Chris OlleyとBlindfold

91年に結成されたイギリスはノッティンガムのバンド、SIX BY SEVEN。そのブレーンであるChris Olleyのソロ作品をまとめた日本独自編集盤『The Continuing Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』が発売された。OTOTOYで特集記事を組んだ注目のkilk recordsからのリリース。ジャンルレスで独創性重視というレーベルの姿勢にとてもふさわしいアーティストだと思う。なぜなら、Chris Olleyが生み出すサウンドは、彼ならではのサイケデリック感覚と美しさに満ちており、ラウドなロックからドリーミィなシューゲイザー的轟音、シンガー・ソングライター然としたささやかな小曲まで実に幅広いからだ。初となる今回の日本盤も多彩な楽曲が収められ、そのセンスがあらためて窺える充実作となっている。リリースの経緯とアルバムの内容について、Chrisに聞いた。

なお、kilk recordsからは同発でアイスランド出身の5人組、Blindfoldのセカンド・アルバム『Faking Dreams』もリリース。彼らの夢見心地な美しきサウンド・スケープもぜひ合わせてチェックしてほしい。

インタビュー & 文 : 田山 雄士

Chris Olley / The Adventures Of Baron Munchausen By Proxy

『The Blackest Soul EP』『East Of Edale EP』『A Streetcar Named Disaster』の3枚から収録され、日本では先ずお目に掛れないレアなトラックも含めた珠玉の選曲はクリス自らセレクト。キャリアを振り返る事が出来る上に、彼自身も納得の作品であることは間違いない。粒ぞろいの名曲が並んだベスト的な内容としても楽しめる。ノイジーなギター・サウンドに、心動かすポップなメロディ。全盛期のSIX BY SEVENより好きだ! という人が沢山いても可笑しくない素晴らしい仕上がりになっている。


Blindfold / Faking Dreams

各国メディアがこぞって大絶賛する、アイスランド出身、Blindfoldの2ndアルバムは白昼夢のような感動の作品。Sigur RosやKyteに通ずる幽玄なサウンド・スケープ、RadioheadやColdplayを彷彿とさせる美しくもメランコリックなメロディ。柔らかくも広がりをみせるシンセの上をチェロの音色が舞い、伸びやかな高音ヴォーカルが重なる前には、最早驚く暇もなく目を閉じて、うっとりさせられるであろう。


INTERVIEW

——日本独自編集盤『The Continuing Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』は、『The Blackest Soul EP』『East Of Edale EP』『A Streetcar Named Disaster』の3作品をまとめたものになりますが、そうした形態でリリースする理由を教えて下さい。

Chris Olley(以下C) : kilk recordsから「日本のリスナーのために、過去の作品から全てを伝え切れるようなアルバムにするアイデアはないだろうか? 」という提案があり、そこからこの形態を思いついたんだ。

——選曲はどのようにして決められたのでしょうか?

C : kilk recordsにも意見を聞きつつ、最終的には僕がそれぞれの過去作から自信のある楽曲を選んで決めたんだ。とてもいい選曲になったと思ってるよ。あと、アルバムのタイトルは言葉遊び的な感じのものにした。ユーモラスなのが好きなんだよね。

——ジャケット写真は、SIX BY SEVENのファースト・アルバム『The Things We Make』(98年)を想起させますね。

C : うん。あと、これってJoy Divisionの「Unknown Pleasures」を彷彿とさせるでしょ? 実は過去に何かでもらった日本のポストカードから得たアイディアなんだよ。それに遊び心でラインを加えたりしてみたというわけさ。

——世界的に盛り上がりを見せていますが、特に日本ではこの数年、シューゲイザーのリバイバル傾向があります。そのような状況に関してどう思われますか? 「Way Up High」や「Everything Must Take It's Course」は、最近シューゲイザーを知ったようなファンにも届くサイケでキャッチーな楽曲だと思います。

C : その通りだね。そういえばこのシューゲイザーのリバイバルを「newgaze(ニューゲイズ)」って言うんだってね! シューゲイザーという枠で捉えてもらってもいいし、全然悪い気はしないよ。

——最近お気に入りのミュージシャンやバンド、作品などがあれば教えて下さい。

C : 今凄く惹かれてるのが、Underworld『Barking』だね。

シンプルなギターのみでの曲を書いてみようと思ったんだ

——このアルバムはこれまでの活動の集大成という感じがします。サイケデリックでダークなものもあれば、シューゲイザーの轟音もありますし、シンプルなサウンド・プロダクションが活きた「Who Cares About Tomorrow Anyway」には、Elliott Smithのような叙情を感じもしました。今のタイミングで、自分の中にあるものを一度すべて出し切りたいような思いがあったのでしょうか?

C : そうでもないかな。僕は常にそのときにベストである曲を作るし、そうあり続けたいと願ってるよ。あ、でも確かにElliott Smithみたいな曲は作りたいとは思ったけどね!

——さまざまなタイプの楽曲がありますが、ギター・サウンドに対してこだわっていることはどんなことですか?

C : サウンドのこだわりとはちょっと違うかもしれないけど、ギター・トラックを重ねて音を作るのが好みだね。RickenbackerとVOXのAC30を愛用していて、アコースティックのmartinも使ってるよ。あとはTech 21のLiverpoolのペダルを頻繁に使用してるけど、基本的にエフェクトはそんなに使わないかな。

——『A Streetcar Named Disaster』の楽曲はフォーク寄りのものが多く、バンド時代には見られなかった新たな魅力が感じられます。こういった作品はあまり凝り固まらずに出来上がるものなのでしょうか?

C : SIX BY SEVENを去ってから、僕はバンドにはなかったシンプルなギターのみでの曲を書いてみようと思ったんだ。そうするとちょっとフォークっぽくなるよね。そういうものが最近すごく心地いい。曲作りの時間に関しては、物凄く時間がかかるときもあれば、すぐ出来ちゃうときもある。曲次第かな。

——SIX BY SEVENとソロ作品の違いを挙げるとすればどんなところになるのでしょうか?

C : うーん。僕は自分が作る作品においては常に妥協してはいけなかった。バンドの曲でも、実はバンド全体でのレコーディングで出来た作品はなくて、全部の楽器を僕が演奏してたんだ。SIX BY SEVENにしても僕の曲にしても、いつも僕の音の要素を聴いてもらえるはずだよ。

——SIX BY SEVENから数えればもう約20年の活動歴になりますが、最近の状況について、そして今後の活動について何か展望があれば聞かせて下さい。バンドの動きも何か予定があれば、知りたいです。

C : バンドを再開したいなとも思うんだけど、なかなかね... (苦笑)。ひとまず、今は日本のリスナーにこのアルバムを聴いて楽しんでもらいたいな。

PROFILE

Chris Olley
今や伝説的なUKサイケデリック・ロックバンド、SIX BY SEVENのギター・ヴォーカルでありフロント・マン。98年、“ロック史上最も優れたデビューシングル”とも評されたシングル、「European Me」でSIX BY SEVENはデビュー。その後もバンドの中心人物として、数々の名作を世に送り続けてきた。2005年に惜しまれつつもバンドは解散。浮遊感のあるサウンドに、ノイジーなギターが絡んだ独自のサウンドは、今でも熱烈なファンが多く存在している。2009年には「A Streetcar Named Disaster」でソロ・デビュー。SIX BY SEVENのサウンドを受け継ぎつつも、さらに洗練されたメロディーに、英国メディアからは賞賛の声が上がっている。

Blindfold
夢と現実のはざまを歩いているような独特のサウンドを奏でる、アイスランド在住の五人組バンド。人の心を掴んで放さない魅力的な声のヴォーカル、感情の波のように揺らめくギター、そしてメランコリックで美しい楽曲の数々。Sigur Ros、Radiohead、kyteのような、美しくも独創的な世界観。彼らが巨大な存在になる日も、そう遠くはないのかもしれない。

Kilk recordsのバンド達

Sundelay / story light

精力的なライブ活動で高い支持を集めている、5人組インストゥルメンタル・バンドのデビュー作。作品全体から放たれる、優しくも熱い、ギラギラとしたサウンド。それはまるで、宇宙に浮かぶ太陽からの贈り物のようにすら感じられる。サイケデリックな精神世界、ポスト・ロックの緻密さや美しさ、ジャム・バンドのような解放感、それら全てが絶妙なバランスで溶け合った快作!

Aureole / Imaginary Truth

飽和状態のオルタナティブ・ロック、ポスト・ロックやエレクトロニカ・シーンに一石を投じる、オリジナリティ溢れるネクスト・サウンド! ロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケや民族音楽などを通過した楽曲は、驚くほどポップな感触ですんなり聞き手へと浸透していくことだろう。日本語詞を独特な響きで歌い上げるイノセントなヴォーカル。ギター、ピアノ、ビブラフォンやフルートなどの生楽器とエレクトロニクスが織り成す絶妙なアンサンブル。グルーヴィーでありながら、時に攻撃的なドラムとベース。現実のような夢、夢のような現実。見覚えのある未知なる地、記憶から消されたゆかりの地「Imaginary Truth」。

OTOTOY Kilk records特集 http://ototoy.jp/feature/index.php/20110121
Kilk records official HP http://kilk.jp/

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事