イギリスの4ADにCreation Records、ドイツのMorr MusicやアメリカのClairecordsといったレーベルは、80年代以降のオルタナティヴ・ロック、シューゲイザー、ギター・ポップやエレクトロニカのファンなら誰もが通る道と言っても過言ではない。Bertoia(ベルトイア)の5人もそんなインディ・ロックに魅せられ、胸を躍らせてきた根っからの音楽好きだ。

デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』には、彼らのルーツがしっかりと刻まれている。さらに現代的な感性がうまくミックスされたことで、そのサウンドは懐かしさと新しさが香る独特なものとなった。ちなみに、Bertoiaのメンバーは別プロジェクトでも活動中。露谷麻衣はmurmurとして、根岸たくみはswimmingpoo1としてそれぞれ作品をリリースしている。しかしながら、Bertoiaで聞こえてくるのは単なるギター・ポップでもフォークトロニカでもなかった。一体、このドリーミーなアルバムはどのようにして生まれたのだろうか。バンドの結成から現在に至るまでを、リーダーのShokk、murmur、根岸たくみの3人に聞いた。

インタビュー&文 : 田山 雄士

Bertoia / MODERN SYNTHESIS

01. MONOTONE / 02. Glass Bird / 03. Fin / 04. Snow Slide
05. 1974LAB. / 06. AnthRelax / 07. PURPLE ROOM
08. Upside Down / 09. Moon Note / 10. B person

MP3 : 単曲150円、まとめ購入1500円
WAV : 単曲200円、まとめ購入2000円

【初回特典】まとめ購入のみ、4曲のボーナス・トラックあり


やっぱりシューゲイザーの要素は外せない

――結成のいきさつを教えて下さい。

Shokk(以下、S) : murmurが出演してたギター・ポップ系のライヴの打ち上げでたまたまこの3人がいっしょになって、そこでギター・ポップの中でも哀愁系のメロディが好きっていう話で盛り上がったんです。Morr Musicやシューゲイザーが好きなこともわかって。

――共通項が見つかったんですね。

murmur(以下、M) : ギター・ポップ好きだとCardigansやFlipper’s guitarの話になりがちなんですけど、Shokkくんとしゃべったときにルーツを辿っていったらMy Bloody Valentineに行き着いたんです。あと、Morr MusicのGutherっていうエレクトロニカでネオアコっぽいユニットがいて。
根岸たくみ(以下、N) : mixiコミュニティだとネオアコトロニカってなってた(笑)。
S : Lali Punaもね。そのへんのキーワードで意気投合したというか。

――最初に知り合ったのはもっと前ですか?

M : Shokkくんが学生時代にcyclon 86っていうネオアコ~ギター・ポップのバンドをやってたんです。そのcyclon 86も入ってるコンピがブルーバッジ・レーベルから出てるんですけど、そのブルーバッジのイベントにわたしも出させてもらったりしてて。
S : 最初はそういうギター・ポップのコミュニティで知り合いました。

――そのあと、メンバーも増えていって。

N : Shokkくんの学生時代の後輩であるYuくんを加えて、そこから4人で宅録を始めました。
M : 最初はGutherみたいなのをやろうって話してて、そのときできた曲が「Fin」と「Upside Down」ですね。
S : まだそのときは方向性が固まってなくてエレクトロニカ寄りだったんですけど、ルーツを辿っていくとやっぱりシューゲイザーの要素は外せないだろうと。

――結成は2007年ですけど、ライヴは最近までやっていなかった?

S : ライヴをやるのはアルバムを作ってからと決めてました。他のバンドとは逆のことをやろうって(笑)。みんな普段働いててそんなに合わせられないし、ライヴをやることでアルバムが遅れるよりも、先に形にしたかったんです。
M : でも、Bertoiaのレコーディングの最中にmurmurのファースト・フル・アルバムを出すことになって、そのときはそっちをやってたり。swimmingpoo1もリリースがあったし。

――murmurやswimmingpoo1の音源も、けっこう同じメンツで作ってたりするんですよね?

S : そうですね、もうガッツリやってます(笑)。
M : お互いサポートし合って(笑)。
N : だいたいメンバー一緒ですね。

――ドラムの今村さんもですよね。

N : 僕の大学の同級生で、murmurとswimmingpoo1でも手伝ってもらってて。Bertoiaも最初は4人で曲を作ってたんですけど、ライヴを考え出したときにやっぱりドラムにいてほしいなって。

――スタジオはコンスタントに入っていたんですか?

N : 全部、家で宅録ですね。スタジオはライヴ前に入るくらいで。
S : 全員ちゃんと集合したのが結成から2年経ったくらい(笑)。アルバムを作る上ではそれで問題なかったですね。

――Shokkさんはcyclon 86を辞めたあと、バンド活動はされてたんですか?

S : やってなかったんです。1回音楽を離れて、ビジネス活動に専念してて。cyclon 86を辞めたのが2000年で6年間は完全に封印してたんですけど、そのあとに復帰しました。その間ずーっと溜めてたものをBertoiaで出した感じですね。

不協和音的なコード感、哀愁のあるメロディやハーモニー

――サウンドがシューゲイザーに向かったきっかけは?

M : わたし的に衝撃だったのがSoundpoolっていうバンドですね。
S : 僕はSchool Of Seven Bellsかな。

――ブルックリン周辺の若手バンドですね。

N : あとはやっぱりLushとPale Saintsじゃない?
S : うん、80~90年代のそのへんはもともと好きだったし。ルーツの探り合いはしましたね。
M : そういうのをもう1回聴き直したりとかして。

――再構築していったんですね。

N : そうですね、4ADの感じとか。
S : 4ADはかなり意識したね。そこから出ても違和感がないようなものにしようと(笑)。15~20年経った今、そういうのをやるのは逆に新しいと思って。その時代が好きな人は喜んでくれるだろうし、若い子たちは初めて聴く感覚かもしれないし。

――ルーツを大事にしつつ、好きな音を鳴らして楽しんでいるのが伝わってきます。

N : 僕とmurmurはリアル・タイムじゃないんで、Shokkくんに教わりながらでしたね。
S : 僕は90年代がリアル・タイムなんですよ。大学生のときに10年前のMy Bloody Valentineを聴いてたりしてた。
M : わたしもギター・ポップやってるんですけど、根本的には高校生くらいからMy Bloody ValentineやRideが好きだったんで、そういうのもずっとやりたいなと思ってました。

――シューゲイザー的なバンドをやるのは全員初めてだけど、バンドが始まってもつまづくことはなかった?

N : わりとすんなり行きましたね。
M : Shokkくんが入れるギターとかもすぐ納得できたし。何をしても通じ過ぎてて(笑)。
S : ルーツが固定されてたのがデカいよね。

――曲の作り方はどんな感じで?

S : 3パターンありますね。メインは僕とmurmurの2人で、お互いが完全に作ってくるヴァージョンか、フレーズを持ち寄って合わせるパターンです。
M : わたしがAメロ、Bメロ作って、Shokkくんがそこに気持ちいいサビを考えてくれることが多いかも(笑)。「MONOTONE」もそうですね。

――たくみさんは作らないんですか?

N : 僕はもう、ここは辞退して(笑)。ソング・ライター多いし。僕はその場でいっしょに録音して、曲の尺を作ったり打ち込みを入れたりしてます。
S : 基本僕らはコード進行とメロディの2本柱で曲を作ってるから、それぞれの曲を混ぜるのもやりやすいですね。

――音響部分は最後の段階で重ねていって。

N : 曲を作ってる途中にも仮で打ち込みは入れて、それをどんどん構築していきます。ギターも素材をみんなに録ってもらって重ねていく。

――ライヴを観ていると、一番気になるのってたくみさんなんですよね。いろいろな音を出していて。

N : 打ち込みの音もギターも出してます。音源だとギターを数本重ねてて、多い曲は15本くらい重ねてるんですよ。その足りないところや手で弾けない逆再生の部分を流してたりします。

――ああいうふうにライヴでPCを持ち込むのは、Bertoiaが初めてですか?

N : はい、同期させるのはやったことないですね。僕以外の4人でしっかりやったとしても、たぶん普通になっちゃうと思うんですよ。
S : Bertoiaの音を表わすには、音のトラック数が4本じゃなくて15本必要なんだよね。

左から露谷麻衣(murmur)、Shokk、根岸たくみ

――たとえば「MONOTONE」や「Glass Bird」をライヴでやるときに、ギターのYuさんはアルペジオを丁寧に弾いていて、シューゲイザー的な音をたくみさんがPCで出しているのが面白いなって。ギターは激しく掻き鳴らすというより、丸みのある音でポップに聴かせてますね。

M : 基本はやっぱりポップですね。
S : シューゲイザーの捉え方はいろいろありますよね。僕らは轟音がやりたいわけじゃなくて、その不協和音的なコード感、哀愁のあるメロディやハーモニーを出すのがやりたいんです。

――ラウドやノイジーなものには惹かれない?

S : 攻撃的なギターを聴かせたいわけではないですね。轟音だけに頼らないシューゲイズの括りというか。
N : The Pains Of Being Pure At Heartもあまり轟音やってないけど、シューゲイザーとされてるし。耳に刺さらないノイズにしてあります。

――そのあたりの狙いは、聴いててすごく感じます。

N : たとえば、曲の長さとか曲数とか、そういう聴きやすさの点ではシューゲイザーよりポップスの方で考えましたね。
S : シューゲイザーはキーワードとして当てはまるけど、基本はインディ・ポップの路線だよね。

歌詞は音として捉えてる部分が大きい

――浮遊感やヴォーカルの重ね方も大事にしているように聞こえます。

M : シューゲイザーってヴォーカルが小さいものが多いんですけど、ちゃんと歌ものにしたかったんです。
S : 歌ものでフワフワ感があるサウンドだよね。メロディも邦楽っぽくならないように、洋楽に聞こえるように考えました。

――歌詞が英語なのもそういうところからですか?

S : メンバーがみんな洋楽リスナーなので、海外の人にも聴いてもらいたいなって。歌詞は音として捉えてる部分が大きいかな。
M : なるべく音に気持ちよく合うようにしてます。たとえば、語尾を「アー」にするとか。

――ソロ(murmur)のときと比べて、歌や詞で意識していることはありますか?

M : ソロのときはギター・ポップなのでかわいい感じを意識してたんですけど、Bertoiaの場合は棒読みというか、無な感じが合うなって思って。詞の内容も謎解きみたいにしてあります。
N : 読みものとして面白いよね。あとはコーラス・ワークを徹底してます。気持ちいいラインを考えて。

――他のメンバーがコーラスを入れたりはしないんですか? シューゲイザーで男女ヴォーカルっていうのも多いですよね。

N : 僕がやってもいいんですけどね。これを機にやりましょうか、エンジェル・ヴォイスで(笑)。
一同 : (爆笑)

――ちなみに、2作目を作る予定はあるんですか?

N : ばっちり考えてます。まだ録ってはいないですけど。
S : 1回やって形にするやり方がわかったし、湯水のようにメロディは出てくるんで(笑)。ネタはもう作り始めてます。

――それは楽しみですね。

N : 2枚目を最高傑作にして、3枚目が解散アルバムです(笑)。
M : なんでそんなウソつくの(怒)!?
S : いつメジャーに売り込もうかっていう。仕事続けながらメジャーで出すのが僕は夢ですけどね。FLEETさんとかそれやってるから。

――お仕事をしながらというのはネックだったりしますか?

S : バンド活動だけで見たらそうかもしれないですけど、それが僕らの生き方だし。
M : なんか、でもいい感じやんね(笑)。

――2作目以降でやってみたいことは?

S : まだちゃんと話し合ってないですけど、みんなそれぞれあると思います。
N : 歌詞に日本語を入れようかっていうのは、今けっこう話してて。

――まずはライヴですかね。本当にたくさんやってほしいです。ライヴを観てかっこよさを知ってもらいたい。

N : ダイヴしてもキャッチしてくれる人がいるくらいになりたいですね。
M : たくみくん、ジョーク混ぜるのやめて(怒)!
一同 : (爆笑)

――初ライヴが2010年の12月で、ライヴはまだ3回やっただけですもんね。

M : ライヴ・ハウスでの大きい音で聴いてほしいです!
S : たくさんやっていきたいと思ってますよ。同じジャンルの海外アーティストの前座とかやりたいですね。ブルックリンでライヴやりたい!

PROFILE

Shokk (Yuta Ikawa) : bass, guitar, keybord
Mai Tsuyutani (murmur) : vocal, guitar, glockenspiel
Takumi Negishi : electronics
Yu : guitar
Imamura : drums

哀愁感あふれるドリーミーな東京発・5人組シューゲイズ・インディ・ポップ・バンド「ベルトイア」。
80~90'sのUS、UKシーンをルーツに持ちつつも、ギター・ポップ、エレクトロニカ、シューゲイザーを吸収した2010’sサウンドに昇華。2007年の結成から3年近くを費やしその真価を遺憾なく発揮した待望のファースト・アルバム『MODERN SYNTHESIS』を2011年4月にリリース。メンバーの根岸たくみはフォークトロニカ・ユニットswimmingpoo1、露谷まい は murmurとしてネオアコ/ギター・ポップのソロ・ユニットでも活動中。

Bertoia official website

あらゆる音に溶けゆくウィスパー・ヴォイス

石橋英子 / carapace

各所から絶賛を浴びた前作『drifting devil』発表後、真に注目されるミュージシャンとなった石橋英子。待望の本作はジム・オルークのプロデュースによる、彼女のすばらしき才能が溢れ出した最上級のポップ・アルバム!

扇谷一穂 / たくさんのまばたき remixed by SPANOVA

シンガー・ソング・ライターの扇谷一穂のオリジナル・アルバム『たくさんのまばたき』収録曲を、レーベル・メイトでもあるSPANOVAがリミックス! しなやかに響く彼女のヴォーカルと、SPANOVAが繰り広げるトラック・マジックは、楽曲の世界をより深く壮大に描き出しています。本作はOTOTOYだけの販売。さらにHQD(24bit/48kHzのWAV)での配信です。

EeL / フォー・コモン・ピープル

関西インディーズ界のカリスマ歌姫EeL待望のNEWアルバム! メルヘンを飛び越えて異空間へと転がり込む、破天荒型ポップ・ワールド! トロピカル、サーフ、カリビアン、パンク、レゲエ、スカなど、カラフルなポップのエッセンスをふんだんに取り込んだ、EeLの音楽異次元冒険物語。

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事