名作アニメの主題歌を手掛けたeufonius、新作『frasco』をハイレゾで解禁!!

eufonius (菊地創、riya)

またひとつ、絶対にハイレゾで聴くべき作品が届けられた。作編曲家である菊地創と、女性ヴォーカリストであるriyaの二人からなるeufonius(ユーフォニアス)の『frasco』だ。PCゲーム「CLANNAD」、TVアニメ「true tears」、TVアニメ「ヨスガノソラ」などの主題歌を手掛け、アニメ / ゲーム音楽のフィールドで高い評価を受けてきた彼ら。一転、ほぼノン・タイアップで制作された今作は、eufoniusならではの透き通るような歌声、そして転調を駆使したドラマティックな展開はそのままに、より自由なサウンド・メイキングがなされた意欲作と言えるだろう。CDとしては今年1月にリリースされた作品だが、このたびOTOTOYでは、24bit/96kHzのハイレゾによる独占配信が実現。美しい高音をもつriyaの歌声、ふんだんに使われた生楽器の音色など、ハイレゾだからこその魅力を存分に堪能してほしい。菊地創、riyaへのインタヴューとともにどうぞ。

eufonius / frasco (24bit/96kHz)

【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/96kHz) : 2,000円(単曲は各250円)

【Track List】
01. Renatus
02. frasco
03. scherbe
04. レアリテ
05. 浮標
06. Frog song
07. suggest
08. revelation
09. frasco ~instrumental~
10. revelation ~instrumental~

【参加ミュージシャン】
Guitar : 朝井泰生
Piano : ただすけ、伊賀拓郎
Bass : 渡辺等
Drums : 矢吹正則
Violin & Viola : 真部裕
Chorus : riya
Recording Engineer & Programming : 菊地創

Mixed by 菊地創、赤川新一、大久保将

INTERVIEW : eufonius (菊地創、riya)

2014年で結成10周年を迎えるeufonius。これまでに数多くのアニメやゲームの主題歌、劇伴などを手掛け、いわゆるアニソンのマーケットでは非常にポピュラリティーの高いアーティストである。そんな彼らが約2年半ぶりに自主制作でリリースしたのが、ミニ・アルバム『frasco』だ。この新作は従来のファンを唸らせる楽曲クオリティを誇りつつ、タイアップに寄っていないがゆえの制作スタンスが奏功した渾身の一枚。ぜひともこの機会にアニソン以外のリスナーにも聴いてみてほしい。しかも、『frasco』はクリアなサウンド・メイクを志向するeufoniusにぴったりのハイレゾ(24bit/96kHz)で配信される。eufoniusはOTOTOYのインタヴューには初登場。基本的な質問を含め、新作やハイレゾについて、菊地創とriyaの2人に話を訊いた。

インタヴュー & 文 : 田山雄士

タイアップの有無に関係なく、音楽がそもそも大好き――菊地創

――eufoniusって、その時々で自分たちの中でのブームというか、旬なこと、やりたいことを楽曲に落とし込んできましたけど、今回の新作では何かテーマはあったんですか?

菊地創 (以下、菊地) : 今回は自分たちのレーベルからのリリースだし、アニメのタイアップで占められてるときとはまた違った自由な感じで作れるので、いろんなジャンルのサウンドを取り入れたいと思いました。

riya : 「レアリテ」なんかは新しいですね。ピアノ曲っていうのはわりとやってきたんですけど、こうやって展開が豊かなものはなかったし。

菊地 : うん、やっぱり展開ですかね。タイアップものだとAメロ、Bメロ、サビのようなオーソドックスなポップスの構成になることが多いんですけど、そういうのを無視してできるのが楽しくて。

――タイアップの場合って、たとえばアニメの監督さんから指定とかがあるわけですもんね。

菊地 : だいたいのイメージは言葉で頂きますね。で、TVサイズが決まってて、その中での構成や展開、音の厚みを考えます。サビは思いっきり盛り上がるのも鉄則ですね。

菊地創

riya : だけど、私たちに関してはそんなにキツい指定はないですよ(笑)。リテイクも今までほとんどないですし。あとは、あらすじとキャラクター・デザインから膨らませていく感じです。

菊地 : オープニング・ムーヴィーなんかはオンエアで初めて見ることが多いよね(笑)。

riya : そうそう。ちゃんと曲の展開に合わせて映像を作ってくれるので、見てて楽しいです。

――自分たちの中で「アニメやゲーム音楽をやるユニット」みたいな意識は強いんですか?

riya : 実績からするとそう見えるかもしれないんですが、こだわりすぎているつもりはないですね。やったことないけど、映像に対して音をつけるっていう意味では、実写でもたぶん楽しんでできるはずだし。ただ、作品に対してのスタンスをしっかり持つのは意識してます。

菊地 : 基本的には自分たちの好きな、eufoniusらしい音楽制作をするのがメインで、それを聴いてくれたアニメやゲームのメーカーさんから、ありがたいことにいろいろオファーを頂けてるんです。

――だとすると、ほぼノン・タイアップの曲で構成された今回の『frasco』こそ、eufoniusがもっと幅広い層のリスナーに聴かれるきっかけになってほしいですね。内容もすごくポップなものになってるし。

riya : そうですね。自分たちの中ではポップスを作ってるつもりだし、アニソン系と縛らずにたくさんの人に聴いてもらえたらうれしいなといつも思ってます。

菊地 : タイアップの有無に関係なく、音楽がそもそも大好きですからね。今回のハイレゾ配信にしても、僕らのファンにもオーディオ好きにも幅広く聴いてもらえるクオリティになってるはずなので。

歌ってる側は罰ゲームくらいな気持ちのときも(笑)――riya

――eufoniusの曲って、普段アニソンを聴かない人でも好きになれると思います。今作は1曲目の「Renatus」からバンドの音がガッツリと前面に出てるのが印象的でした。

菊地 : いつものレコーディング・メンバーで録ってるんですけど、演奏の楽しさとか、彼らの個性を見せたかったというのはありますね。「Renatus」はまずピアノから入って、ドラム、ベース、ギターが順番に、キャラクターのように登場してくるイメージです。

riya : アルバム・タイトルの「フラスコ」っていうのは化学の実験で使う道具で、いろんな液体とかを中に入れて化学反応を起こさせるものですよね。このタイトルには、自分たちの音楽もそうあれたらいいなという意味を込めていて。そんな感覚で今回は作ってるから、アレンジも楽しい実験みたいな色が出てると思います。


『frasco』の試聴動画

――さきほど話に出た「レアリテ」も楽しい曲ですよね。かわいらしくて童謡的で、NHKの番組で流れてもよさそうな。

菊地 : あー! いいですねぇ。シンプルなピアノ編成で、これまでにない不思議な感じの曲なんですけど、最終的にはポップに着地するという僕ららしさがうまく出てるかな。

riya : この曲の歌詞にはほとんど意味を持たせてないんです。言葉遊び的なやり方で音に合わせて書いたので、途中まではなんのこっちゃだと思うんですが、最後の曲調が変わるポイントで少し意味がわかるようにしてあります。初めての試みでしたけど、逆にやったことがないからうまくできたのかも。

――「frasco」もすごくファンタジックなポップス感があって、カラフルなチェンバロが最高ですね。こういう楽器のチョイスは菊地さんがしてるんですか?

菊地 : そうです、編曲の段階で。ま、作曲したときにだいたい楽器のイメージは決まってますね。詞をもらったあとに、少し変えることもあります。「frasco」は楽器の編成がかわいい感じですよね。チェンバロは今までそんなに使ってなくて、エレクトリック・ピアノも少ないから、この曲も新鮮かもしれません。鍵盤だったらアコースティック・ピアノが多いので。

――菊地さんは意表を突くようなアプローチが好きですよね。以前、「きらきら」(2011年のアルバム『フォノン』に収録)という曲でも8bitサウンドとストリングスを組み合わせていたりしましたし。

菊地 : たしかに。そういうふうな異色の組み合わせを作るのが楽しいんですよね。バンド・サウンドなんだけど、弦がきれいに入ってるとか。そこにデジタルな音も混じるのとか好きです。

――作り方としては、バンドを念頭に置いてますか?

菊地 : 迫力のあるバンド・サウンドを追求してるわけではないですが、生楽器での演奏が好きで、そこにはこだわってます。僕らはベテランのミュージシャンの方にサポートしていただいてるから、その演奏を楽しんでもらいたいし、トータルでeufoniusの世界観が出来上がってるので。打ち込みの要素は必要があれば追加する感じです。

eufoniusのスタジオ

――そうした生楽器での演奏のほかに、eufoniusの曲の魅力として、菊地さんならではの転調を駆使したメロディーがありますよね。転調を多く取り入れるのはどうしてなんですか?

菊地 : どうしてなんですかね(笑)。展開がいっぱいあるものやドラマティックな曲が昔から好きなんですよ。僕の中ではわりと自然な作り方で。ここまでいったら次はこういって、ここでピークを作るためにどうするかみたいな。ピークまでいったけど、もう1回ピークを作りたいと思ってキーを変えるとか。そんな流れでやってますね。計算と天然の間というか。手癖のようでもあるし。

――意図して多く入れてるわけでもないんですね。

菊地 : もちろん。必要ないところでは使わないんですけど、欲しいなって思ったポイントで感覚的に入れてます。端から見たら大変そうに見えるかもしれないですが、それを曲にまとめ上げるのが楽しいんですよね。

riya : 歌ってる側は罰ゲームくらいな気持ちのときもありますけどね(笑)。曲によっては本当に難しいです。でも、完成した音源を客観的に聴くと、難しくは感じないんですよ。そこはやっぱりサウンドの要素とか、バックのミュージシャンの方が支えてくださってる部分も大きいと思いますね。

菊地 : 最初にメロディーだけ聴いたときとか、コードのデモ段階がたぶん最も難しい印象で、編曲によってだんだんと繋ぎが滑らかになったり、ポップになったりしていくんです。

riya : 作ってるうちに馴染んでいくという、摩訶不思議な楽曲制作です。

気持ちのいい言葉を自分で作って乗せる――riya

――ほかには曲作りをする上でのロジックって何かありますか?

菊地 : 作曲と編曲、ミックスまでを僕がやるんですが、riyaのヴォーカルのレンジを生かすことと、そのための楽器の配置はすごく考えてます。音色のバランスですよね。ミックスを考えたうえで作曲 / 編曲もするので、彼女の声がきれいに聞こえることをいつも念頭に置いています。高音が魅力的なヴォーカリストだから、そこをきれいに聴かせるために弦とかアコギとかピアノとかでバランスを取っていくケースが多いかな。かと言って、ハイ・トーンに固執するわけではないです。

riya : そうだね。コーラスではめちゃくちゃ高いのもあるけど、それでも「歌えないから、調を変えて」っていうことは今まで1回もないです。

菊地 : 高音もそうですけど、低いところもかなり歌えるので、いろんな調を使いたくなるんですよね。鍵盤の中の黒鍵と白鍵の全部の音が出てくるような曲もあるし、だから転調も取り入れるんだと思います。イマジネーションが生まれる声なんですよ。それは結成して10年経った今でも変わらないですね。

――今回、特に歌うのが難しかった曲は?

riya : 「浮標」ですね。こういう深遠な感じの曲はひさびさだったし、雰囲気を出すのもちょっと難しかったかな。あとは「scherbe」が過去にないくらい低い曲になってて、これに関しては難しいというより初めての緊張感みたいなものが強かったです。

菊地 : あまり使わないような珍しいキーだから、新しい声の表情が出てると思います。

riya

――プロデューサーとして、菊地さんが制作現場でどんな指示を出してるのかも気になります。

riya : たとえば「Bメロをもう少しこうして」とかはあるんですけど、最初から最後まであれこれ言われることはないです。注文があっても部分的に1、2ヶ所くらいですね。ほとんどがニュアンスで、「もうちょっと切ない感じで」とか、「楽しく歌って」とか。

菊地 : サポートのメンバーにも多くは言わないですね。もちろん、アレンジの段階で決めてあることは譜面に書いておいて、イメージだけは最初にちゃんと伝えますけど、演奏していただく中で修正していく感じです。だから、システマチックに僕のやりたいものを弾いてもらうスタンスではなくて、みんなで広げていくようなレコーディングの仕方をしてます。個性重視!

――そのへんはすごくバンドっぽいですよね。ユニットというよりは。

菊地 : 作り方はそうかもしれない。みなさん個性的なプレイヤーなので(笑)。eufoniusは悩んだり迷ったりすることが少ないし、曲作りもレコーディングも早いと思います。

――個性的といえば、riyaさんの造語コーラスがあるじゃないですか。あのアプローチを始めたきっかけっていうのは?

riya : やってるのはすごく前からなんですよ。eufoniusを始める以前の話で、自分で曲を作ってた時代にはもうやってましたね。私、英語がしゃべれなくて。英語に限らず、外国語全般ですね。それをなんとかしたいと思ったのがきっかけなんです(笑)。最初は既存の言語をなんとなく読み方を変えて作ったりしてたんですけど、もう時間がかかって埒が明かなくなっちゃって。むしろ、そういうのよりも音の流れに対して気持ちのいい言葉を自分で作って乗せた方がいいなって考えて、造語にしました。

――ぶっちゃけ、英語がしゃべれなくても英詞で歌ってるアーティストもいると思いますけど(笑)。

riya : あははは(笑)。そうですね。でも、私の英語はあまりにもダメなんですよ。完全にカタカナ英語になっちゃうから。それよりは造語の方がしっくりくる。

菊地 : それに、英語だと意味ができちゃうじゃないですか。僕らは間奏で造語コーラスを使うことも多いから、意味がない方がいいというか。メロディーに合わせてなんとなく言葉が欲しいときに、楽器の音色みたいな感じでよく使ってますね。ヴォーカルとはまったく違うものとして捉えてて、棲み分けも楽器との分離もすごくいいんですよ。

ヴォーカルの空気感や演奏の臨場感が自然に伝わる――菊地創

――ハイレゾの話も聞かせてください。そもそもユニット名が「耳に心地よい」という英単語(=euphonious)をもじってeufoniusですよね。自分たちの音源をハイレゾ配信することに対してはどういう思いがあるんですか?

菊地 : 昔から本能的にきれいな音が好きなんですよ。eufoniusはriyaの声のバランスを考えたり、生楽器で演奏したりしつつ、どうしてもクリアなサウンドの方向にいきたくなるタイプの音楽なので、もう10年くらい前、デビューのときのフォーマットからハイ・レートの24bit/96kHzでやってるんです。マスターは常にいい音で残しておくようにしてて、当時はそれが世に出せるとはまったく思ってなかったけど、ここ数年でいい流れになってるし、ぜひハイレゾで聴いてもらえたらなという気持ちですね。

――普段からハイレゾ音源を買って聴いてますか?

菊地 : 聴いてますね。タイトル数的にクラシックとジャズが多くなっちゃいますけど。僕の場合、音の感覚を養うためというか、耳が衰えないために聴いてるのもあって。CDやmp3に慣れてしまわないように、みたいな。

riya : 私はたいして量を聴いてるわけじゃないんですが、自分の持ってる範囲で聴き比べたりはしてます。ハイレゾだと音の解像度が違うっていうか、まろやかになりますよね。そのあとでCDを聴くとちょっとザラっとした感じがある。ハイレゾは透明感が出るし、残響がきれいだなと思います。そんなふうに聴いてると深みにハマっていきそうですけど(笑)。

菊地 : でも、僕はCDやmp3も均等に聴きますよ。「ハイレゾじゃなきゃ嫌だ!」みたいなことはないです(笑)。純粋に楽しみ方の種類が広がる感じ。最近はポップスのタイトルも増えてきてるし、もっと盛り上がってほしいですね。

――『frasco』をハイレゾで聴くときのポイントは?

菊地 : ヴォーカルの空気感や演奏の臨場感がすごく自然に伝わるのがいちばん大きいんじゃないですかね。音量を上げていってもたぶん痛くない、キツくないところがCDとは違うハイレゾの魅力だし、そうした部分を自分の好きなシステムで楽しんでほしいです。きれいに録ることは常に心掛けてるし、それを感じてもらえるレコーディングのままのフォーマットになってるので。

――録音作業の中で、ドラムをV-Drumsと生で録り分けてるというのが面白いなと思いました。

菊地 : 昔はキックもタムも全部マイクで録ってたけど、そんなにロックなサウンドを求めることがなかったんです。だったらもう、スネアや金物をすごくきれいに録りたいなと思って、キックとタム含めて低音の部分はすべてトリガーにしました。そうするとマイクに低音が被らないので、スネアとシンバルの高音が生できれいに録れるっていう。音の分離をよくするためですね。

録音に使われたドラム・セット

――インスト曲も収録されてるし、そのあたりも耳をそばだてて聴いてもらえると楽しいかもしれないですね。最後に、今後の活動について決まってることがあれば教えてください。

菊地 : リリースをたくさんしたいですし、10周年を記念したツアーもやりたいと思ってます。アニヴァーサリーらしく、いろんなアルバムから選曲した内容で。

riya : 選曲が難しいんですけど、ファンのみなさんに楽しんでもらえるものができたらなと。新曲もいっぱいやりたいです!

eufoniusの過去作はこちら

RECOMMEND

TVアニメ「のうりん」挿入歌 & エンディング・テーマ (24bit/48kHz wav)

「第1回 ラノベ好き書店員大賞」で堂々の1位に輝いたライトノベル「のうりん」が、2014年冬、ついにTVアニメ化。OTOTOYでは、その挿入歌 & エンディング・テーマを24bit/48kHzで配信中。木下林檎(CV : 田村ゆかり)、中沢農(CV : 花澤香菜)の甘い歌声を、ハイレゾならではの豊かな響きで楽しんでみては?

>>特集ページはこちら

上原れな / Emergence

昨年放映されたアニメ「WHITE ALBUM2」の主題歌である「届かない恋 '13」をはじめ、多くのタイアップ曲を収録した上原れなの最新作。ストリングスを従えた壮大なロック・ナンバーから、打ち込みメインの軽やかなポップスまで、その多様なサウンドは、上原れなのEmergence――"羽化"を予感させる。

>>特集ページはこちら

Suara / Fly away -大空へ-

インドネシア語で"声"という意味の名前をもつシンガー、Suaraの最新シングル。タイトル曲の「Fly away -大空へ-」は、アップテンポかつ疾走感溢れるリズムにわくわくさせられる一曲。カップリングの「promise」は、Suaraの真骨頂とも言えるエモーショナルなミドル・バラードだ。この歌声は絶対にハイレゾで体感しよう。

>>特集ページはこちら

LIVE INFOMATION

〈こーじ君の、とある一日!〉
2014年3月23日(日) @目黒 LIVE STATION
開場 / 開演 : 16:30 / 17:00
料金 : 4,000円(前売) / 4,500円(当日) (1ドリンク別)
出演 : the CYCLE / マスターとこーじ君 / eufonius / 新堂敦士
詳細 : http://www.eufonius.net/category/live%EF%BC%86event/

PROFILE

eufonius
音楽の専門学校を卒業後、20歳よりCM音楽、ゲーム音楽の制作に携わってきた作編曲家の菊地創。短大の音楽科を卒業後、鍵盤の講師をしながら音楽活動を続けていたヴォーカリストのriya。そんな二人が、ホームページにアップした楽曲をきっかけにネット上で意気投合し、eufoniusを結成。PCゲーム「CLANNAD」、TVアニメ「true tears」、TVアニメ「ヨスガノソラ」の主題歌を手掛けるなど、主にアニメ / ゲーム音楽のフィールドで活動し、高い評価を得ている。

>>eufonius OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之