イギリスの4ADにCreation Records、ドイツのMorr MusicやアメリカのClairecordsといったレーベルは、80年代以降のオルタナティヴ・ロック、シューゲイザー、ギター・ポップやエレクトロニカのファンなら誰もが通る道と言っても過言ではない。Bertoia(ベルトイア)の5人もそんなインディ・ロックに魅せられ、胸を躍らせてきた根っからの音楽好きだ。

デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』には、彼らのルーツがしっかりと刻まれている。さらに現代的な感性がうまくミックスされたことで、そのサウンドは懐かしさと新しさが香る独特なものとなった。ちなみに、Bertoiaのメンバーは別プロジェクトでも活動中。露谷麻衣はmurmurとして、根岸たくみはswimmingpoo1としてそれぞれ作品をリリースしている。しかしながら、Bertoiaで聞こえてくるのは単なるギター・ポップでもフォークトロニカでもなかった。一体、このドリーミーなアルバムはどのようにして生まれたのだろうか。バンドの結成から現在に至るまでを、リーダーのShokk、murmur、根岸たくみの3人に聞いた。

インタビュー&文 : 田山 雄士

Bertoia / MODERN SYNTHESIS

01. MONOTONE / 02. Glass Bird / 03. Fin / 04. Snow Slide
05. 1974LAB. / 06. AnthRelax / 07. PURPLE ROOM
08. Upside Down / 09. Moon Note / 10. B person

MP3 : 単曲150円、まとめ購入1500円
WAV : 単曲200円、まとめ購入2000円

【初回特典】まとめ購入のみ、4曲のボーナス・トラックあり


やっぱりシューゲイザーの要素は外せない

――結成のいきさつを教えて下さい。

Shokk(以下、S) : murmurが出演してたギター・ポップ系のライヴの打ち上げでたまたまこの3人がいっしょになって、そこでギター・ポップの中でも哀愁系のメロディが好きっていう話で盛り上がったんです。Morr Musicやシューゲイザーが好きなこともわかって。

――共通項が見つかったんですね。

murmur(以下、M) : ギター・ポップ好きだとCardigansやFlipper’s guitarの話になりがちなんですけど、Shokkくんとしゃべったときにルーツを辿っていったらMy Bloody Valentineに行き着いたんです。あと、Morr MusicのGutherっていうエレクトロニカでネオアコっぽいユニットがいて。
根岸たくみ(以下、N) : mixiコミュニティだとネオアコトロニカってなってた(笑)。
S : Lali Punaもね。そのへんのキーワードで意気投合したというか。

――最初に知り合ったのはもっと前ですか?

M : Shokkくんが学生時代にcyclon 86っていうネオアコ~ギター・ポップのバンドをやってたんです。そのcyclon 86も入ってるコンピがブルーバッジ・レーベルから出てるんですけど、そのブルーバッジのイベントにわたしも出させてもらったりしてて。
S : 最初はそういうギター・ポップのコミュニティで知り合いました。

――そのあと、メンバーも増えていって。

N : Shokkくんの学生時代の後輩であるYuくんを加えて、そこから4人で宅録を始めました。
M : 最初はGutherみたいなのをやろうって話してて、そのときできた曲が「Fin」と「Upside Down」ですね。
S : まだそのときは方向性が固まってなくてエレクトロニカ寄りだったんですけど、ルーツを辿っていくとやっぱりシューゲイザーの要素は外せないだろうと。

――結成は2007年ですけど、ライヴは最近までやっていなかった?

S : ライヴをやるのはアルバムを作ってからと決めてました。他のバンドとは逆のことをやろうって(笑)。みんな普段働いててそんなに合わせられないし、ライヴをやることでアルバムが遅れるよりも、先に形にしたかったんです。
M : でも、Bertoiaのレコーディングの最中にmurmurのファースト・フル・アルバムを出すことになって、そのときはそっちをやってたり。swimmingpoo1もリリースがあったし。

――murmurやswimmingpoo1の音源も、けっこう同じメンツで作ってたりするんですよね?

S : そうですね、もうガッツリやってます(笑)。
M : お互いサポートし合って(笑)。
N : だいたいメンバー一緒ですね。

――ドラムの今村さんもですよね。

N : 僕の大学の同級生で、murmurとswimmingpoo1でも手伝ってもらってて。Bertoiaも最初は4人で曲を作ってたんですけど、ライヴを考え出したときにやっぱりドラムにいてほしいなって。

――スタジオはコンスタントに入っていたんですか?

N : 全部、家で宅録ですね。スタジオはライヴ前に入るくらいで。
S : 全員ちゃんと集合したのが結成から2年経ったくらい(笑)。アルバムを作る上ではそれで問題なかったですね。

――Shokkさんはcyclon 86を辞めたあと、バンド活動はされてたんですか?

S : やってなかったんです。1回音楽を離れて、ビジネス活動に専念してて。cyclon 86を辞めたのが2000年で6年間は完全に封印してたんですけど、そのあとに復帰しました。その間ずーっと溜めてたものをBertoiaで出した感じですね。

不協和音的なコード感、哀愁のあるメロディやハーモニー

――サウンドがシューゲイザーに向かったきっかけは?

M : わたし的に衝撃だったのがSoundpoolっていうバンドですね。
S : 僕はSchool Of Seven Bellsかな。

――ブルックリン周辺の若手バンドですね。

N : あとはやっぱりLushとPale Saintsじゃない?
S : うん、80~90年代のそのへんはもともと好きだったし。ルーツの探り合いはしましたね。
M : そういうのをもう1回聴き直したりとかして。

――再構築していったんですね。

N : そうですね、4ADの感じとか。
S : 4ADはかなり意識したね。そこから出ても違和感がないようなものにしようと(笑)。15~20年経った今、そういうのをやるのは逆に新しいと思って。その時代が好きな人は喜んでくれるだろうし、若い子たちは初めて聴く感覚かもしれないし。

――ルーツを大事にしつつ、好きな音を鳴らして楽しんでいるのが伝わってきます。

N : 僕とmurmurはリアル・タイムじゃないんで、Shokkくんに教わりながらでしたね。
S : 僕は90年代がリアル・タイムなんですよ。大学生のときに10年前のMy Bloody Valentineを聴いてたりしてた。
M : わたしもギター・ポップやってるんですけど、根本的には高校生くらいからMy Bloody ValentineやRideが好きだったんで、そういうのもずっとやりたいなと思ってました。

――シューゲイザー的なバンドをやるのは全員初めてだけど、バンドが始まってもつまづくことはなかった?

N : わりとすんなり行きましたね。
M : Shokkくんが入れるギターとかもすぐ納得できたし。何をしても通じ過ぎてて(笑)。
S : ルーツが固定されてたのがデカいよね。

――曲の作り方はどんな感じで?

S : 3パターンありますね。メインは僕とmurmurの2人で、お互いが完全に作ってくるヴァージョンか、フレーズを持ち寄って合わせるパターンです。
M : わたしがAメロ、Bメロ作って、Shokkくんがそこに気持ちいいサビを考えてくれることが多いかも(笑)。「MONOTONE」もそうですね。

――たくみさんは作らないんですか?

N : 僕はもう、ここは辞退して(笑)。ソング・ライター多いし。僕はその場でいっしょに録音して、曲の尺を作ったり打ち込みを入れたりしてます。
S : 基本僕らはコード進行とメロディの2本柱で曲を作ってるから、それぞれの曲を混ぜるのもやりやすいですね。

――音響部分は最後の段階で重ねていって。

N : 曲を作ってる途中にも仮で打ち込みは入れて、それをどんどん構築していきます。ギターも素材をみんなに録ってもらって重ねていく。

――ライヴを観ていると、一番気になるのってたくみさんなんですよね。いろいろな音を出していて。

N : 打ち込みの音もギターも出してます。音源だとギターを数本重ねてて、多い曲は15本くらい重ねてるんですよ。その足りないところや手で弾けない逆再生の部分を流してたりします。

――ああいうふうにライヴでPCを持ち込むのは、Bertoiaが初めてですか?

N : はい、同期させるのはやったことないですね。僕以外の4人でしっかりやったとしても、たぶん普通になっちゃうと思うんですよ。
S : Bertoiaの音を表わすには、音のトラック数が4本じゃなくて15本必要なんだよね。

左から露谷麻衣(murmur)、Shokk、根岸たくみ

――たとえば「MONOTONE」や「Glass Bird」をライヴでやるときに、ギターのYuさんはアルペジオを丁寧に弾いていて、シューゲイザー的な音をたくみさんがPCで出しているのが面白いなって。ギターは激しく掻き鳴らすというより、丸みのある音でポップに聴かせてますね。

M : 基本はやっぱりポップですね。
S : シューゲイザーの捉え方はいろいろありますよね。僕らは轟音がやりたいわけじゃなくて、その不協和音的なコード感、哀愁のあるメロディやハーモニーを出すのがやりたいんです。

――ラウドやノイジーなものには惹かれない?

S : 攻撃的なギターを聴かせたいわけではないですね。轟音だけに頼らないシューゲイズの括りというか。
N : The Pains Of Being Pure At Heartもあまり轟音やってないけど、シューゲイザーとされてるし。耳に刺さらないノイズにしてあります。

――そのあたりの狙いは、聴いててすごく感じます。

N : たとえば、曲の長さとか曲数とか、そういう聴きやすさの点ではシューゲイザーよりポップスの方で考えましたね。
S : シューゲイザーはキーワードとして当てはまるけど、基本はインディ・ポップの路線だよね。

歌詞は音として捉えてる部分が大きい

――浮遊感やヴォーカルの重ね方も大事にしているように聞こえます。

M : シューゲイザーってヴォーカルが小さいものが多いんですけど、ちゃんと歌ものにしたかったんです。
S : 歌ものでフワフワ感があるサウンドだよね。メロディも邦楽っぽくならないように、洋楽に聞こえるように考えました。

――歌詞が英語なのもそういうところからですか?

S : メンバーがみんな洋楽リスナーなので、海外の人にも聴いてもらいたいなって。歌詞は音として捉えてる部分が大きいかな。
M : なるべく音に気持ちよく合うようにしてます。たとえば、語尾を「アー」にするとか。

――ソロ(murmur)のときと比べて、歌や詞で意識していることはありますか?

M : ソロのときはギター・ポップなのでかわいい感じを意識してたんですけど、Bertoiaの場合は棒読みというか、無な感じが合うなって思って。詞の内容も謎解きみたいにしてあります。
N : 読みものとして面白いよね。あとはコーラス・ワークを徹底してます。気持ちいいラインを考えて。

――他のメンバーがコーラスを入れたりはしないんですか? シューゲイザーで男女ヴォーカルっていうのも多いですよね。

N : 僕がやってもいいんですけどね。これを機にやりましょうか、エンジェル・ヴォイスで(笑)。
一同 : (爆笑)

――ちなみに、2作目を作る予定はあるんですか?

N : ばっちり考えてます。まだ録ってはいないですけど。
S : 1回やって形にするやり方がわかったし、湯水のようにメロディは出てくるんで(笑)。ネタはもう作り始めてます。

――それは楽しみですね。

N : 2枚目を最高傑作にして、3枚目が解散アルバムです(笑)。
M : なんでそんなウソつくの(怒)!?
S : いつメジャーに売り込もうかっていう。仕事続けながらメジャーで出すのが僕は夢ですけどね。FLEETさんとかそれやってるから。

――お仕事をしながらというのはネックだったりしますか?

S : バンド活動だけで見たらそうかもしれないですけど、それが僕らの生き方だし。
M : なんか、でもいい感じやんね(笑)。

――2作目以降でやってみたいことは?

S : まだちゃんと話し合ってないですけど、みんなそれぞれあると思います。
N : 歌詞に日本語を入れようかっていうのは、今けっこう話してて。

――まずはライヴですかね。本当にたくさんやってほしいです。ライヴを観てかっこよさを知ってもらいたい。

N : ダイヴしてもキャッチしてくれる人がいるくらいになりたいですね。
M : たくみくん、ジョーク混ぜるのやめて(怒)!
一同 : (爆笑)

――初ライヴが2010年の12月で、ライヴはまだ3回やっただけですもんね。

M : ライヴ・ハウスでの大きい音で聴いてほしいです!
S : たくさんやっていきたいと思ってますよ。同じジャンルの海外アーティストの前座とかやりたいですね。ブルックリンでライヴやりたい!

PROFILE

Shokk (Yuta Ikawa) : bass, guitar, keybord
Mai Tsuyutani (murmur) : vocal, guitar, glockenspiel
Takumi Negishi : electronics
Yu : guitar
Imamura : drums

哀愁感あふれるドリーミーな東京発・5人組シューゲイズ・インディ・ポップ・バンド「ベルトイア」。
80~90'sのUS、UKシーンをルーツに持ちつつも、ギター・ポップ、エレクトロニカ、シューゲイザーを吸収した2010’sサウンドに昇華。2007年の結成から3年近くを費やしその真価を遺憾なく発揮した待望のファースト・アルバム『MODERN SYNTHESIS』を2011年4月にリリース。メンバーの根岸たくみはフォークトロニカ・ユニットswimmingpoo1、露谷まい は murmurとしてネオアコ/ギター・ポップのソロ・ユニットでも活動中。

Bertoia official website

あらゆる音に溶けゆくウィスパー・ヴォイス

石橋英子 / carapace

各所から絶賛を浴びた前作『drifting devil』発表後、真に注目されるミュージシャンとなった石橋英子。待望の本作はジム・オルークのプロデュースによる、彼女のすばらしき才能が溢れ出した最上級のポップ・アルバム!

扇谷一穂 / たくさんのまばたき remixed by SPANOVA

シンガー・ソング・ライターの扇谷一穂のオリジナル・アルバム『たくさんのまばたき』収録曲を、レーベル・メイトでもあるSPANOVAがリミックス! しなやかに響く彼女のヴォーカルと、SPANOVAが繰り広げるトラック・マジックは、楽曲の世界をより深く壮大に描き出しています。本作はOTOTOYだけの販売。さらにHQD(24bit/48kHzのWAV)での配信です。

EeL / フォー・コモン・ピープル

関西インディーズ界のカリスマ歌姫EeL待望のNEWアルバム! メルヘンを飛び越えて異空間へと転がり込む、破天荒型ポップ・ワールド! トロピカル、サーフ、カリビアン、パンク、レゲエ、スカなど、カラフルなポップのエッセンスをふんだんに取り込んだ、EeLの音楽異次元冒険物語。

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事