ミュージシャン、ドラマー、そしてフォトグラファーとして活動する高西知泰のソロ・ユニット、Flower Triangle。2000年に半野喜弘がA&Rを務めたレーベルcurrentよりデビューを果たし、日本のエレクトロニカ黎明期より活動を続ける彼が、5年振りの新作フル・アルバム『march』をリリース! 本作は、写真家として「風景」「記憶」をキーワードに制作されたもの。 色々な楽器を演奏/録音しては、エディットを繰り返し、ゲスト・アーティストの録音を経てさらにリアレンジを繰り返しながらトラックを制作。 アンビエントを基軸に、ヒップホップやダブ等の要素をアーティスト独自の解釈で表現し、新しい音楽の作品世界を構築しています。写真家が奏でる電子音、生楽器、声が鬱然と織り成す6篇の風景音楽詩。

FLOWER TRIANGLE / march

1. butterfly
2. pulsation
3. season
4. one drop
5. tamayura
6. birds
7. River Or The Moon ★

★まとめ購入された方には、ボーナストラックとして、naph+畠山地平+高西知泰+ellyによる即興バンドAll The Flogs Are Our Week Endの未発表音源「River Or The Moon」をプレゼント!

高西知泰 INTERVIEW

この夏より広島を拠点に活動している電子音楽家、Flower Triangleこと高西知泰が6年ぶりとなるアルバム『march』をリリースした。耳あたり抜群な音の質感であるとともに、大らかな雰囲気が漂うエレクトロニカ作に仕上がっており、このアルバムを聴いているとたまらない心地よさにすっぽりと包まれる。彼は写真家としても活動しているが、だからこそこの柔和な世界観を生み出せるのかもしれない。本作の聴後感は、時間を気にせずに自分の好きな風景写真をパラパラと眺める感覚に近い。

『march』というタイトルから連想できるとおり、このアルバムには孤独、悲しみも込められている。だけど、どちらかと言えば残るのは温かさや希望のように感じられた。そして、現実に立ち向かったり抗ったりする力強さもある。インストゥルメンタルが中心とはいえ、さまざまな思いを落とし込んだ繊細なサウンド。それは彼の性格をそのまま表わしているのだろう。インタビュー時の穏やかな語り口にそんなことを思った。宮内優里、cokiyu、miaouあたりが好きなリスナーはもちろん、多くの人に聴いてほしい一枚だ。

インタビュー&文 : 田山雄士

何年かかってでも、できたときに出せればいいや

——音楽家としての最初のリリースは半野喜弘さんがA&Rを務めたレーベル、currentからの音源になるんですか?

そうですね。2000年に本名名義で出したのが最初です。ほぼ今のエレクトロニカに近くて、そのときは大学生でした。

——以前からエレクトロニカが好きだったんですか?

いや、それまではずっとバンドでドラムを叩いてました。当時はオルタナ系のバンドに加えて、打ち込みが入ったCORNELIUSのようなバンドもやってて、そのCORNELIUSっぽい方のバンドは他のメンバーが打ち込みなどで曲を作って持ってくるスタイルだったんですよ。当時、僕はそういうことがまったくできなかったんですけど、メンバーがやってるのを見てるうちに「面白いな」って。一応、小っちゃい頃にエレクトーンをやってたから、基本的な鍵盤は弾けたんです。それで影響されるままに打ち込み機能付きのローランドのシンセを買ったのがエレクトロニカに入るきっかけですね。

——そこで興味を持って、今の音楽性にシフトしていったんですね。

はい。ちょうどAphex Twinやμ-ziq、Luke Vibertなんかが盛り上がってきてるときに自分もシンセを始めたんです。日本だとCORNELIUSもそうですし、TRANSONIC RECORDS(以下、TRANSONIC)も好きでした。TRANSONICのレーベルのライヴを広島から東京まで観に行ったこともありましたね。

——そのTRANSONICのライヴって、誰が出演してたんですか?

たしかレーベル・コンピのリリース・パーティーで、FANTASTIC EXPLOSIONや岸野雄一さん、常磐響さんといった方々が出演されてましたね。フィッシュマンズ、竹村延和さん、半野さんも同じ時期によく聴いてました。学生だったし、バイトして入ったお金を全部そういう人たちのCDにつぎ込んで(笑)。その頃にどっぷり聴いてた音楽は、今も変わらずに大きな影響を与え続けてくれていますね。

——半野さんと知り合ったのもそのタイミング?

そう! CDに本人の窓口的なメールアドレスが載ってたんですよ(笑)。最初は本当に一ファンみたいにメールを送りました。そしたら、わりと返信をしていただけて、嬉しかったですね。僕、大学のゼミで現代文化論というのを取ってたんですけど、そこで半野さんの『詩人の肖像』っていうアルバムをテーマにプレゼンをしたこともあるくらいのファンでしたから。それで「実は僕も音楽をやってるんです」という話をして、自分の音源が入ったMDを渡したんです。

——その頃にはもう音楽家の道を考えてましたか?

漠然とですが、考えてました。ライヴ・ハウス、クラブを問わず、いろんなイベントに出てましたよ。パンクの人たちといっしょにやってたりもしてた。結局、2つのバンドはメンバーが就職の時期に差しかかったこともあって、終わっちゃいましたけどね。

——今の自由な活動スタイルはそこで培われたのかもしれませんね。

そうかもしれないですね。フィッシュマンズの存在も大きいです。今回のアルバムのタイトルは『march』なんですけど、実は仮の段階では『SEASON』だったんですよ。僕なりにフィッシュマンズの「SEASON」を作ってみようと思ってて。

——そうだったんですね。出来上がったアルバムには「season」という曲が収録されてて、10分弱の大作になってますけど、これが最初に作った曲だったりしますか?

そうです。「season」は6年前に作り始めた曲ですね。時間が経つうちにいろいろ変わって、こういう形に落ち着きました。過去3枚のアルバムはパッと作ってパッと出してきたし、次は時間をかけてみてもいいのかなって。「何年かかってでも、できたときに出せればいいや」みたいな感覚になってきたんですよね。

リズムの乗せ方がズレてても、大きなうねりの中でハマる

——アルバムに大らかな空気を感じるのはそのせいかもしれないですね。前作とまったくテイストが違うじゃないですか。

違いますね。音は変わらずにやわらかいんだけど、以前はテンポが速かったりリズムが攻撃的だったりするものが多かった。

——速いと言える曲って、今回は「pulsation」くらいですよね?

はい。自分の中でほとんど意識はしてなかったんですけど、結婚とか年齢とかが影響してるのかもしれないです。

——年齢を重ねると妙な落ち着きって出てきますよね。子供っぽくありたいところはずっとそのままがいいんですけど。

そうですよねぇ。早く息子と野球がしたいんですよ(笑)。プロ野球とかは観ないんですが、自分でやるのが好きで。

——観るのもいいけど、やるのも楽しいですよね。前作との変化で言うと、歌が収録されてる「birds」が印象的でした。歌を入れたのは初めてですか?

初めてですね。男性の方は大阪でお芝居をやっていた今西(良次)くんという人で、ヴォーカリストではないんですよ。音楽とのセッションで詩を即興で詠むパフォーマンスなんかをされてて。

——ライヴ・ペインティングのようなニュアンスですか?

そう、その詩ヴァージョンみたいな。今回はヒップ・ホップを1曲やってみたかったんですよ。女性ヴォーカルがいて、男性ラッパーがいる構図。あれをやりたかった(笑)。昔からヒップ・ホップのリズムがすごく好きなんですよね。サンプリングのリズムって人力では出せないグルーヴで、ドラマーにとっては心地よかったりするんです。ヒップ・ホップっぽいリズムの曲はこれまでも作ってたんですが、ラップや歌ものはやってなかったし、チャレンジしてみました。

——自分が歌いたい気持ちはなかったんですか?

ないですね、歌はヘタクソなので(笑)。今西くんは昔から知ってたんです。あるとき彼のパフォーマンスを観て、自分の曲で歌ってほしいなって思った。いわゆるヒップ・ホップのラッパーの言葉とは根本から違うのがよくて、リズムの乗せ方がズレてても、大きなうねりの中でハマる面白みがあるんですよね。この曲の女性ヴォーカルの方の江口(智恵)さんも、イベントで対バンしたときに意気投合して、その場で「今度歌ってください」と声をかけました。

——「pulsation」も面白い曲で、ゲーム・ミュージックっぽいですよね? ベースが歌ってる感じが。

あー、ゲーム・ミュージックは好きですね。僕は今のゲームではなくて、ファミコン世代なんです。8ビットの音が好き。ちなみに、あのベースっぽい音はギターで弾いてるんですよ。エフェクトは特に噛まさずにコンプかけるくらいで、低い位置で単音弾きしてます。

——2005年にリリースされたアルバム『miniascape』の中の「clockwork egg」もそういうサウンドでしたもんね。

まさに(笑)。僕、今でもヤマハのFM音源がメインなんですよ。80年代に出た有名なYAMAHA DX7というシンセがあって、ファミコンとか当時のゲーム機の音ってその技術で出てたんです。それが好きだから、今のシンセはどうしても苦手。学生時代に中古で買ったその廉価版のラック型のやつをいまだに使ってますね。電子音はすべて手弾きです。

——生音がかなり多いエレクトロニカですよね?

ギターもベースもサンプリング素材程度には自分で弾いてますしね。ドラムはスタジオに行って、マイク立てて録音してます。ピアニカはライヴでもメインで使うようになってきてるし、コルネットっていうトランペットみたいな管楽器も僕が演奏してます。

——多才ですね。生音がちりばめられてるおかげかもしれないですが、アルバムからは希望や温かい眼差しを感じました。高西さんがめざした青写真はどういったものだったんですか?

僕は写真をやってるので、最初の段階では写真と音が合わさったようなものをイメージしてました。あとはさっき言ったフィッシュマンズの「SEASON」っていう曲の影響ですね。それに加え、季節がめぐる感じを出したかったというか。そのくらいです。あまり深く考え込まずに作ってました。

力強さも意識的に込めてる

——なるほど。アルバムのタイトルは震災と関係してますか?

してます。実は2011年の3月11日までにはほぼアルバムが完成してたんですが、1曲目の「butterfly」のヴォーカル録りだけがまだだったんですよ。「butterfly」は天野奏さんという女性に歌ってもらってて、徐々にイメージも固まってきてたんですけど、震災後に彼女から「これまでのはナシにして、今歌いたいものがあります」と連絡が来まして。新たに詞と歌を送り直してくれたんです。

——じゃあ、ガラッと違う内容になったと。

変わりましたね。震災を受けて、すごくシンプルで力強い言葉に。

——タイトルも震災後に変わったということですか?

そうですね。「birds」の歌詞はだいぶ早くに出来上がってたんですが、3.11のあとにあらためて聴き返してみると壮絶で、聴いてたら涙が出てきちゃって。だから、それまでは『SEASON』という仮タイトルが付いてたんですけど、ちゃんと考え直そうって思ったんです。『march』には「3月」以外にもいろんな意味を持たせてるんですよ。「行進」とか「国境」とか、「march of time」だと「時の流れ」という意味になったり、あと、イギリスの古い慣用句で「3月のウサギのように気が狂っている(Mad as a March hare.)」というのがあって、『不思議の国のアリス』の「三月ウサギ」ってキャラクターの由来らしいんですけど、そのテイストも含めてたりします。

——タイトルもサウンドも、今に合ってると思います。こんなにやさしい音のエレクトロニカ作もひさしぶりに聴きました。

ありがとうございます。でも、そういうやさしさの反面、「march」って実はマッチョな語源があるらしいんですよ。「国境」って争いごとがあって決まるわけじゃないですか。「行進」も戦いに行くということ。つまり「デモをする」の意味もあるんです。

——深い意味が込められてて、いいですね。

音の耳あたりはすごく穏やかでやさしいんですけど、僕の中では狂気だとかそういった力強さも意識的に込めてるんです。

——音楽もそうですし、高西さんの撮る写真にも強い意志や温かい目線を感じます。最後に写真の話もお聞きしたいんですが、写真家として活動するようになったのは、音楽よりもあとですよね?

あとからですね。23歳のときです。それ以前は写真を撮るのも撮られるのも見るのも、まったく関心がなかったんですよ。そんな中、本屋でバイトをしてたときに、森山大道さんのエッセイがたまたま目に入ったんです。で、パラパラと読んでみたらすごくよくて、その場で買ったっていう(笑)。最初は森山さんの写真よりも文章が面白かったんですよね。もともと写真には興味がなかったので、文章からでした。森山さんの文章を踏まえて彼の写真を眺めるにつれて、いつの間にか「写真っていいな」と思えるようになってましたね。

——それで自分で撮るようにもなったと。

そうなんです。森山さんがコンパクト・カメラ、モノクロ・フィルムを使って街を撮るというスタイルだったから、僕なんかでも入りやすかった。きっかけが森山さんという人はけっこう多いらしいですよ。僕の写真家としての活動っていうと、最初の方は仲間内でグループ展とかをやってて、初めて個展をやったのはカフェ・バーみたいなところでした。そういうことをやってるうちに自分の写真を「いいね」って言ってくれる人が増えてきて、2005年にはポストカード・ブックを提案してもらえたんです。初めての公式作品がその8cmCD付きの『トレモロ』ですね。ちょうど同じ頃に、MiO写真奨励賞っていう写真公募展でグランプリをいただけたのも大きかったです。

——音楽と並行して、写真もどんどん本格的な活動になっていったんですね。

音楽と写真、どっちも本気でやってるんですよ。僕としては写真の方でも、音楽と同じように純粋な評価をしてもらえたら嬉しいですね。

RECOMMEND

MimiCof / RundSkipper

midori hiranoによる新ソロ・プロジェクトMimiCofの、待望の1stフル・アルバム。flauでの作品やJan Jelinekとの活動で知られるEl Fog藤田正嘉がヴィブラフォンで参加、また、Carsten Nicolai(Alva Noto)と共にraster-notonの創設者で電子音響のパイオニアFrank Bretschneider(aka KOMET)、今や時のクリエーターSerph、大注目のネット・レーベル分解系レコーズを主催するGo-qualia、最新作『an4rm』が非常に高い評価を受けているFugenn & The White Elephantsの4組がリミキサーとして参加。

bajune tobeta&evala / white sonorant

bajune tobetaのピアノ演奏をevalaが解体/再構築したコラボレーション・アルバム。ピアノそのものから導きだされた特殊残響によるドローンやパルス、 evala自身の声までもが革新的コンピュータ・プロセッシングによって歌われる、静的かつ叙情的な新しい音楽を生みだした!

swimmingpoo1 / how to enjoy swimming

環境音やアコースティック・ギターの心地良い音色を中心に、ROMZ周辺、エイフェックス・ツインから影響を受けたズキバキ・ビートが優しく融合。ゲスト・ボーカルに、Gutherの日本ツアーで前座を務めたmurmur(マーマー)、07年日本のエレクトロニカでNo.1セールスを記録したmatryoshka(マトリョーシカ)も参加し、ゆらゆら揺れる水に包まれるようなファンタジックなフォークトロニカが誕生。

PROFILE

Flower Triangle フラワートライアングル
(aka TAKANISHI Tomoyasu 写真家 高西知泰)

ミュージシャン / フォトグラファー

1978年愛知県生まれ。広島、大阪、東京と居住を移し、現在、広島在住。幼少の頃よりエレクトーンで音楽の基礎を学び、14歳でドラムを始める。1998年より広島で本格的に音楽活動を開始、ドラマーとしての活動を続けながら電子音楽の作品制作も始め、2000年、半野喜弘(Ragiq)に見出されソロの音楽作品でcurrentよりアルバム・デビュー。2001年から2007年まで大阪で活動する。この間、currentより2ndアルバムリリース後、FLOWER TRIANGLE名義でnovel soundsよりアルバムをリリース。クラブ、ライヴ・ハウス、ギャラリーやカフェでのライヴ、映像作品や短編映画への楽曲提供/制作や、展覧会での音楽作品の発表など、精力的に活動を続ける。 2007年より東京在住。ドラマーとしてもバンドAll The Frogs Are Our Weekendで活動し、2010年6月kiti labelより1stアルバム『flop』リリース。同年8月、ライヴ・アルバム『frogs in the soup』をiTunes 限定リリース。2003年以降、写真家としても活動しグループ展、個展、イベント等で写真作品を発表。 2005年CD付きポストカード・ブック「トレモロ」発表。 2006年MiO写真奨励賞グランプリ受賞。 2007年アムステルダム写真美術館とKLMオランダ航空主催によるPaul Huf Awardにノミネートされる。 最新作は、音楽とのインスタレーション写真展「has gone」(2011@ルーニィ247フォトグラフィー)。2011年 SNAP-SHOTシリーズにより、Photoカードが25点、販売開始となる。

Official Web

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事