。僕は自分が作る作品においては常に妥協してはいけなかった。バンドの曲でも、実はバンド全体でのレコーディングで出来た作品はなくて、全部の楽器を僕が演奏してたんだ。SIX BY SEVENにしても僕の曲にしても、いつも僕の音の要素を聴いてもらえるはずだよ。

——SIX BY SEVENから数えればもう約20年の活動歴になりますが、最近の状況について、そして今後の活動について何か展望があれば聞かせて下さい。バンドの動きも何か予定があれば、知りたいです。

C : バンドを再開したいなとも思うんだけど、なかなかね... (苦笑)。ひとまず、今は日本のリスナーにこのアルバムを聴いて楽しんでもらいたいな。

PROFILE

Chris Olley
今や伝説的なUKサイケデリック・ロックバンド、SIX BY SEVENのギター・ヴォーカルでありフロント・マン。98年、“ロック史上最も優れたデビューシングル”とも評されたシングル、「European Me」でSIX BY SEVENはデビュー。その後もバンドの中心人物として、数々の名作を世に送り続けてきた。2005年に惜しまれつつもバンドは解散。浮遊感のあるサウンドに、ノイジーなギターが絡んだ独自のサウンドは、今でも熱烈なファンが多く存在している。2009年には「A Streetcar Named Disaster」でソロ・デビュー。SIX BY SEVENのサウンドを受け継ぎつつも、さらに洗練されたメロディーに、英国メディアからは賞賛の声が上がっている。

Blindfold
夢と現実のはざまを歩いているような独特のサウンドを奏でる、アイスランド在住の五人組バンド。人の心を掴んで放さない魅力的な声のヴォーカル、感情の波のように揺らめくギター、そしてメランコリックで美しい楽曲の数々。Sigur Ros、Radiohead、kyteのような、美しくも独創的な世界観。彼らが巨大な存在になる日も、そう遠くはないのかもしれない。

Kilk recordsのバンド達

Sundelay / story light

精力的なライブ活動で高い支持を集めている、5人組インストゥルメンタル・バンドのデビュー作。作品全体から放たれる、優しくも熱い、ギラギラとしたサウンド。それはまるで、宇宙に浮かぶ太陽からの贈り物のようにすら感じられる。サイケデリックな精神世界、ポスト・ロックの緻密さや美しさ、ジャム・バンドのような解放感、それら全てが絶妙なバランスで溶け合った快作!

Aureole / Imaginary Truth

飽和状態のオルタナティブ・ロック、ポスト・ロックやエレクトロニカ・シーンに一石を投じる、オリジナリティ溢れるネクスト・サウンド! ロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケや民族音楽などを通過した楽曲は、驚くほどポップな感触ですんなり聞き手へと浸透していくことだろう。日本語詞を独特な響きで歌い上げるイノセントなヴォーカル。ギター、ピアノ、ビブラフォンやフルートなどの生楽器とエレクトロニクスが織り成す絶妙なアンサンブル。グルーヴィーでありながら、時に攻撃的なドラムとベース。現実のような夢、夢のような現実。見覚えのある未知なる地、記憶から消されたゆかりの地「Imaginary Truth」。

OTOTOY Kilk records特集 http://ototoy.jp/feature/index.php/20110121
Kilk records official HP http://kilk.jp/

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事