エレクトロニカやヒップホップを土台にしながら、洗練されたサンプリングで楽曲を構築する。まだ20歳のトラックメイカーながら、彼の手腕はすでに職人の域に達していると言っても過言ではない。10代~20代前半の若いアーティストが、その年齢からは想像もつかないようなクオリティの作品を世に出してしまうことは、ウェブの普及以降、決して珍しいものではなくなったが、LASTorderには注目しておくべきだ。高校2年生から音楽活動をスタートした彼は、18歳でShing02にその才能を認められ、2010年発表のシングル「Parallel Universe」のリミックスも任されている。

そんなLASTorderの2ndアルバム『Unreal Dialogue』が届けられた。ウェブ上で無料配布という方法でリリースされたこの作品を、LASTorderへのインタヴューとともに、OTOTOYは24bit/48kHzの高音質でフリー配信する。さらに、12月19日に渋谷2.5Dで行われた同作のリリース・パーティーにて配布された、Yusaku Haradaとのスプリット・シングル「LASTorder × Yusaku Harada 2.5D X'mas Split」も独占配信。そればかりか、LASTorder、Yusaku Harada、Smany(えすめにー)などが出演したこの日のライヴの模様を映像でお届け。インタヴューから見えてきたLASTorderの素顔とともに、時代が生んだ新たな才能を愛でよう。

無料配布中の2ndアルバム『Unreal Dialogue』を高音質で!!
LASTorder / Unreal Dialogue

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのWAV)

【価格】
無料

【Track List】
1. All Right in Another Way
2. Wispy Wind
3. Treat you like a lover
4. Sara
5. Bygone Days
6. For Tears
7. No Time Like Now
8. All Right in Another Way (Ryuuta Takaki Remix)

リリース・パーティー会場限定のスプリット・シングル&当日のライヴ映像も独占配信!!
LASTorder, Yusaku Harada / LASTorder × Yusaku Harada 2.5D X'mas Split

【配信形態】
HQD(24bit/44.1kHzのWAV)

【価格】
500円

【Track List】
1. Mr.Holly Night [Yusaku Harada]
2. If you If you [LASTorder]

【Movie】
1. mitsushige
2. Ryuuta Takaki
3. Smany(えすめにー)
4. Yusaku Harada
5. LASTorder

■ライヴ映像は下記のページからダウンロードください
>>LASTorder 『Unreal Dialogue』 リリース・パーティー@渋谷2.5D
※映像のダウンロードには、スプリット・シングルを購入した際についてくるパスワードが必要です。

■映像ダウンロードの手順
1. スプリット・シングル『LASTorder × Yusaku Harada 2.5D X'mas Split』を購入する。
2. ダウンロードされるフォルダに同梱されている「password.txt」を開く。
3. その中に記されているパスワードを確認し、映像用のダウンロード・ページに進む。
4. 購入ボタンを押すとパスワードを求められるので、さきほどのパスワードを入力する。
5. 映像のダウンロードが開始されます。

■12月19日に行われたライヴの詳細 : http://2-5-d.jp/schedule/20131219/ (渋谷2.5D)

INTERVIEW : LASTorder

弱冠20歳のトラックメイカー、LASTorderが脚光を浴び始めている。自身のオリジナル曲が素晴らしいのはもちろん、最近では元BEAT CRUSADERSのクボタマサヒコ率いるバンド、kuhの「Walkabout」のリミックスを手掛けたり、アルゼンチンはブエノスアイレス生まれのシンガー、Annabelに「夜の底」を楽曲提供したりと、そのマルチタレントぶりがいよいよ発揮されてきた感じで、今後のさらなる飛躍が本当に楽しみなアーティストである。

そんなLASTorderが、2013年2月発表のファースト『Bliss in the loss』に続き、早くもセカンド・アルバム『Unreal Dialogue』をなんとフリー・ダウンロードでリリースした。前作とは異なるカラーを確かに打ち出し、時にメランコリックに、時にノスタルジックに、とても豊かなサウンドスケープを感じさせてくれる新作について、音からは見えない人間性も探りつつ、話を聞いた。

インタヴュー&文 : 田山雄士

LASTorder

アイディアが出て作り始めたら、ずっとのめり込んでやっている

――LASTorderさんって、今は大学生なんですか?

はい、大学3年です。音大とかでもなく、いたって普通の大学生で。でも、そんなに遊んだりはしてないんですよ。自分でライヴをやるようになってから、周りのトラックメーカーやDJの方のイヴェントに行ったりはしてるんですけど、それ以外はあまりって感じで。大学生っぽくないかもしれないですね(笑)。

――曲作りとかで忙しいってこと?

そうですね。特に今年はずっと籠もってDAWみたいなことが多かったです。これまで使ってたパソコンが逝ってしまったので、制作環境がガラッと変わったのも大きくて。作り方も今回の『Unreal Dialogue』はファーストの『Bliss in the loss』とはまったく違くて、前作ではなかったサンプリングを取り入れたりもしてて、そのやり方も含めて新しいDAWに慣れるまでに苦労したっていうのもありますね。

――大学よりもLASTorderとしての活動にウエイトを置いてるんですね。

今は断然そうですね。ファーストを発売して以降、ライヴのオファーやリミックスの依頼で声をかけていただくことが多くなってきたのもあって、自分の意識が高くなっていってる感じです。そんなこんなで作曲を夢中になってやってたら、いつの間にか曲数が増えてたりして。

――そういうふうに黙々と創作するスタイルが好きなんでしょうね。

好きなんだと思います。何かしらアイディアが出て作り始めたら、ずっとのめり込んでやってるし。

――それって幼少期の過ごし方も影響してると思いますか?

あー、小さい頃にピアノを習ってたんですよ。4、5歳くらいから約10年間やってまして。ピアノをがんばってたことで、家で音楽をやる時間っていうのが昔から当たり前のようにあったとは思います。言ってみれば、それも一人での作業ですもんね。

――その後、高校2年の頃からDTMで音楽制作を始めるわけですけど、きっかけは何だったんですか?

当時ノート・パソコンを使ってて、ヘッドフォン端子から多重録音できるフリー・ソフトをあるとき見つけたんです。で、古いKORGのシンセが家にあったので、そこから繋いでみてって感じで。最初はドローンやアンビエントみたいなのを適当に作ってて、やってるうちにだんだんハマっていって、それでDTMを買ってみようと思い立ったんですよね。

――やっぱり、一人でいろいろ模索するのが向いてるのかもですね。

でも、バンドもやってたんですよ。ファーストを出す前までは転々としながら、キーボードとマニピュレーション的なポジションで。そのときはキャッチーな歌モノを念頭に置いた曲をやってました。まだ2年前くらいの話ですけど。そのバンドが解散して、今に至るみたいな流れです。

――そうだったんですね。楽曲を作り始めた頃って、最初は誰かのカヴァーをやったりしてたんですか? “歌ってみた”とか“演奏してみた”のような。

いや、純粋に音を重ねてるだけみたいな感じで。ジャンルで言うと、エレクトロニカになるんですかね。あとはビートの素材を買って、ちょっとヒップホップ寄りのものを作ってみたりとか。そうやっていろんなものを作ってると、今度は歌とか声の素材がほしいと思うようになるんですよ。そんなときにShing02さんが「luv(sic) pt.3」という曲のアカペラを自分のホームページでフリー公開してるのを見つけて、落としてリミックスしてみたんです。それが初めてYouTubeに上げた音源ですね。そしたら、Shing02さんが聴いてくださって、「今作ってる新曲のリミックスもやってみない?」って言ってもらって。


LASTorderが初めてYouTubeにアップしたリミックス音源

――それが「Parallel Universe」?

そうです。でも、まさか本人から連絡が来るとは思ってなくて、YouTubeのダイレクト・メッセージみたいなので来ててびっくりしましたね(笑)。ヒップホップの楽曲をリミックスするのはそのときが初めてでしたけど、ラップのテンポに合わせて作るのは楽しかったし、特に難しいと感じることはなかったです。

――ヒップホップは好きだったんですか?

ずっと好きだったっていうわけじゃないですね。自分のルーツはもうちょっと違うところにあって、普段は歌モノや女性シンガー・ソングライターを聴いてることが多いです。

――ちなみに、初めて買ったCDって何ですか?

宇多田ヒカルさんの『Distance』と浜崎あゆみさんの『A BEST』を一緒に買いました。小学校2年生とかだったので、誕生日で買ってもらって。

――その世代なんですねー。女性シンガーの話だと、cokiyuさんのシングル「Haku」(2013年1月リリース)での「Fluorite」のコラボも面白かったです。あれはTwitterでの呼びかけからだったと思うんですけど。

そうでしたね。cokiyuさんがデモ音源を上げて、「自由にリミックスしていいよ」みたいな告知をTwitterでされてて。それでパラデータをダウンロードして、作ってみてアップしてっていう。

――パターンとしては、Shing02さんのときと似てますね。

ですね。cokiyuさんはもともと面識があったんですけど、ああいう形でコラボできたのは嬉しかったです。cokiyuさんみたいに歌があるものに自分の感性を混ぜるのは面白いし、他人の曲のリミックスはどんどんやっていきたいから、チャンスがあれば積極的にアプローチするようにはしてます。

自分を紹介する名刺みたいなものになればいいなと

――新作の話も聞いていきたいんですが、今回のセカンド・アルバム『Unreal Dialogue』はどうしてオフィシャル・サイトでフリー・ダウンロード配信するリリース形態にしたんですか?

1枚目を出して多少なりとも聴いてくれる人はいたんですけど、もうちょっとリスナーの層を広げてみたかったんですよね。たとえば自分に興味のない人でも、フリーならダウンロードしてみる気になると思ったんです。しかも、今回のはヴォイス・サンプリングも露骨だから値段をつけるのも悩みどころだったし、何よりあれこれ考えずに溜まってた曲を手っ取り早く放出したかったんですね。それなら、こういうやり方もいいかなって。この形でセカンドを出すことで、先々のヴィジョンも見えてくる予感がしましたし。

――自分の音源を聴いてくれる人がいるのはどういうところで感じます?

アーティストの方が声をかけてくれたり、Twitterで意外な人が「買った」とか言ってくれてるのを見たりしたときですかね。ファーストを出したタイミングでは、今までネットにアップしてきた音源とは違う人たちが聴いてくれるケースも多くて、アダルト・ビデオの女優さんがツイートしてくれてたりもしました(笑)。

――確かに意外ですね(笑)。

そういうこともあるんだなぁと。とにかく、幅広い層に聴いてもらいたいですね。フリーだし、どんどんどうぞって感じです。僕、いろんな人に会うときに名刺がなくて困るんですけど、今回のフリー音源は自分を紹介する名刺みたいなものになればいいなと思って、ダウンロード用のフライヤーもたくさん刷りました。

――そういえば、少し前にも新曲の「Brazil」をSoundCloudでフリー・ダウンロード公開してたじゃないですか。ああいうアプローチはやっぱり音源ができたらすぐ出したい気持ちの現れというか、ダイレクトな反応を欲してるからなんですかね?

「Brazil」は本能的にササッと作った曲なので、どういう反応が来るのかが気になったんですよ。実験っぽく上げてみたというか。やっぱりフリーにすると聴いてくれるんだなぁって感じたり、Indie Nativeさんがニュースとして取り上げてくれたことに驚いたり。ネットでこそ見えてくる現象ってありますよね。

――音源をアップロードできる場であり、リスナーの反応が見られるひとつのツールであるネットやSNSは、自分の中で大きなものですか?

今回は特にそうですね。アルバムの特設サイトをデザイナーさんに作ってもらって、それをTwitterとかで広めて、メディアが取り上げてくれたりしたから、ネットを活用したプロモーションはかなりしたと思います。とはいえ、僕自身はネットにはそんなに強くないんですよ。むしろ疎いくらいで(笑)。周りにはネット世代のミュージシャンというか、ネット・レーベルに関わってる人がすごく多いんですけど、僕はそういうところを介してリリースしたことはなくて。でも、知り合いはMaltine Records、分解系レコーズ、ALTEMA Recordsなんかにいっぱいいるんですね。同年代も多くて話しやすいんですよ。もともと分解系で出してたMadeggとか、The Wedding Mistakesっていうユニットを一緒にやってるMiiiとか。

――ネット・レーベルの音源は聴いてるけど、LASTorderとしての関わりはないっていう。

ないですね。今まで意識して絡んでなかったわけじゃないんですけど、タイミングがなかったというか(笑)。でも、なるべく自分でやっていろいろと口を出したい性格だし、今のやり方でいいかなって思ってます。

エレクトロニカって言われるより、ポップスって思ってもらえた方がいい

――アルバムの話に戻りますけど、セカンドは内容的にはどういう作品にしたかったんですか?

アートワークも同じデザイナーさんに頼んでて、前作のテイストを匂わせつつも、音的にはちょっと変えてるんですよ。エレクトロニカとビーツの間を意識して作ってて、もっとホームリスニング用に聴けるアルバムにしたいなと思ってました。ファーストって無機質な感じがあったから、今作は人肌を感じさせるようなというか、温かみを持ったサウンドをイメージしましたね。サンプリングを用いた理由のひとつでもあるんですけど。

Unreal Dialogue

――その変化は聴いてて感じました。ヴォーカルを前に出した曲が増えたなぁって。「For Tears」は特にびっくりして、ああいう大らかな歌を乗せたトラックもやるんですね。

ソウル系のシンガーの声だったから、ちょっと珍しい仕上がりになったかもしれないですね。今回は声素材に導かれるケースがほとんどで。というか、もともとの曲を聴いて自分の中でイメージを湧かせる感じですね。その歌を乗せるのにふさわしいトラックってどんなものだろうっていう考え方。「Wispy Wind」みたいにフォーク系の声だったら、牧歌的なテイストになったりして。

――「Treat you like a lover」と「Sara」はメイン・メロディーがとても哀愁を感じさせるものになってますね。

そう言ってもらえると嬉しいです。作ってたときに、歌モノじゃないんだけど歌を聴いてるみたいなメロディーにできたらと考えてたので。メロディーはより分かりやすくなってると思うし、曲の構成も歌モノっぽくなってるから、聴きやすいアルバムになったんじゃないかなと。ちなみに、前半は透明感のある楽曲で固めてあって、後半はより濃厚な流れを味わえるように作ったつもりです。

――Ryuuta Takakiさんのリミックスもすばらしいですね。

かっこいいですよね。最後に1曲目のリミックスがあるっていうのも好きで、勝手に自分の中でエンドロールみたいなイメージなんです。僕のアルバムが終わって、Ryuutaくんの渋いビート・アプローチで彩ってもらってる感じ。もちろん、Ryuutaくんみたいなすごい年下がいるのを周りの人に知ってもらいたくて入れたのもあります。18歳、高3ですね。

――すごいですよね。他には気になってるアーティストっていますか?

さっきも話した僕と同い年のMadeggくんですね。周りにいるアーティストの中でも突出してて、新しいサウンドや実験的なアプローチを試しつつ、いい音楽を作ってる人だと思うので。気になるし、刺激を受けてます。

――そういう刺激もあるし、この1年くらいはリリースもしたし、ライヴもこなしてきたし、少なからず成長できてるんじゃないかと思うんですが。

すごく普通なことですけど、ミックスとか曲作りの基本的な知識に関しては成長できたと思います。作曲のペースも早くなったし、イメージしたものを形にする力はついたんじゃないかな。2013年はいろんなジャンルの方とリミックスやコラボをさせていただく機会があって、cokiyuさんのようなエレクトロニカ、kuhみたいなロック・バンド、ヒップホップではShing02さんとKaigenさん、あとはボカロとかもやらせてもらったりする中で、作品とどう混じり合えば上手く音が響くのか、その感覚が掴みやすくなったのはありますね。

――きっと、それは新作にも活かされてますよね。今後もそういった仕事はたくさんしていきたいですか?

やりたいですね。今年は初めて歌の依頼もしてもらったんですよ。メロディーから僕が考えるっていうのはとてもやりがいのある仕事で。歌モノを作ることもどんどんやってみたいです。次のアルバムは全曲歌モノでもいいくらいの気持ちがあるし、自分はエレクトロニカって言われるより、ポップスって思ってもらえた方がいい。ジャンルを超えて聴きやすい音楽が作れればいいですね。

RECOMMEND

LASTorder / Bliss in the loss

19歳までの楽曲をコンパイルした本作は、いわば過去から未来へと繋がってゆくジャパニーズ・エレクトロニカの宝石箱。アナログな質感が特徴の、ぬくもりある冬を漂わせるような郷愁エレクトロニカをはじめ、FREENOTEよりヴォーカルの秦千香子、リミックスに同世代のトラックメイカーMADEGGを迎えたトラックなど、彩りと輝きに満ちた全11曲を収録。季節の合間に訪れるささやかな情景の移り変わりを、あなたの部屋から眺めるように聴いてみてほしい。

>>特集ページはこちら

cokiyu / haku

セカンド・アルバム『Your Thorn』も好評だったCokiyuが、アルバム・リリース後に発表したオリジナル・ソング「Haku」。その楽曲を新進気鋭の若手ビート・メイカー4組が美しいベッドルーム・ポップへと変化させた。アメリカはanticonの人気アーティストBaths、日本が誇るビート・プロデューサーGeskia!、19歳の新鋭LASTorderによる新曲3曲に、京都の若き奇才ビート・メイカーMadeggによる9分に及ぶ大作リミックスを含めた全4曲。

>>特集ページはこちら

Shing02 × Chimp Beams / ASDR

Shing02と、NYを拠点に活動するChimp Beamsによるコラボレーション・アルバム。Shing02による全編英語詩のラップが、Chimp Beamsの手掛けた生音主体のオーガニックなトラックの上に乗る。Chimp Beamsの最新作『Slowly』収録の「Aquatrium」から始まった両者のコラボレーションを起点に繋がって膨張した今作は、Shing02が2011年夏から冬にかけてNYに滞在した際に密なセッションを重ねて完成した、空気感溢れる作品。NYでの生活や、旅行中に体験した現地の音楽家との交流を綴ったリリックが、Chimp Beamsによるトラックに溶け込む。レーベル・メイトのDorothea Tachler、Shing02の作品ではお馴染みDJ Icewater、トランペッターのTakuya Kurodaが参加。

>>特集ページはこちら

PROFILE

LASTorder
1993年1月5日生まれ、WonderLight Recordsに所属する、20歳のトラックメイカー。高校2年生の頃よりDTMで音楽制作を開始。2010年8月には Shing02「Parallel Universe」のRemixを手掛け、11月にはBEAT CONNECTION企画の「ROAD TO BEATCONNECTION」においてベストサウンド賞に選出。その後、bandcampやYouTubeに楽曲を公開しつつ、数々のRemixを行う。2012年4月にはcokiyuのコラボレーション・シングル「Haku」に参加。Baths、Geskia!、MADEGGとともにコラボレーターに指名され、その瑞々しい才能を遺憾なく発揮した。2012年夏からはライヴ活動を開始している。

>>LASTorder OFFICIAL HP
>>WonderLight Records OFFICIAL HP

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに2016年12月から毎週1曲アップされた全8曲はOTOTOYからフリー・ダウンロード配信中。 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」という。 2017年2月2日、清竜人が新たに始動させたプロジェクトである清 竜人 TOWNのファースト・ライヴ「清 竜人 TOWN Vol.1」が渋谷TSUTAYA O-EASTで開催された。 清 竜人 TOWNの活動スタイルはラディカルだ。楽曲はOTOTOYから8週連続で無料配信、ライヴのチケット代も無料、楽器を弾くバンド・メンバーも公募し、ライヴの撮影も自由だ。それは、「清 竜人とリスナーとの関係性が、単なる演者と観客ではなく、同じ目線でライブを楽しもう
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事